« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

2007年10月14日 (日)

新座市秋季ダブルス(中級)

三芳町の代わりに出場した 新座市民総合体育大会 硬式テニスの部(男子ダブルス中級)の結果です。

1R: 6-0(おじさんペア)
2R: DEF
3R: 6-4(おじさんペア)
4R: 6-1(中学生ペア)
決勝: 4-6

ちなみに、相方は某パワー半導体製造機器メーカ社員、かつ、スクールが同じサトケンさん。初めてダブルスを組んだ上にブッツケ本番で臨みましたが、意外と順調な試合運びでしたね。準決勝の中学生ペア、めちゃくちゃ球が速くてヤバい相手でしたが、ダブルスの試合運びもメチャクチャだったので、「老獪さ」で勝てました(^_^;)

が、決勝は残念ながら某パワー半導体製造機器メーカのテニス部長に負けました…。春のシングルスの雪辱は晴らせず(ーー;)

--------

またセミネタ。新座駅の近所の雑木林で、ミンミンゼミがまだ鳴いてました!!! さすがに弱々しい泣き声ではありましたが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 9日 (火)

ふじみ野市秋季シングルスA(上級・予選)

雨天で10/07(日)に順延になり、結局出場出来た ふじみ野市秋季シングルスA(上級・予選)の結果です。

  • 1R: DEF
  • 2R: 4-6

2R、4-3まではリードしてたのですが、勝ちを意識してガチガチになり、それからは何をやっても駄目モードに入りました(><) F1の決勝当日に雨が降ったお陰で、折角出場出来たのに。勿体ないことしました…。

ああぁ、メンタルが駄目駄目です。だっふんだ並の精神力が欲しい…。3年前の負けまくり状態に戻ってしまった感があります。

次の試合は、10/14(日)の 新座市ダブルスB(中級)です。本当は同日開催の 三芳町ダブルスAに出る予定でしたが、相方の くりちんがアメリカ出張に行くため断念。他の方に誘われたので、新座市の試合に出ることにしました。中級の試合なので、気負わずに出ることにします。

--------

どーでも良いですが、試合会場の隣にある上福岡運動公園では、10月に入って一週間経ったというのにツクツクボウシが鳴いてました。今年のセミ、おかしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 5日 (金)

F1トヨタグランプリ観戦記(その3)

3日目の9/30(日)。前日同様の雨…。

この日も7時に起床しました。12時からのドライバーズパレードに間に合えば良いと思っていたので、8時半に出発しました。

・08:30…山中湖の宿を出発
・09:10…東富士五湖道路経由で北富士到着。駐車場は9割程度の利用。
・09:30…北富士駐車場出発。前日同様、満席ながら待ち0分。
・11:00…直前で渋滞にはまりつつ、FSW西ゲート到着。

サーキット手前で30分位バスが殆ど動かない渋滞にハマりましたが、間に合いました。さすがに決勝日だけあり、前日以上の入場者。西ゲートからメインスタンドに向かう途中、金曜日にドライバーの入り待ちをした交差点ではVIP車両を優先して通していたため、流れが滞ってました。誘導していた警備員に対する怒号もちらほら…。

天気も気温も前日同様のため、メインスタンドの軒下は既に雨宿りの人で溢れてます。うちらもメインスタンドのA2席専用エリアに入ってから、何とか雨宿りスペースを確保。12時のパレードまで30分ほど時間を潰します。

12時、強い雨のなかパレードが始まりました。アロンソが傘もささずに観客にずっと手を振ってました。偉い! ドライバーズパレード終了後は「航空自衛隊ブルーインパルス展示飛行」があるはずでしたが、悪天候のため当然中止。グリッドガールがコースに立ち、陸上自衛隊中央音楽隊の演奏も始まりましたが、見ててもしょうが無いので、一旦屋根下に撤収。

12時50分頃、ピットからメカニックが出てきてグリッドに着きます。13時丁度、コースオープン。ピットからマシンが出てきます。通常はピットから出た車はコース1周後すぐにグリッドに着きますが、この日は1周してもピットロード経由で更に1周し、レインセッティングを確認する車が殆どでした。 下写真の左はコースオープン直後の様子。右は自席目の前の16番グリッド。Sany0100Sany0103

 

ちょっと顔を右に向ければバリチェロの居た17グリッド。 スクリーンもその辺にあるので、良く見えました。Sany0118Sany0104

 

 

 

妙に場内が盛り上がらないまま、国家斉唱も終わり13時半のスタートを待ちます。ちなみにメインスタンドは9割ちょっと位の入り。空席もちらほらあります。雨が強いままなので、セーフティーカー(SC)先導でのローリングスタートとのアナウンスが入り、かなりガッカリ。折角スターティンググリッド目の前の席なのに、通常のスタートシーンが見れないとは…。

13時半、SC先導でのレーススタート。本当にレースが始まるのか、いつぞやのFポン見たいにSC先導でスタート→赤旗提示でレース中止なんて事態にならないかヤキモキしながら、水煙の中を走るSC先導の隊列を眺め、待ってました(SCはめちゃくちゃ速かった!)。19周目にようやくSCかピットに戻り、レース開始。レース中は数々のバトル&アクシデントがありましたが、メインストレートでは特に見所無し。期待のタクマもレース開始直後の接触で早々にラップ遅れになってしまい、いまいち自分が熱くなれるレース展開でも無く、目の前のスクリーンと水煙の中を疾走するマシンを淡々と眺めてるだけでレースが終わってしまいました。1コーナー、コカコーラ、100R、ヘアピン、シケイン、最終コーナーと各コーナーでバトルやアクシデントがあったので、それらのコーナーでの観戦かTV観戦なら相当面白いレースだったと思うんですが、なんか消化不良です。下手糞な場内アナウンサーの実況にもうんざり(ーー;)

15時半過ぎにレース終了。かなり遠いですが、表彰式も辛うじて自席から見れました。前日までは終了直後にダッシュで帰りましたが、この日は逆にメインスタンドで時間を潰してから帰ることにしました。レース開始のSCラン中に既に席を立った人も居たので、レース終了直後でもバス待ちの列は相当伸びていたようです。なお、レース終了後に天候は若干回復しました(おせーよ)。Sany0138 Sany0140

 

 

 

 

場内アナウンスでは前日のシャトルバス混乱のお詫びと時差帰宅のお願いをずっと流してましたが、レース後は特に楽しめるイベントが無いんですよね…(実はブリヂストンブースでは17時から浜島さんのトークショーがやってたらしいですが、見逃した><)。進行がぐだぐだでつまらないチャリティーオークションや撤収作業中の各チームのピットを眺め、19時までメインスタンドで時間潰しをしました。下写真は撤収作業中のSAF1のピットと、車検待ちのタクマのマシン。Sany0148Sany0160

 

 

 

 

日も暮れて19時になり、顎ヲタ子が「いい加減寒くなってきたから帰りたい!」と言い出したので、西ゲートへ移動することに。場内放送では「シャトルバス乗り場は大変混雑しています。シャトルバスの運行に全力をつくしておりますので…」なんて放送しか流れてないので、自分らの乗る北富士行バスが何分待ちかなんて全く分からない状況。丁度その頃、FSW関係者が今回の混乱についてマスコミ向けに謝罪会見を行っていたそうなのですが、それも当然場内には流れません…。2ちゃんを見ても東ゲート・西ゲートの両方で前日同様の大行列が発生していることが書いてありましたが、北富士行の待ち時間については書き込み無し。メインスタンド裏の場内道路にもツアーバスが西ゲートまで渋滞を起こしてるが見えたのでもう少し待機したかったのですが、顎ヲタ子にせかされ渋々西ゲートへ。

殆ど動かないツアーバスを横に眺めながら、人気の減った場内通路を歩き、19時半前に西ゲート到着。2ちゃんでの情報通り、バス乗り場は須走行や御殿場駅行を待つ人々で埋め尽くされています。行列越しに北富士行乗り場を眺めたら…。あまり客の乗ってないバスが1台、北富士行乗り場に待機してました! 待ち客も0。他のバス待ちの方々には悪いですが、列を掻き分け、そのガラガラのバスに駆け込みました。乗客が少ないため発車待ちしてたらしく、うちら2人の乗車直後に発車しました。乗客は恐らく15人ほど。

下の図の通り、西ゲート前は4方向の交通が集中するため渋滞してます。中でもVIP車両を最優先で流出させるよう交通整理しているので、シャトルバスは後回し。それでも19:45には西ゲート前を脱出出来ました。対向車線は、東西ゲートに戻る空のシャトルバスが延々と行列…。Fsw_map

--------

北富士行については遠距離路線のためかピストン輸送を行わず、FSW近所の待機所に大量のバスを用意して続々と出したので客が捌けてました。しかし、近距離の須走行や御殿場駅行はピストン輸送を前提にした台数のバスしか用意してないため、FSWへの戻りのバスが渋滞にはまって各ゲートに到着できないと計画が破綻し、バス待ちの大行列を発生させた模様です。「道路崩落のためシャトルバス輸送が滞った」ことは、混乱の根本的な原因では無かった訳ですね。つまり、VIP車両退出ルート・シャトルバス出発ルート・シャトルバス到着ルートをそれぞれ切り離せなかったのが、この混乱の原因。東ゲート側の場内道路崩落と片側交互通行はそれに拍車を掛けただけ。世界のトヨタ様ですが、開催前に周辺の道路事情を改善するだけの力は無かったようです。どうせ事前にシャトルバス運行が失敗するのを予測出来てたんだろうから、14万枚もチケットを売らなきゃ良かったのに。なお公式発表14万人来場となってますが、実際はそんなには居なかったはずです。10~12万あたりじゃないですかね。TV中継を見た方は分かると思いますが、自由席はスカスカでしたし、前日の帰りのバス待ちの惨状に参って諦めた人、決勝当日に駐車場や駅でFSW行バスの大行列を見て諦めた人も多数居たようですので。

※追記: VIPについては「北ゲート」(場所不明)から流したという情報もあり。

--------

うちらが乗った北富士行のバスは、FSW脱出後は概ね順調に走りました。途中、東富士五湖道路に乗る前に、8人ぐらいの集団が街中のコンビニで途中下車しました。御殿場駅に向かう観客が路線バスやタクシーに乗り継ぐため、バスの運転手と交渉した上で混乗していた様です。機転が利く方も居るもんですね。GJです! 北富士駐車場には21:00に無事着きました。その時点ではもう駐車場はガラガラ。19時まで待つ必要は無かったのかもしれません…。

その後は行きと同じく中央道~圏央道経由で帰りましたが、悪天候の週末だったためか小仏トンネル渋滞も無く、23時過ぎに帰宅出来ました。

駐車場の運にも恵まれ、他の方々と較べれば大して被害は受けませんでしたが、それでもFSWでのF1観戦はこりごりです。シャトルバス以外にも色々とトラブルがあり、ネットでは今回の騒動のまとめサイトまで出来てる状況ですが、来年は改善されることはあるのでしょうか…。来年は期待せず、2009年の鈴鹿での開催と期待したいと思います。

あ、そうそう。今年はシャトルバス乗り場でのチケットチェックはやってませんでした。駅発のシャトルバスなら誰でも乗れちゃいますね。また、決勝直前には東西ゲートのチケットチェックも止めてしまったそうです。渋滞中のバスから降りて徒歩入場してきた大量の観客を捌けなくなったかららしいですが、自由席なら決勝のみタダ見が出来ちゃったようです。ばかばかしい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年10月 4日 (木)

F1トヨタグランプリ観戦記(その2)

2日目の9/29(土)。前日夜の予報通り、朝から雨…。

7時に起床し、スーパーで買い込んだ物で朝食を済ませ、渋滞が怖いので8時過ぎに宿を出発しました。(宿の朝食は8時からだったので、断念)

・08:10…山中湖の宿を出発
・08:50…東富士五湖道路経由で北富士到着。駐車場は4割程度の利用。
・09:00…北富士駐車場出発。満席なれど、待ち時間0。バス多し。
・10:00…昨日よりは若干時間かかりつつも、FSW到着。

土曜の朝も、交通に関しては特に問題なかったです。現地の天気ですが、下の写真の通りでした…。FSWでも、気温は最高で15℃くらい。前日朝の北富士駐車場並みの寒さです(ーー;) レインスーツを含め、持ってきた服を1枚以外全て着込みましたが、それでも座っていると若干寒い。下はジーンズとレインスーツの2枚しか穿かなかったのが失敗でした。Sany0091 Sany0093

 

 

 

 

てゆうか、1コーナー方面、見えないってば…。Sany0092

 

 

 

 

 

 

 

11時からのフリー走行3回目が始まる前に、メインスタンド1階(S席の下)に雨宿り場所を確保。この時点では大して観客も多く無かったので、折り畳みイス2つ分のスペースは難なく確保出来ました。今春のチケット抽選販売前、顎ヲタ子が雨天を想定して「1コーナーではなく、屋根があるメインスタンドがいい!」と強く主張したのですが、結果的にかなり良い判断だったようです。特に1コーナーの席を避けたのは、雨だけではなく別のトラブルも回避することが出来ましたました…。

なお、サーキット内にはメインスタンド以外に屋根の有るスペースは事実上有りません(VIP用のパドック除く)。そのメインスタンドも、2階のS席以外は観客席に屋根は有りません。そのことも今回のF1開催に対する観客の怒りを増幅している訳ですが…。この時点ではメインスタンドにはA2A1の各指定席券を持っている人しか入れないため、メインスタンド裏(一般通路側)のわずかな軒先スペースには、他の席の方々が密集して雨宿りされてました。その1で書いた通り、FSWはこの日の様な天候が十分予想される場所です。が、最大14万もの人が来るのを見越していたくせに、それら観客の雨宿り場所が全く用意されてない訳です。素晴しいわ、FSW。まぁ、うちは知ってたからそれなりの対処が出来たけど。

11時になりました。フリー3回目開始時刻ですが、相変わらずの濃霧。F1の場合、重大事故発生時にドクターヘリでの負傷者搬送を前提にしているため、ヘリが飛べない状況ではセッションが開始出来ません。濃霧でヘリが飛べないため、最初は15分、そして更に追加で15分、セッション開始が延期に。そして11:30、大して状況が変わってないにも関わらず、フリー3回目のセッションが開始。キミ・ライコネン以外の21台が一斉にコースに出ましたが、直後の11:34には赤旗提示。そのままフリー3回目は中止となりました…。ドライバー達は初のサーキットでウェットコンディションを殆ど走ることなく、ぶっつけ本番で予選に望むことになりました。下写真は、フリー走行中止後の霧の状態。Sany0096 Sany0097

 

 

 

観客のうちらは、予選開始の14時までは待機です。サーキット内の散歩は前日済ませたので、この日はフリー開始前に確保した「難民キャンプ」に戻って雨宿り。持ち込んだ昼飯を食べたり、2ちゃんで情報収集をしながら時間を潰しました。その頃から「シャトルバスルートで道路が崩れた」「がけ崩れ発生でバスが動かない」とう情報が2ちゃんにちらほら書き込まれてましたが、特に案内放送も無いので面白半分のガセネタかと思ってました…。

そうこうするうちに14時前になりました。相変わらずの霧です。場内放送で「ヘリが飛べない場合は、最大15時半まで様子を見た後、それでも駄目なら明日日曜の午前中に予選をやる」というアナウンスが流れました。「今日の予選は中止かな~」というムードになりつつある中、14時丁度に予選セッション開始! メインストレートは水しぶきが凄くて、走ってる車も良く分かりません…。たまたま席の目の前にサーキットビジョン(大型スクリーン)があるという幸運にも恵まれたので、スクリーンで映像を見つつ、カンガルーTVで各車のセクタータイムをチェック。ひいきのスーパーアグリの2台は、残念ながらQ1で脱落。続くQ2、Q3は、もう惰性で見てました(スタンドも盛り上がらないし)。Q3の最後の最後にハミルトンがタイムを更新し、ポール獲得。Q1での左近・ラルフの接触以外はトラブルも無く、予選セッションが無事終了しました。

