« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月

2007年2月 7日 (水)

かぐら中尾根(2回目)

前記事で「事情により2月は雪山へ全く行けません」なんて書いたくせに、2/05(月)に有休取って出撃してしまいした(^_^;) というか、

・2/05(月)は客先の都合で仕事が殆ど無かった。
・前日の2/04(日)は新潟県の天気予報が「暴風雪」だった。
・暴風雪なら かぐらゴンドラ運休→新雪は翌日まで残るはず!

の3つの理由から、「ヒトリストでも良いから、またかぐらに行くしかない!」と思った訳です。だがしかし…。

さて、当日は5:45に自宅を出発。途中コンビニに寄った後、6時直前に三芳PAのETCゲートをギリギリで通過(ETC早朝夜間割確定~)。平日なので関越の渋滞は当然無く、8時前には みつまた駐車場に到着しました。8:30のロープウェイで みつまたゲレンデに上がり、更にリフトとゴンドラを乗り継いで9時に かぐらゲレンデに着きました。Sany0176_1

早速第1高速リフトに乗り、状況を確認。リフトから見る限り、既に新雪は殆ど残ってないように見えました…。前日は14時からゴンドラの運転が再開したらしいので、それ以降にゲレンデ周辺の新雪は喰われてしまったのでしょう。見事に当てが外れましたorz 試しに未圧雪のテクニカルコースを1本滑ってみましたが、喰われてないとこもクラスト(モナカ雪)になりかけ。そのおかげで板のトップを引っ掛け、大ゴケしました(><) かぐらメインゲレンデもアイスバーンになりかけで固めだし、ゲレンデ内を滑っても大して面白くありません。じゃ、また中尾根まで登ろうかと思っても、9時半過ぎても誰も登り始めません。第1高速の降り場前にはザックが10個位は置いてあったので、誰かが登り始めるまでは こちらもゲレンデを滑りながら様子見です(^_^;)Sany0190_1Sany0183_1 Sany0185

 

10時過ぎ、山スキーのおじさんが単独で登り始めたのを確認。様子見をしてた人々も続々準備を始めたので、自分もスノーシューに履き替えます。10:20に登山開始。先行者のトラックをなぞり、11:00に第5リフト降り場に到着しました。Sany0194 Sany0196 Sany0202

10分休憩後、再出発。1900m付近途中までは前回と同じルートで登りましたが、今回は中尾根側へトラバースせず、登山道沿いに神楽ヶ峰の稜線を目指します。同じルートで先行するのは、山スキーのおじさん一人のみ。その人と同じルートを通っても、スノーシューで1歩踏み込むと10cm位は沈みこみます。ドピーカン&無風&気温高めのコンディションなので、大汗かきつつ、ひぃひぃ言いながら登ります。稜線まであと少しというところで休憩してたら、スノーシュー履いたスキーヤーのおじさん?(見た目30台後半)に追いつかれました。ちょっと雑談したところ、十日町在住だけど かぐらのBCは初挑戦なので、コースがよく分からないとのこと。行き先は同じ中尾根だったのと、その方のスノーシューが小さめでトラックが無いところは辛そうだったので、ここからは自分先導で同道することにしました。Sany0211Sany0209Sany0214 

 

Sany0216_112時過ぎ、神楽ヶ峰の稜線(標高2000m)に到着。ここで一旦スキー板に履き替え、1984mピークの下に向かって滑りこみます。ピーク下からは再びスノーシューで登り返し、12:40に1984mピークに到着しましたっ! ラッセルした分、今回はかなり疲れました(^_^;)

ここで十日町のおじさん?と一緒に昼食休憩。暇つぶしに色々聞いてみたら、この方は実は45歳!(見えね~) で、学生の頃は東洋大スキー部に所属してた元レーサーだったとのこと。朝霞キャンパスにも顔を出されてたとのことで、暫し地元ネタで盛り上がりました。

Sany0139 昼食後、13時過ぎにスキーに履き替えます。若干変なプレッシャーを感じつつ(^_^;)も元レーサーさんを先導し、トラバースしながら前回滑らなかった中尾根に取り付きます。途中ほんの少しだけ登りがあり、つぼ足で歩いた跡もあったので、ボーダにはちょっと面倒なとこかもしれません。

Sany0226 中尾根に取り付いた後は、いよいよ滑走開始です。目の前に木立の無い大斜面が広がってますが、気温が上がり過ぎたのか残念ながら雪が重い…。ターンしても雪煙が舞うような状況ではありません。非常に残念(T_T) 気を取り直し、トラックが殆どついてない斜面をロングターンで一気に滑り下ります。またもやトップを引っ掛けて大ゴケしたものの、あっという間に第5リフト乗り場付近まで降りました。元レーサーさんも大喜び! かぐらのBCコースの中で一番人気なのがよ~く分かりました。あぁ、これで雪質さえ前回並みだったら…。

ここから先は、前回同様に迂回コースの下(リンク先写真の右側の林)を藪漕ぎしながらゲレンデを目指します。13:20頃、無事ゴンドラ降り場前に到着。元レーサーさんと、ここでお別れしました(^_^)/~Kagura_map_02_1

和田小屋で少し休憩した後、下山開始。途中みつまたゲレンデで3本流した後、15時に駐車場へ帰還。15:30に出発し、17号~渋川IC~寄居PA(40分休憩)~東松山IC~254号の下道主体のルート(高速代節約のため)で19時過ぎに帰宅しました。運転疲れた(ーー;)

2/17から嫁と一緒に海外逃亡(^_^;)が控えてるため、2月は今回で本当に滑り収めです。帰ってきたらあと2~3回は滑りに行きたいと思っているのですが、果たして3月までまともな雪は残っているのでしょうか…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »