« 午後半休取って…。 | トップページ | かぐらBCツアーその2 »

2006年3月28日 (火)

かぐらBCツアーその1

スノーシューを買ったからには…。

という訳で、翌土曜日(3/25)は早速いつもの雪山仲間と3人で出撃しました。行先は、かぐらスキー場の奥にある神楽ヶ峰。天候さえ良ければ、バックカントリー初心者でも問題無いコースです。なお、コースについては以下のサイトを参考にしました。

オフピステネット【神楽ヶ峰・田代尾根コース】

上記サイトでは第一高速リフト降り場から尾根を登ると書いてありますが、BC初心者なうちらは第五ロマンスリフトを利用して標高1840m地点まで上がりました。天候はドピーカンで無風。3/15(水)もドピーカンでしたが、あの日は風が結構強かったし…。普通に滑りに来ても、これ程のグッドコンディションには滅多に当たらない。運が良すぎ!!!

SANY0003

第五リフト降り場には10時15分頃到着。そこで装備を整え、10時45分に神楽ヶ峰の稜線を目指して出発しました。標高差は約140m、傾斜もそれ程でも無いのですが、重いスキー板を背負って登るのは結構きつかったです。途中、3~4回ぐらい立ち止まって休憩しました(^_^;) 天気が良すぎるので、登ってる間はTシャツ姿でも汗だくでした。

SANY0008

SANY0016SANY0012

 

 

 

標高2000mの稜線には、11時25分に到着。ここでも小休止です。視界が良くて景色が素晴らしかった。西は妙高や白馬、東は武尊山?の方まで良く見えました! 休憩してると、うちら以外のパーティーも続々上がって来ました。ただ、殆どはうちらが行く田代尾根とは逆方向の中尾根方面に向かった様です。

休憩後は、稜線上を神楽ヶ峰のピークを目指して歩きます。ピークの手前以外は殆どなだらかなので、先程までと較べたら全然楽な行程でした。途中、田代尾根にドロップする地点に板や荷物を下ろして身軽になり、またピークを目指して歩きます。そして、ピークには12時05分頃到着しました!\(^O^)/

SANY0019

SANY0030

SANY0026

 

 

 

狭いピークには先着してお昼を食べてる8人くらいのパーティが既に居たので、うちらは暫く景色を楽しんだ後、荷物を下ろした地点まで戻ってから昼食を取りました。

|

« 午後半休取って…。 | トップページ | かぐらBCツアーその2 »

スポーツ(スキー)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: かぐらBCツアーその1:

« 午後半休取って…。 | トップページ | かぐらBCツアーその2 »