予選終了後は、上位3人のインタビューも見ずに、この日も西ゲートバス乗り場へダッシュしました。既に前日の倍、バス5~6台分の人が既に並んでました。道路崩落?の情報を気にしながら(場内では道路崩落についてのアナウンスは一切無し)15分ほど待ったところ、北富士駐車場行のバスが10台位まとめて到着。うちらもすんなりバスに乗れました。東ゲートでは既にバス難民が発生していたようでしたが、その影響を受けることなく15:30にはFSWを出発し、16:30には北富士駐車場に到着。宿に行く前に鳴沢の道の駅とスーパーで買い物をし、山中湖にご両親が隠居している だっふんだに教えて貰った店で暖かい ほうとうを食べ、19時過ぎに宿に戻りました。

同宿の方は他に2組居たのですが、宿の管理人さんが言うには 2組とも19時時点ではFSWを脱出出来て居ない とのこと…。片方は東ゲート発の東富士駐車場、もう一方も東ゲート発のバイク駐車場利用者だったため、日も暮れ雨の降る極寒の状況下、3時間以上バス待ちをさせられた そうです。

結局、バイク駐車場組は 20時過ぎ、東富士駐車場組は 21時過ぎ まで脱出出来なかったようです。ちなみに、宿から一番近い山中湖駐車場行については、2ちゃん等の情報によると最後の客の脱出に22時半までかかったとのこと。抽選販売時は当然山中湖駐車場を希望したのですが、結果的には外れて良かった…。

昼間の時点では事実がどうか分からなかった道路崩落の件は、結局事実でした(リンク先のブログ参照)。しかも、サーキット内のシャトルバス用通路(東ゲートアクセス路)での発生です。なんじゃそりゃ…。その影響で、東ゲート発着のシャトルバスでは、予選開始までにサーキットに入れなかった人、帰りも3~5時間以上待たされた人が多数発生した模様です。産経新聞の記事では「午後3時半ごろ発生」だなんて書いてありますが、昼頃には道路崩壊の情報が2ちゃんで流れてた訳ですから、それも大嘘です。場内アナウンスもせず、夜22時の時点での報道でも嘘を流す。そんな企業が運営している F1グランプリ、そりゃ色々と問題は起こりますよ。ちなみに問題の崩落箇所、崩落しなくても片側交互通行の箇所だったそうなので、どちらにしろ東ゲート発着のシャトルバスの輸送は破綻していたでしょう。

なお、道路崩落が関係ない西ゲート発着のシャトルバスでも、翌日は混乱が発生しました。それは「その3」でたぶん書きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 3日 (水)

F1トヨタグランプリ観戦記(その1)

既に報道もされてますが、9/28~30に富士スピードウェイ(FSW)で行われた「F1 トヨタ グランプリ」、オーガナイズがサイテーでした。ただでさえモータスポーツ界ではアンチが多いのに、これ以上敵を増やしてどうするんでしょう、トヨタ。

F1日本GPの主要スポンサーは フジテレビ トヨタ (FSWのオーナーかつ各マスコミの大スポンサー) なだけあって、観客が被った被害はほんの一部しか報道されてませんが、実際は酷いもんでした。

ちなみに、まともなアクセス路が無いのでシャトルバスが機能しないとか、雨や霧でレース開催が難しい気象条件にしょっちゅうなるという事は、FSWをよく知る人々がとっくの昔から予想してました。にも関わらず、予想できる範囲の悪条件に見事遭遇し、まともに対処出来なかったトヨタ、及び、シャトルバスを仕切ったJTB(と子会社ジェイコム)。素敵です

