« かぐら 霧ノ塔 - 雁ヶ峰 BCツアーその1 | トップページ | F1サンマリノGP »

2006年4月18日 (火)

かぐら 霧ノ塔 - 雁ヶ峰 BCツアーその2

さてさて、4/15(土)のかぐらBCツアー報告の続きです。

昼下がりの2010mピークですが、風がマジで強かった。日が当たってても寒いっ!(>_<) なので、少しだけ生えてる木の陰で昼飯を取りました。次に進む霧ノ塔(下の写真)は木が生えてなく吹きさらしなのでうちらはここを昼飯場所として選んだのですが、先行していた30人位の大集団(みつまた観光協会主催のツアー)は霧ノ塔で昼飯休憩をしてました。寒かっただろうに…。
Sany0040

 

 

30分程の昼飯休憩後は、その霧ノ塔を目指します。霧ノ塔までは若干下った後に登りがありますが、霧ノ塔以後は基本的に滑りなので、ここで再びスキーの板を履きます。霧ノ塔の下まで滑った後、最後の坂をツボ足で登り、13時30分に霧ノ塔に到着。広々としてるし視界も開けてるしで、風さえなければ休憩にはうってつけの場所でした(^_^;) 苗場山(下の写真左)や津南町方面(同右;奥のピークは日陰山と黒倉山?)も良く見えました。Sany0046 Sany0055

 

 

霧ノ塔ではボーダ2人がスノーシューからボードに履き替え、13:40頃、雁ヶ峰を目指して滑走開始です。とはいうものの、今回のコースはトラバース気味に小ピークを回り込んだり、尾根を乗り換えるために登り返したりと、前回の田代尾根よりは下りも大変です(^_^;) ルートも分かり辛いので、何度も止まっては位置確認を繰返してたので、距離は長くてもあまり滑走感は味わえませんでした。まっ、初めて来たコースだから仕方ないですね。ちなみに雪もさすがにベシャベシャでした。そんなこんなで雁ヶ峰の下にたどり着き、最後はツボ足で登り(大した斜面じゃないけど精神的に疲れた)、14時25分に雁ヶ峰に到着しました。Sany0059_1 Sany0058_1

 

 

同行者2人はここでビールで乾杯するつもりだったのですが、ここでも風が強く寒いので断念。この先のルート確認をした後、早々に退散しました。この先は かぐらのゴンドラコースを目指して降りるだけなのですが、途中で左へ右へと迂回しながら降りて行きます。迂回するときはトラバース気味に斜面を回り込むことになるのですが、ボーダ2人は大変そうでした。こういう時はスキーの方が楽です(^_^;) トラバースをしたり林間を下ったりを繰返し、15時丁度にゴンドラコースに合流しました\(^o^)/ ゴンドラコースはさっさと降りて みつまたへの連絡リフトに乗り、みつまたゲレンデについたところで同行者は乾杯してました(自分はゲコ&帰りのドライバーなので飲めません)。

暫く休憩しながら滑ってきた尾根を眺めましたが、結構距離がありましたね~。感無量でした。今回は雪質的に滑りはイマイチだったので、来シーズンもう一度同じコースをチャレンジしたいですね。Sany0071 Kagra060415_log_1

|

« かぐら 霧ノ塔 - 雁ヶ峰 BCツアーその1 | トップページ | F1サンマリノGP »

スポーツ(スキー)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: かぐら 霧ノ塔 - 雁ヶ峰 BCツアーその2:

« かぐら 霧ノ塔 - 雁ヶ峰 BCツアーその1 | トップページ | F1サンマリノGP »