« ルネ・男子ダブルストーナメント | トップページ | 新座市春季シングルス(上級) »

2007年3月27日 (火)

かぐら中尾根(3回目)

3/24(土)、約1ヶ月半振りに出撃してきました。今回も、行先は かぐら・みつまた。ハイクする気満々だったので、同行者はいつも通り め軍曹&Bのお2人。

当日は南風吹き込みで気温上昇&夕方から雨という最悪な天気予報が出てたので、中尾根までさっさと登って、さっさと帰ってくる行程にしました。

これまたいつもの通り、志木の め軍曹ご自宅を5時半出発し、8時に みつまた駐車場に到着。装備を整えた後、8時半から かぐらゲレンデへ移動を開始。9時半には かぐら第5リフト降り場に到着しました。第5リフトが動いていたので、中尾根までの所要時間は約40分短くなります。

Sany1054

天気は曇り、気温は高いものの(3~4℃位)風が若干あるので体感気温は低めでした。中尾根まで登っても良い雪が無いのは明らかなので、ハイクの準備をしている人々も少な目。でも、かぐらで登るのは今シーズンラストとなりそうなので、それでもうちら3人は中尾根目指して登ります。登山ルート上の雪はウィンドクラストの融けかけ(表面は若干バリバリ&中はモサモサ)といった感じなので比較的歩きやすいのですが、どう見ても滑り心地は良さそうではありません。あ~あぁ…。

Sany1057 Sany1059 Sany1062 Sany1061 Sany1060 Sany1064

稜線の向こう側(北西方向)を見ると暗くどんよりとした雨雲。万が一の雨が怖いので今回は寄り道をせず、1/28と同じルートでまっすぐ1984mピークを目指しました。第5リフト降り場出発から約40分後の10:20頃、1984mピークに到着。いつもは休憩している人が多いピークですが、この日は誰もいません。日も差してないし、風も若干吹いてて休憩する気もしないので、うちらも先を急ぎます。ボーダーの め軍曹とBは、中尾根の稜線までスノーシューでのハイクを続行。自分のみスキーに履き替え後、2人を追いかけます。Sany1067Sany1068Sany1070

Sany1075

約10分後、中尾根の稜線に到着。ここからは前回(2/04)とほぼ同じルートで中尾根を滑り、第五リフト乗り場を目指します。雪はもうどうしようもない位にモサモサ。足を取られて転ばない様に気をつけながら、ただただ第5リフト乗り場を目指しました。今回は、3人で中尾根周辺の地形を覚えに来たようなもんですね~。10分ぐらいであっさりと第5リフト乗り場に到着。

この時点で10:40ぐらい。雨もまだ大丈夫そうだったので、もう1回第5リフトで上に上がり、今度は第5リフト降り場の北側から沢に下りて1/28に滑ったルートに合流し、かぐらゴンドラ降り場を目指しました。1/28は迂回コースへ合流できず藪コギする羽目になりましたが、今回はルートも分かっているし埋まるような雪質でも無かったので、3人とも難なく迂回コースに合流(Bは若干怪しかったかな(^_^;)。無事、かぐらゴンドラ降り場付近に到着しました。

Sany1093

その後は ゴンドラ降り場前にあるウッドデッキで、寒さに震えながら昼食。昼食後はパノラマコースとその隣の林を数本回して滑りは終了。和田小屋でコーヒーを飲んでからさっさと撤収しました。

これで今シーズンのゲレンデスキーは終了でしょう。滑走日数たったの9日。短いシーズンでした…。

エルニーニョのバカやろー!!!ヽ(`Д´)ノ

GW前まで雪が残っていたら尾瀬の至仏山に行くかもしれませんが、可能性は低そうです。

来シーズンはまともに滑れたらいいなぁ…。

|

« ルネ・男子ダブルストーナメント | トップページ | 新座市春季シングルス(上級) »

スポーツ(スキー)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: かぐら中尾根(3回目):

« ルネ・男子ダブルストーナメント | トップページ | 新座市春季シングルス(上級) »