« F1トヨタグランプリ観戦記(その1) | トップページ | F1トヨタグランプリ観戦記(その3) »

2007年10月 4日 (木)

F1トヨタグランプリ観戦記(その2)

2日目の9/29(土)。前日夜の予報通り、朝から雨…。

7時に起床し、スーパーで買い込んだ物で朝食を済ませ、渋滞が怖いので8時過ぎに宿を出発しました。(宿の朝食は8時からだったので、断念)

・08:10…山中湖の宿を出発
・08:50…東富士五湖道路経由で北富士到着。駐車場は4割程度の利用。
・09:00…北富士駐車場出発。満席なれど、待ち時間0。バス多し。
・10:00…昨日よりは若干時間かかりつつも、FSW到着。

土曜の朝も、交通に関しては特に問題なかったです。現地の天気ですが、下の写真の通りでした…。FSWでも、気温は最高で15℃くらい。前日朝の北富士駐車場並みの寒さです(ーー;) レインスーツを含め、持ってきた服を1枚以外全て着込みましたが、それでも座っていると若干寒い。下はジーンズとレインスーツの2枚しか穿かなかったのが失敗でした。Sany0091 Sany0093

 

 

 

 

てゆうか、1コーナー方面、見えないってば…。Sany0092

 

 

 

 

 

 

 

11時からのフリー走行3回目が始まる前に、メインスタンド1階(S席の下)に雨宿り場所を確保。この時点では大して観客も多く無かったので、折り畳みイス2つ分のスペースは難なく確保出来ました。今春のチケット抽選販売前、顎ヲタ子が雨天を想定して「1コーナーではなく、屋根があるメインスタンドがいい!」と強く主張したのですが、結果的にかなり良い判断だったようです。特に1コーナーの席を避けたのは、雨だけではなく別のトラブルも回避することが出来ましたました…。

なお、サーキット内にはメインスタンド以外に屋根の有るスペースは事実上有りません(VIP用のパドック除く)。そのメインスタンドも、2階のS席以外は観客席に屋根は有りません。そのことも今回のF1開催に対する観客の怒りを増幅している訳ですが…。この時点ではメインスタンドにはA2A1の各指定席券を持っている人しか入れないため、メインスタンド裏(一般通路側)のわずかな軒先スペースには、他の席の方々が密集して雨宿りされてました。その1で書いた通り、FSWはこの日の様な天候が十分予想される場所です。が、最大14万もの人が来るのを見越していたくせに、それら観客の雨宿り場所が全く用意されてない訳です。素晴しいわ、FSW。まぁ、うちは知ってたからそれなりの対処が出来たけど。

11時になりました。フリー3回目開始時刻ですが、相変わらずの濃霧。F1の場合、重大事故発生時にドクターヘリでの負傷者搬送を前提にしているため、ヘリが飛べない状況ではセッションが開始出来ません。濃霧でヘリが飛べないため、最初は15分、そして更に追加で15分、セッション開始が延期に。そして11:30、大して状況が変わってないにも関わらず、フリー3回目のセッションが開始。キミ・ライコネン以外の21台が一斉にコースに出ましたが、直後の11:34には赤旗提示。そのままフリー3回目は中止となりました…。ドライバー達は初のサーキットでウェットコンディションを殆ど走ることなく、ぶっつけ本番で予選に望むことになりました。下写真は、フリー走行中止後の霧の状態。Sany0096 Sany0097

 

 

 

観客のうちらは、予選開始の14時までは待機です。サーキット内の散歩は前日済ませたので、この日はフリー開始前に確保した「難民キャンプ」に戻って雨宿り。持ち込んだ昼飯を食べたり、2ちゃんで情報収集をしながら時間を潰しました。その頃から「シャトルバスルートで道路が崩れた」「がけ崩れ発生でバスが動かない」とう情報が2ちゃんにちらほら書き込まれてましたが、特に案内放送も無いので面白半分のガセネタかと思ってました…。

そうこうするうちに14時前になりました。相変わらずの霧です。場内放送で「ヘリが飛べない場合は、最大15時半まで様子を見た後、それでも駄目なら明日日曜の午前中に予選をやる」というアナウンスが流れました。「今日の予選は中止かな~」というムードになりつつある中、14時丁度に予選セッション開始! メインストレートは水しぶきが凄くて、走ってる車も良く分かりません…。たまたま席の目の前にサーキットビジョン(大型スクリーン)があるという幸運にも恵まれたので、スクリーンで映像を見つつ、カンガルーTVで各車のセクタータイムをチェック。ひいきのスーパーアグリの2台は、残念ながらQ1で脱落。続くQ2、Q3は、もう惰性で見てました(スタンドも盛り上がらないし)。Q3の最後の最後にハミルトンがタイムを更新し、ポール獲得。Q1での左近・ラルフの接触以外はトラブルも無く、予選セッションが無事終了しました。

予選終了後は、上位3人のインタビューも見ずに、この日も西ゲートバス乗り場へダッシュしました。既に前日の倍、バス5~6台分の人が既に並んでました。道路崩落?の情報を気にしながら(場内では道路崩落についてのアナウンスは一切無し)15分ほど待ったところ、北富士駐車場行のバスが10台位まとめて到着。うちらもすんなりバスに乗れました。東ゲートでは既にバス難民が発生していたようでしたが、その影響を受けることなく15:30にはFSWを出発し、16:30には北富士駐車場に到着。宿に行く前に鳴沢の道の駅とスーパーで買い物をし、山中湖にご両親が隠居している だっふんだに教えて貰った店で暖かい ほうとうを食べ、19時過ぎに宿に戻りました。

同宿の方は他に2組居たのですが、宿の管理人さんが言うには 2組とも19時時点ではFSWを脱出出来て居ない とのこと…。片方は東ゲート発の東富士駐車場、もう一方も東ゲート発のバイク駐車場利用者だったため、日も暮れ雨の降る極寒の状況下、3時間以上バス待ちをさせられた そうです。

結局、バイク駐車場組は 20時過ぎ、東富士駐車場組は 21時過ぎ まで脱出出来なかったようです。ちなみに、宿から一番近い山中湖駐車場行については、2ちゃん等の情報によると最後の客の脱出に22時半までかかったとのこと。抽選販売時は当然山中湖駐車場を希望したのですが、結果的には外れて良かった…。

昼間の時点では事実がどうか分からなかった道路崩落の件は、結局事実でした(リンク先のブログ参照)。しかも、サーキット内のシャトルバス用通路(東ゲートアクセス路)での発生です。なんじゃそりゃ…。その影響で、東ゲート発着のシャトルバスでは、予選開始までにサーキットに入れなかった人、帰りも3~5時間以上待たされた人が多数発生した模様です。産経新聞の記事では「午後3時半ごろ発生」だなんて書いてありますが、昼頃には道路崩壊の情報が2ちゃんで流れてた訳ですから、それも大嘘です。場内アナウンスもせず、夜22時の時点での報道でも嘘を流す。そんな企業が運営している F1グランプリ、そりゃ色々と問題は起こりますよ。ちなみに問題の崩落箇所、崩落しなくても片側交互通行の箇所だったそうなので、どちらにしろ東ゲート発着のシャトルバスの輸送は破綻していたでしょう。

なお、道路崩落が関係ない西ゲート発着のシャトルバスでも、翌日は混乱が発生しました。それは「その3」でたぶん書きます。

|

« F1トヨタグランプリ観戦記(その1) | トップページ | F1トヨタグランプリ観戦記(その3) »

スポーツ(F1観戦)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: F1トヨタグランプリ観戦記(その2):

« F1トヨタグランプリ観戦記(その1) | トップページ | F1トヨタグランプリ観戦記(その3) »