それはさておき、先見の明のある方々の意見を参考に、以下の準備をしました。

#本当に先見の明のある方々は、今年のF1は現地観戦しないことを選択した模様…。

(1)服装:まともなレインスーツと冬服を準備
 ・上半身:長T・半T・薄トレーナー・フリース・テニスのアップ・レインスーツ
 ・下半身:テニスのアップ・ジーンズ・レインスーツ
 (嫁の顎ヲタ子は更に重装備だった模様)

(2)シャトルバス対策
 ・折り畳みイスと暇つぶし道具の持参
 ・ザウルスを利用しての2ちゃん等での積極的な情報収集
 ・早目の行動

--------

で、まず初日9/28(金)。10時からのフリー走行1回目に間に合わせるために5時に自宅を出発しました。

・5:00 …自宅出発
・5:40 …入間ICから圏央道へ。
・6:25 …中央道河口湖ICから一般道へ。
・6:50 …北富士駐車場(ふじてん)到着。駐車場はまだガラガラ。
・7:15 …北富士駐車場をガラ空きのシャトルバスで出発
・8:00 …渋滞もなくFSW西ゲートバスターミナルにあっさり到着。

FSWの天気は晴れorうす曇。標高1,300mの北富士駐車場は15℃と寒すぎでしたが、標高600m弱のFSWでは、昼過ぎには28℃と9月下旬とは思えない暑さになりました(それが翌日以降の悲劇の序章となります)。それだけ暑くなったので、昼間は半袖Tシャツ1枚でも歩き回ると汗だくになりました。

西ゲートからメインスタンドへ向かう途中の交差点でドライバーの入り待ち(ニコ・クビサ・ニック・アンソニー、タク、バトン、バリ、キミ、マッサと鈴木アグリ代表を目撃)をしたり、メインスタンド裏のイベントブース散策と予約していたカンガルーTVの受取りをしてたらあっという間に10時。購入したA2席のあるメインスタンドもガラ空きでしたので、本来の指定席ではなく、より上段でフリー1回目を観戦しました。 Sany0003_4 Sany0004_3  

何事も無く、11:30にフリー1回目が終了したので、サーキット1周の旅へ出発。メインスタンドを出発し、1コーナー側から順に最終コーナーまでぐるりと歩いて周りました。途中、指定席より楽しめそうな自由席が何箇所かあるのを発見しました…。3日間晴れ&カンガルーTVも予約してたら、自由席の方が良かったかも。下記写真の上2枚はコカコーラコーナー、下2枚はヘアピンです。詳細位置はコースマップを参照下さい。Sany0067_2 Sany0068_2 Sany0072_2 Sany0073_2

 

 

 

 

東ゲート側イベントブースも覗いたりもしたので、14時ギリギリにメインスタンドに帰還。フリー2回目からは自分らの指定席(前から4列目・BMWピット前)で観戦。結構、金網が煩いです(ーー;) 顎ヲタ子さんは歩き疲れたのか、セッション途中で爆音の中、昼寝してました(^_^;)Sany0080_2 Sany0081

 

 

 

 

Sany0053_4ちなみに カンガルーTVはこんな感じのブツです。これで国際映像(音声は場内実況+ドライバー無線)とラップタイム・セクタータイムが確認出来ます。かなり便利! レンタル代はちょっと高いけど…。

 

 

Sany0087フリー2回目も、何事もなく終了。終了と同時に西ゲートへダッシュ! フリー終了直後にも関わらずバスが1台も無く「なんじゃこりゃ」と思いつつも、20分程度の待ちで北富士駐車場行シャトルバスが西ゲート乗り場に到着。16:15にFSWを出発し、17:15に北富士駐車場に到着しました。左写真は、北富士行バス待ち行列。西ゲートバス乗り場は、見ての通りアスファルトで舗装されていました。東ゲートの方はこちらと異なり、未舗装だったそうです…。

その後、河口湖ICそばのスーパーで翌日の食料買出し等を済ませ、19時には予約していた宿(出身小学校の研修所)に到着。まだ平和だった1日目は、こうして終了しました…。

Sany0089_2 北富士駐車場の夕暮れ。係員さんもお疲れさま。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »