« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008年3月31日 (月)

かぐら 神楽ヶ峰

Sany0077_2

風邪が治りきってない やまぞうですが、3/29(土)は かぐらに出撃しました。

天気は小雪、視界も悪いので、下図の通り短いコースにしました。

Kaguramap080329_2

参加者は、め軍曹とその奥さん(カトーさん) ・ B ・ やまぞうの計4人。新雪が積もった直後にも関わらず、カトーさんは90cmのファンスキーでの参加でした。おいおいおい…(^_^;)

Sany0065 Sany0067_2

--------

視界が悪く景色が楽しめないので、ただ黙々と登ります…。(写真も無し)

11:50には神楽ヶ峰の稜線下(標高2000m付近)に到着。昼食休憩にしました。例によって、め軍曹 と B はビールで乾杯(^_^)

Sany0074_3 

昼飯を食べたらさっさと滑り出そうと思っていたのですが、そうこうしているうちに視界が殆ど無くなってしまいました…。仕方ないので、暫し待機。

Sany0078

12:40まで待ちましたが、あんまり回復しないので、とりあえず出発しました。

新雪が約30cmあったのですが、残念ながら とても重い雪 でした(><) 少しでも気を抜くと、ターン時にエッジを引っ掛けて派手に転がります…。下写真は、コケた直後のB♪

Sany0089

男3人は1~2回ずつ転がり、カトーさんも短い板で新雪に悪戦苦闘しながら、20分程で第五ロマンスリフト乗り場まで滑り下りました。

Sany0087 Sany0090_2

今期初のバックカントリーでしたが、雪は重いし斜度も無いコースだったので、イマイチ楽しめませんでした。残念(ーー;)

その後は、もう一度第五ロマンスリフトで上がり、リフト下り場から田代尾根側の斜面を滑りました。そっちの方が斜度もあり、美味しかったですね~。

でも、そこを1本滑ったら、カトーさんはリタイア(ファンスキーで新雪滑ると、メチャクチャ疲れるのです)。め軍曹も付き添って休憩に入ってしまったので、B と やまぞう の2人で同じところを更に2回まわしました。

Sany0096_3 Sany0100 

こーんな感じで、とっくに昼過ぎてるのにノートラックです。でも、やっぱり重オモなので、滑るのは大変でした(^_^;)

Sany0098_2 Sany0101

2本目でかなり疲れたので、B と やまぞう も上がりました。レストハウスで休憩していた め軍曹夫妻と合流し、かぐらから撤退しました。

次回は、GW前後に尾瀬の至仏山に出撃する予定です。

--------

おまけ。

帰りは猿ヶ京温泉の某ホテルに寄って温泉に入ったのですが、やまぞう はそこの露天風呂で死にかけました(+_+)

寒かったので小走りで湯船に入ろうとしたら、湯船の縁でマンガの様に見事に足を滑らせ、すっ飛びました。ギリギリで縁に頭をぶつけなかったので怪我はしませんでしたけが、危うく大惨事でした…。ま、自業自得ですね(-o-)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月27日 (木)

接骨院

昨日の仕事中のことでした…。

L字の机にPCを4台並べ、事務椅子に足を組んで座り、椅子を回したり腰を捻ったりと極力立ち上がらず横着をしながら4台のPCで作業をしていたら…。

 

ピキーン!

 

ニュータイプに覚醒したのではなく、腰が攣りましたorz

#テニスのやり過ぎで腰を痛めてるので、疲れが溜まると腰が攣ります。
#結婚前はそれを予防するために頻繁に接骨院に通ってましたが、最近は
#金銭的な問題で通えてませんでした…(T_T)

帰宅後、2ヶ月振りに掛かり付けの接骨院に行きました。接骨院に入ったらすぐ、院長に衝撃の事実を告げられました。

 

「F先生、今週末で辞めちゃうんだよ。学校に引き抜かれてね。」

 

がーんΣ( ̄ロ ̄lll)

 

F先生には、もう4年くらいお世話になっていたのに…。接骨院とは全く関係ない、バックカントリー関係の知識も色々教えて貰ったのに…(F先生は富士山山頂から滑っちゃう位の重度の山スノーボーダー、兼、元ボーダークロスの選手です)。

柔道整復師を育てる学校から、3月初めに急遽招聘されたそうです。確かに、症状を把握するのは早いし、スポーツ固有の動作にも詳しいし、説明も分かりやすいし、ユーモラスもあって面白い良い先生でしたからね…。

ちなみに院長の方は、余りに突然の話なので聞いた直後は怒り狂ったそうでした。でも、F先生の将来を想って送り出すことを決めたそうです。

しかしまぁ、突然腰が攣らなければ、F先生に挨拶出来ない所でした。これって、やっぱあれですか、

 

腰の知らせ!?

 

お粗末さま...

時間も遅く他の患者さんは居なかったので、F先生に最後の治療をして貰いました。マッサージで患部の筋肉を触られたら今までに無く痛かったので、追加で針治療もして貰いました。お陰様で、今日は大分マシになりました。

F先生、今まで本当にありがとうございましたm(__)m

p.s. 昨日は腰でしたが、今日は風邪で寝込んで仕事休みました…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月21日 (金)

チョロQ

20日(木・祝)はお彼岸の墓参りとヘーベルの外壁見学で、ずーと都内と走り回ってました。運転、疲れました

その途中、自動車保険の更新のため高島平にあるスズキのディーラに寄ったのですが、帰りにお土産を貰っちゃいました♪

Sx4q1

愛車SX4のWRCカラーのチョロQです。今回ディーラで貰ったのは、右の黄色い奴です。左のは某缶コーヒーのおまけで、こっちはWRC参戦前のテスト車カラー。やまぞう的には、白・青のテスト車カラーの方が好きかも。

斜め後ろからみたら、こんな感じです。

Sx4q2

一緒に写ってるのは、街かどの川越藤間 で頂いたヘーベルサボテンです。フラッシュを焚いて撮ったら、ヘーベル君がちょっと怖くなってしまった…

Sx4q3_2 Sx4q4_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月19日 (水)

シューズボックス(その1)

■ 当初は収納力重視で「フルトールタイプ」(カウンター無し)を選択。

  ↓

通風・日照シュミレーション を 行ったところ、下駄箱内に開閉可能な小窓を設けた方が良いとの結果が出る。

  ↓

■ 扉にオプションの鏡を貼り付けたいので、 「ロの字型」 か 「コの字型」 のどちらかになる。(釣り戸棚タイプはNG)

  ↓

■ とりあえず、値段がより安く、より収納力もある「ロの字型」を選択。

  ↓

■ でも、ロの字型の真ん中に小窓が開くのって、デザイン的にどうなのよ???

ということで、Aさんにお願いして 内観パース↓ を作って貰いました。

Fig141

Fig142_4

う~む、やっぱり微妙かなぁ(ーー;)

1坪の狭い玄関なのに18幅の壁一面をシューズボックスが占めている事と相まって、なんか妙な狭苦しさを感じます。

玄関ドア側を開けた逆コの字型にした方が良い気もしますね…。

 

でも、嫁的にはこれで良いそうです。また、バトルになるかも(-o-)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年3月17日 (月)

F1 2008シーズン開幕、なれど…。

この週末は暖かかったですね(-o-)

3/15(土)の午後は荒川の河川敷のコートでテニスをしたのですが、気温が約20℃まで上がったのと風も弱かったので、半そで短パンでも寒くない状況でした。

テニスをやるには良いのですが、スキーシーズンは早めに終わりそうです(><)

あぁ、冬将軍様が頑張っていらした2月中に、もっとスキーに行っておきたかった…。

--------

さて、今年もF1が開幕しました。

やまぞう&嫁 の 唯一と言っても良い共通の趣味F1観戦 です。昨年、ツアー旅行でモナコに寄った際も、周囲から浮くのも構わずはしゃいでました。

しかし、今シーズンは2人ともモチベーション下がりまくりです(ーー;)

嫁も琢磨は嫌いではないので、2004年みたいに 琢磨がまともなマシンに乗って表彰台に絡んでくれれば、また熱く観戦出来るんでしょうけどねぇ。

でも、今年のスーパーアグリは ホンダの支援が減った ので、参戦するので精一杯の模様。一昨年の参戦初年度よりも悲惨ぽいなぁ(-_-#)

かといって、トヨタの支援を受けた中嶋一貴 は、あまり応援する気になれません(-_-)

やまぞう家の夫婦円満 のためにも、琢磨&スーパーアグリの状況改善を何とか期待したいもんです…。

#大荒れだった開幕戦の結果は こちら を参照。
#チェッカーを受けたのは、
失格になったR.バリチェロを含めても7台のみ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月14日 (金)

大宮デザインスタジオ

3/13(木)、有休を取って 大宮デザインスタジオ に行ってきました。

大宮デザインスタジオは、ソニックシティーの隣のビルにあります。そこの立体駐車場に車を止めたら、丁度続いてAさんも到着されました。何か、運命の赤い糸 みたいなものを感じます(笑) Aさんのご案内で、迷うことなくデザインスタジオに到着。設計のSさんも合流されて、15時から打合せを開始しました。

----------

・外壁サンプル

真っ先に確認したのは、外壁の塗装サンプルです。シャギーアースシャギーベージュ とも、屋内で見ると非常に落ち着いて見えました…。あまりにピンクっぽく見えた シャギーアース については「自分の感覚」がイマイチ信用出来ないので、もう一度確認に行くことにしました。外壁見学の旅はまだまだ続きます(-_-)

・クローゼット内部の検討

1階廊下・寝室と3階納戸に設置予定のクローゼットですが、嫁の発案で システムクローゼット(クローゼット内に設置する可動パイプ・可動棚のセット) というものの導入を検討していました。その詳細寸法はヘーベルのカタログに載ってないので、1セットだけあった実物を見たり、詳細寸法図を見ながら色々検討しましたが、時間の都合で詳細寸法図を頂いて後日検討することにしました。

・キッチンの検討

嫁にとっては、これがこの日最大の目的だったはずです(^_^)

ヘーベルの場合、キッチンは4社(ヘーベルオリジナル・サンウェーブ・ヤマハ・松下電工)の中から選択することになります。嫁は、パタパタ君クイックパレット・スライドパレット といった豊富なオプションに惹かれ、サンウェーブ のキッチンを選択する気まんまんでした。

しかし、うちちが入れる 26I 型だと、幅の問題で パタパタ君 以外のオプションは事実上付かないことが判明しました。それを聞いた嫁は、サンウェーブに対する熱意が一気にダウン…。

結局、Aさんが「意外と評判が良いんですよ~」とお勧めする 松下電工 を採用することになりそうです。確かに、袖部分にある「双子スライド」収納も使い勝手良さそうでしたし、何より お値段も安い ですから♪ 

・ユニットバスの検討

1616サイズ(1坪)であれば、特にこだわりはありませんでした。 0801 仕様のセキスイE/Fタイプ(←これも選択出来る中では一番安い)が妙に見栄えが良くなっていたので、これを採用です。うちは 0707 仕様で契約しているので差額は多少発生するかもしれませんが、Aさんの一押しだったので何とかしてくれるでしょう(^_^;)

・洗面台の検討

棚下から水栓が出ているTOTO に、問答無用で決定です(^_^)v 嫁も「掃除が楽そう」とのことで、すぐに賛同してくれました。

・トイレ

便器は特に理由なしで TOTO 、2階トイレに設置する手洗いカウンターは INAX にする予定です。TOTOの手洗いカウンター、実物見たらボールの奥行が無さすぎました。格好はTOTOの方がすっきりしてて良いんですけどね…。

・建具

建具自体は FG (フラットタイプ) で、取っ手類は KG (飾り装飾ありタイプ) の丸い感じのものにする予定です。1階の開き戸に設置する戸当りについては、KAWAJUNの物 をお願いしておきました。

・情報分電盤

ヘーベルでは、LAN・電話・テレビ用の分電盤 を電源用とは別に用意しています。やまぞうは FTTH用メディコン(ONU)・ルータ情報分電盤 を、2階に設置する 電話・FAX台用にするウォールファニチャー(カウンタータイプ)に納めたかったので、それが可能かどうか確認しました。幅や厚みを確認して頂きましたが、OKとのことでした(^_^)v

----------

ここまで決めてたら、時間は19時半を過ぎてます。既に、他のお客さんはだーれも居ませんでした(汗) 皆さん、お疲れ様でしたm(__)m

設備関係は、これで大体決まりました。普通のお宅であれば、続いて内装の打合せに入ります。しかし、次回の打合せの日程を決められませんでした。

 

実はうち、通常は契約前後に行う地盤調査を、未だに行ってないんですよねぇ(ーー;)

 

土地の 地盤改良(柱状改良を想定) が必要かどうかで、予算の総額が結構変わります。地盤が強ければ問題ありませんが、地盤が弱く改良が必要な場合はその費用が結構かかるので、その分内部設備に掛ける費用を削る必要があります。そこがあやふやな段階で内装打合せに進むのは難しいと、Aさんと協議の上で決めました…。

当然ながら早めに地盤調査を行いたいのですが、嫁土地の問題 が解決するまでは地盤調査が行えません。地盤調査を強行する事も検討したのですが、法律事務所に止められました。

無念…。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年3月12日 (水)

外壁検討(その2)

外壁色、本当に悩ましいですねぇ…。

シャギーベージュ枯葉 の中間があると良いんですけど(ーー;)

なお、嫁の方は 枯葉 で ほぼ確定してるらしく、今はあまり悩んでないみたいです。

----------

さてさて、外壁見学の続きです。

・U目地 の 枯葉銀鼠シャギーベージュ のお宅見学(2/24・3/02)

見学先が所沢・上尾・坂戸と分散していたため、2日に分けて見学に行きました。前回は目地を指定してなかったので、この時はU目地のお宅限定です。

やまぞう的には「濃いめの 枯葉 銀鼠」と「明るめの シャギーベージュ」のどちらの路線を選択するか決断したかったのですが、やはり結論は出せませんでした(-o-)

ただ、「濃いめ」で行くのであれば 嫁の希望する 枯葉 でも良いかなと思い、銀鼠は候補から外しました。

そうそう、上尾のお宅に行った際に 上尾展示場のキュービック (1月に新装オープン!)も見学したのですが、このキュービックの外壁色、銀鼠 のはずなのに 何か色が変…。

応対して下さった店長さんにそのことを伺ったら、「シャギーアース の上に重ね塗りしたら、こんな感じになっちゃっいました。なので、あまり参考になさらないで下さいね…」と恐縮気味に説明して下さいました。そんなこともあるんですね(^_^;) ちなみに、塗り直す前の上尾キュービック展示場の写真は こちら に載ってます(そのうち現バージョンに変わるかも)。

・建築後2年少々経過した シャギーベージュ のお宅見学(3/06)

シャギーベージュ、嫁としても嫌いな色では無いそうなのですが、やはり「数年経ったら、雨垂れが目立つんじゃないかしら…」と危惧してます。そこで、実際はどうなのか確認するために、Aさんに建築後数年たったお宅を教えて頂きました。

で、見学に行ってみたんですが…。

そこのお宅、汚れ1つ無く、物凄くキレイ なんですよ!(@_@;) 物凄くマメにメンテされているお宅 だったのか、それとも ヘーベルの塗装の性能が凄く良くて2年少々では汚れが着かない のか、やまぞうには判断がつきません!(ーー;)

#しかし、ある意味汚れているのを期待して見学に行くのも、失礼な話でしたねm(__)m

----------

という訳で、まだ当分は外壁色に悩む日々が続きそうです。明日2/13(木)は、有休取って 大宮のデザインスタジオ に行きます。

外壁の塗装サンプル、そこで見ることが出来るのかなぁ???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月11日 (火)

外壁検討(その1)

外壁の色はどうされますか?
一番、決めるのに時間がかかりますよ(^_^)

2/13(水)の打合せで、 Aさんにうちもそう言われました。

#Aさんの台詞、ある程度パターン化されてるみたいですね(^_^;)

---------- 

色の前に、うちはまず 目地 を決めました。嫁より、

「シンプルで汚れが付きにくいもの!」

とのご意見がありましたので、U目地 を筆頭候補に。やまぞうも異論はありません。どうも、U目地は安い らしいですし…。

 

そして色ですが、「印刷物なので、全然参考にならないですよ」 とAさん自ら仰るカタログのサンプルを見ながら、候補を選びました。

  • 嫁: 汚れが目立ちにくそう、かつ、暖かみもあるので、シャギーアース
  • やまぞう: こちらのBlogを見て格好良かったので、銀鼠

そして、明るめの色の割に適度に落ち着いた感のある シャギーベージュ も候補に追加。この3色が採用されたお宅の所在地を、後日Aさんにメールで送って貰いました。

---------- 

2/16(土)、届いた地図を持って外壁見学に行きました。最初の場所は、狭山市の シャギーアース のお宅。しかし、都市計画道路の工事が進んでいて地図とは現況が異なり、少し迷いました(汗)。

何とか見つけたそのお宅を、やや離れた場所から じっ~くり 観察しました。怪しい2人連れですが、ヘーベリアンになるための通過儀礼 らしいので、仕方ありません。そして、気になる嫁の感想は、 「西日が当たってると、ちょっとピンクっぽくも見えるかなぁ…」 でした。そうだった、うちの嫁はピンク系が苦手でした。

 

続いて、エバープレースガーデン武蔵藤沢 という分譲地に向かいました。現地に着くまで存在を知らなかったのですが、凄いとこでした。住宅大手5社が入ってる高級建売分譲地で、ヘーベルも本当に沢山建ってました。こちらは見学者も結構来ているので、じろじろお宅を観察しても さほど怪しまれません(多分)。

最初に シャギーベージュ が建っているはずの場所へ向かいましたが…。あれれ? そこに建っていたのは、今まで候補に挙げてなかった 枯葉 のお宅でした(@_@;) そして、午後の日差しを浴びた 枯葉 を一目見た嫁は、

「私、この色で良いかも!!!」

・・・・ (^_^;)

濃い色なので汚れが目立たなく、かつ、一応暖色寄りの茶色ベースで冷たい感じもしないので、速攻で鞍替えした模様です。川越小仙波展示場 でも外壁の一部に 枯葉 (ただし15年塗装とのこと by Aさん)を使ってますが、30年塗装 になった後の 枯葉 はより深みがあって、確かに良い色でした。

 

その隣の隣に 銀鼠 も建ってましたが、やはり南面で光が当たってると格好良い!!! でも、うちの予定地は北道路。同じ様な色の濃さの 枯葉 も同じですが、日陰から見ると少し暗い感じもします。

枯葉銀鼠 の間にモデルハウスが有りましたので、そちらを見学した後、現地の営業さんに シャギーアース シャギーベージュ が並んで建っている場所もご案内頂きました。そちらは北道路で、予定地と状況が似てました。日陰から見た感じだと、どちらも落ち着いてて良い感じでした。

----------  

この日の結論は、

・やまぞう: 一応、銀鼠… (でも、シャギーベージュも良いなぁ)
・嫁: 枯葉!シャギーアースは脱落した模様)

ということになりました。

つづく。

 

(追記)

シャギーベージュ 枯葉 写真と外観パースを発見しました!

シャギーベージュ 街かどヘーベルハウス川崎古市場

Fig121_2 Fig122_3

枯葉  街かどヘーベルハウス奈良市千代ヶ丘

Fig131 Fig132

| | コメント (5) | トラックバック (0)

来年度も…。

「暇ひまSE」 な やまぞうは、自分の会社には出勤せず毎日客先に出勤し、サーバ室に1人で引き篭もってます。

#サーバ室って、常に冷房効いててとても寒いんです。
#おかげで、重度の冷房病を罹ってます(><)

今の客先に異動してから、もうすぐ丸7年。今の客先、

  • 大抵は定時で帰れて、残業無し!
  • 休日出勤も殆ど無し!
  • 通勤時間も車or原付で15分弱!
  • 2~3月や8~9月は有休が取りやすい!
  • 年末年始やGWの休みも長い!

と、一見良いことずくめですが、

  • 残業無いので、手取りは少ない
  • 3年前に導入した現行システムが妙に安定してしまい、普段は仕事が無い
  • 職掌はいつの間にか「指導職」になってましたが、部下の指導なんてした事が無い (1人常駐だし)
  • 一緒に仕事をするのは 他社のSEさんや営業さん なので、自社には殆ど知り合いが居ない
    (たまに社内ミーティングとか行くと、居場所なくて寂しいです…)

といった問題もあるので、将来に若干不安を覚えています(ーー;)

なので、会社に対し異動申請を随分前から出していたのですが、今期はようやく会社が重い腰を上げてくれました。上司も 交代要員候補 を何人か連れてきてましたし、こちらも引継ぎ用マニュアルを作成し、準備万端整えてました。しかし…。

 ・

 ・

 ・

結局、交代要員が捕まりませんでしたorz

なんでだぁ~!!!(ノ`Д)ノ:・'∵:.┻┻

 

#若い(といっても26~27)候補者なんか、
#「1人で客先に常駐するのが不安なので…」
#とか抜かして逃げたらしいんですよ!!!
#やまぞうなんて、前の客先も1人常駐だったのに…。
#でも、同期で1人常駐だった奴はとっくに会社辞めたし、
#前客先の後任者は会社辞めた上に更に…(ショックでした)。
#1人常駐、確かに宜しく無いですね(-_-)

 

これで今の客先での仕事、来年度も続行確定 です。次期システムの導入が2年後なので、その導入が終わるまではここに残ることになるのでしょう。あ~あぁ…。

とはいえ、家を建てる分には仕事が暇な方が色々と好都合なので、その点は良しとします。着工後は、行こうと思えば毎日仕事帰りに現場を見に行けますしね。

早く「嫁土地問題」、片付かないかなぁ…。

----

おまけ: 今の客先に異動になった経緯

前の客先での任期末期だった 2001年2月末の週末、やまぞう はファンスキーでワンメイク(小さいジャンプ台)を飛び、着地失敗。足首を捻って骨折し、20日間入院しました。

#「社会人にあるまじきアホだ」と呆れられ、当時付き合ってた
#彼女(現嫁)は入院中は殆ど見舞いには来ませんでした…。
骨折に懲りて、ファンスキーは止めました。
#今は普通のスキーでワンメイクを飛んでます(^_^;)
#飛ぶ回数は減りましたけどね。

それはさておき、退院後も3ヶ月弱はギブスや装具が必要でした。そんな やまぞう を不憫に思った会社は、既に決まっていた異動先(伊勢原の客先←実家から遠すぎ)を急遽変更し、やまぞう実家の近所にある今の客先に異動させてくれました。

う~ん、意外と社員に優しいとこもあるなぁ、うちの会社…。放置っぷりは酷いけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月10日 (月)

間取りの検討(その4)

1/14(月・祝)の打合せから帰宅後、Aさん・Sさんとの打合せの内容を嫁に説明しました。その上で嫁の希望を聞いてみましたが、

  • 洗面所は廊下から必ず独立させる
  • 無駄なスペースは1階南側の部屋のクローゼットに回す
  • 浴室も1坪タイプより狭くしたくない
  • 洗濯機はベランダに近い2階が良い
  • PSは屋外に設置する。
  • へーベルさんに、自分の案に近くて実現可能なプランを作成して貰いたい!!!

とのことでした。なお、奥行1200mmの収納は深すぎる(デッドスペースが多くなる)という点については、何とか納得して貰いました(-o-)

1/26(土)、再び川越小仙波展示場で打合せをしました。今度こそ、嫁も参加です(^_^;)

そしてAさんは、嫁の希望になるべく沿えるような1階の間取り案 をちゃんと準備されてました。

しかしそれは、

洗面所には1階南側の部屋から入る(廊下から直接入れない)

という案でした…。

Fig054

ちょっとうろ覚えですが、上図の様な感じだったと思います。やまぞう案 と較べると、PSが無くなった上に脱衣所を狭くして収納を増やしてますので、無駄が綺麗に無くなった様に見えます。しかし、やはり洗面所やお風呂への動線に問題がありますよね(^_^;)

これを見て嫁も、何か諦めが必要 だと思った様です。打合せの結果、やまぞう案を軸に

  • 洗濯機を2階に上げる
  • 洗面所は廊下から独立させる
  • PSは屋外に設置する

を盛り込む方向で間取りを詰めることになりました。2/05(土)にも更に打合せをした後、ようやく間取りが固まりました。2階の内観パースを公開しますので、最終的な間取りがどうなったかは想像して下さい(^_^;)

Fig101Fig102
    

2階の耐力壁ですが、やはり2ヶ所追加されました(パースにも写ってますが、分かりますか?)。それらで仕切られた所を ヘーベルの壁面収納(ウォールファニチャー;WF) で埋め、収納を確保しました。

キッチン仕切り壁には、L字のカウンターテーブルを造作して貰う予定です。嫁の希望通り、キッチン内部はリビング側からは殆ど見えませんね(^_^;)

また、このパースにも写ってますが、リビング階段のコールドドラフト対策 として、階段の入り口に引戸を設置する予定です(ただし後日断念orz)。

あと、決定して2階の間取りの問題点を挙げておきます。

  • ダイニングテーブルを置く場所がない
    → やまぞう家は リビングテーブル+ローソファー で食事するので、問題無しです(ちゃぶ台スタイル)。また、2人までなら 造作のL字カウンターテーブル で食事をすることも可能です。

  • トイレのドアがリビングから丸見え(><)
    → パース2枚目の一番奥がトイレ、その手前左側が洗濯機置き場となります。それらを入換えることも考えましたが、現間取りであればトイレ内に 800mm幅の手洗いカウンター(来客用洗面台を想定)を設置出来るので、そちらを優先しました。

  • WF(壁面収納)を大量導入してしまった…。
    大幅に予算オーバ するかもしれませんorz

1階・2階の間取りは、こんな流れで何とか決まりました。ふぅ(-。-)y-゜゜゜ 

3/02(日)には、打合せをしながらSさんの操作で 通風シミュレーションや採光シミュレーション を行って窓配置の調整もしましたが、面倒なので説明は省きます。

ここまで来るまで、えらく時間がかかりました。既に、契約から2ヶ月半 経過してます…。パズルの様な間取り検討がほぼ終わったので、次は外壁の検討です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

間取りの検討(その3)

1/14(月・祝)、契約後初のAさんとの打合せを川越小仙波展示場で行いました。初登場の設計担当Sさん(女性)も同席です。

しかしうちの嫁、風邪をひいてダウンし、欠席しました(-_-;)

実は、この打合せの最大の目的は

  • 嫁案 の問題点について プロの立場 から Aさん・Sさんに説明して頂き、嫁に納得して貰う

ことだったので、嫁の欠席は非常に痛かったです(ーー;) 嫁の欠席により、打合せの最大の目的は果たせなくなりました…。

結局、顔合わせ程度の打合せで終わってしまいましたが、以下の点については質問させて頂きました。

  • 三和シャッター製エレベータの準備工事可能か?
    製品は知りませんでした。可能かどうか、本社の設計部門に聞いてみます。(追記) 後日、OKを貰いました♪

  • 間口が他社と異なる点
    壁厚の違いや、民法50cm規制に対する余裕の取り方の違いが原因です。建設予定地の測量がまだ行えてないので、現寸法のままで話を進めましょう。

  • やまぞう案の2階間取りは実現可能か?
    耐力壁(ヘーベルの場合は制震フレーム)は「通り」の上に設置する必要がありますが、階段と直交する位置には「通り」は設けられません。なので、既存の「通り」の上に耐力壁を設置する必要があります。

Fig053

通り という概念は 前日見学した川越藤間 で初めて伺いました。基礎の形もこの通りによって決まる上に、1階から3階まで同じ位置に通りを設ける必要があるそうです。やまぞうはキッチン仕切り壁の中に耐力壁を設けて頂くつもりでしたが、それがダメとのことなので、どこかしらに壁が増えることになります…。

あと、嫁が やまぞう案 を嫌がる理由の1つとして、「洗面所に取られるため1階の収納が減ってしまう」点があります。その対策として、

屋内にある パイプスペース(PS) を屋外に出す

とのご提案を頂きました。外観の見栄えが悪くなるのであまり提案しないそうなのですが、うちの場合は 外観よりは収納スペース確保の方が重要 なので、採用することにしました。それにより、1階廊下の収納の幅が広がります。後日、外部PSの耐久性について不安になったのでAさんにメールで質問しましたが、

通常のパイプではなく耐火二層管というものを使っており、耐久性の高いものになっています。大型のビルなどにも使われていると思います。

との回答がありましたので、恐らく問題ないでしょう。

更につづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 7日 (金)

間取りの検討(その2)

前回の続きです。

嫁に聞いたところ、キッチンに対する要望は以下の通りでした。

  • 幅は2600mm厳守
  • なるべくリビングからの視線は遮りたい
  • キッチン背面に手持ちのカップボードを置きた

という訳で、作った案は以下です。

Fig051

  • 26I 型のキッチンを壁付けで設置
    (キッチンの仕切り壁の長さは、この時点ではとりあえず適当です)
  • 洗面所・洗濯機・ユニットバスは1階に全て下ろす
  • エレベータ準備スペースを確保

ちなみに エレベータ準備スペースの確保 は、やまぞうの希望です。2階リビングなので、老後のこと等を考慮してです(過去にスキーで足の骨折した事もありますし…)。ヘーベルのカタログにあるホームエレベータは最低1200×1200mmの設置スペースが必要なので、それではなく 三和シャッターの製品 の設置を想定してます。こちらは、設置スペースとして915×915mmを見ておけば十分収まります。ただ、ヘーベルがカタログ外の製品を想定して準備工事をしてくれるかどうかが分かりません…。

さて、結構自信満々で出来上がった上図を嫁に見せたのですが、

速攻でダメだしが入りましたorz

その内容は、

  • 1階南側の部屋の収納が減っている
  • 廊下→洗面所→部屋という動線が気に入らない
  • 洗濯機はベランダと同じ2階で良い
  • エレベータ準備スペースも要らない
    (どうせ設置しない)

でした。で、しぶしぶ嫁の言うがままに作った修正案がこれです。

Fig052
 

う~ん…(ーー;)

奥行1220mm(壁心)の収納 じゃ深すぎるし、変な位置まで収納が食い込んでるし、洗面所も奥行610mm(壁心)じゃ狭すぎると思うのですが…。おまけに、やまぞう希望のエレベータ準備の設置も、かなり厳しくなります。

なので やまぞうは 大反対 したのですが、嫁の方も譲りません。とりあえず両案ともAさんにメールでお送りし、1/14(月・祝)の打合せまでにどちらの案が現実的か検討して頂くことにしました。

まだまだ続く。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月 6日 (木)

間取りの検討(その1)

正月休み最終日の1/06(日)、契約書に添付された図面と明細を確認中にある事に気づき、嫁に確認しました。

キッチン、23I (2300mm幅)になってるけど、これでいいの?
それじゃ狭いから、26I (2600mm幅)じゃないとダメ!!!

そのやり取り後、図面をよーく見てヘーベル案とアキュラ案とで重要な違いがあることに気づきました。それは、

間口の幅が微妙に違う!!!

  • アキュラ案 … 1モジュール910mm×54550mm
  • ヘーベル案… 1モジュール915mm×4+610mm 4270mm

両者の差は 280mm もあります。1モジュール(建築上の単位みたいなもの)の寸法や壁厚等の違いでこの差が出ていた様です。

あいたたた…。契約前に、気づいておくべきでしたorz

Fig041_3    

上が、契約時点での1階・2階の間取り図です(Excel使って自分で書きました)。見ての通り、この時では対面キッチンになってます。この間取りの場合、間口が狭くなれば収まる対面キッチンの幅も当然狭くなります。

嫁の方は 26I のキッチンが絶対条件の様でしたので、仕方ないので2600mm幅のキッチンが収まる間取りをとりあえず自分で検討してみることにしました…。

つづく。

#ちなみに今の賃貸のキッチン幅は1600mm。確かに狭いです。ただ、2300mmと2600mmの違いって、実用上の差は価格差ほどあるんですかね???

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年3月 5日 (水)

街かどヘーベルハウス川越藤間

年明け後ですが、1/14(月・祝)までAさんとの打合せの予定はありませんでした。法律事務所が嫁土地が抱える問題を片付けてくれるまで着工出来ませんから、時間を掛けてじっくり打合せを進めようという訳です。

そこで、正月休みは頑張ってヘーベルの展示場回りをして勉強するつもりでしたが、寒さに弱い嫁が余りやる気を出さず、結局家に引き篭ってました(ーー;) ただゴロゴロしててもしょうがないので、PCで間取り案を色々作ってみたりはしてましたが…。

#嫁に小遣い減らされたから、暇でもスキーに行けないし(><)

さて、契約後初の打合せの前日(1/13)、うちの近所で公開していた 街かどヘーベルハウス川越藤間 を見学に行きました。「街かどヘーベルハウス」 の説明は リンク先 を読んで下さい。

リアルサイズのヘーベルハウスが見学出来る!という触れ込みなので契約前に見ておくべきだったのですが、藤間 という地名が川越市内のどの辺なのか分かっておらず、「どうせ川越駅周辺の市街地だろうし、車で行くの面倒だな~」と思って見学を躊躇ってました。しかし、よくよく調べたら隣駅の上福岡駅のすぐ近所。なーんだという訳で、公開期間終了間近(1/20が最終日)に駆け込みで行って来ました。

----

テニス帰りだったので上下テニスウェアの変な客状態で見学に行きましたが、街かど担当営業のK谷さんがつきっきりで対応して下さいました。ありがとーございますm(__)m

こちらの街かど、敷地は22坪と嫁土地より若干広いですが、ビルトインカーポート付3階建てと非常に参考になる事例でした(ただし2世帯)。気になる間取りは、

  • 1階:カーポート・玄関・シューズクローゼット・親世帯寝室・トイレ・洗面所・風呂
  • 2階:LDK・トイレ・セカンド洗面所
  • 3階:子世帯寝室・子供部屋(将来2部屋に分割可能)

でした。契約時点でのうちの間取りとは結構異なります。嫁土地より間口が若干(正しい数字は忘れました)広いこと、3階に斜線制限が入らない(埼玉だと二種高度は殆ど適用されないんだそうで…)ことから、各フロアに収納を十分設けた実用的な間取りになってました。

ただ、建物から隣地境界線との距離は民法規定の50cm を確保してなく、両隣の方から承諾書を貰った上で建てたそうです。その説明を聞き、

うちも建物の間口が60cm広いと間取りの幅が増えるので、その手を使ってみたい

とK谷さんに投げかけてみたら、

メンテナンス時に足場を組むのが大変になる等のデメリットも多いので、出来る限り避けた方が良いですよ

と言われてしまいました。う~ん、確かに…。

川越藤間の説明だけでなく、うちの間取り等の質問や相談も色々させて頂いてたので、気がついたらもう夕方。2時間以上Kさんに対応して頂いてました(^_^;) その上、煎餅・ヘーベルサボテン・サランラップと、お土産を大量に頂いてしまいました。嬉しかったです♪ ちなみに煎餅、めちゃ美味しかったですよ(^O^)

帰宅後、川越藤間の間取りを参考にうちの間取り案を改良しようと思い、PCで幾つか書いてみました。…が、結局挫折しましたorz 川越藤間は標準Uターン階段を採用していたのでそれを取り入れた上で階段位置等を色々変えてみましたが、3階がどうにもなりません。

斜線カット、憎たらしや(*`Д´) 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月 3日 (月)

住宅メーカー検討(その4)

本命はヘーベルと決めていましたが、アキュラとも打合せを続行しました。

理由はずばり、お金 です。なんといっても、ヘーベルは高いんです(-_-;) 
嫁土地に3階建てヘーベルを建てるお金で、30坪程度の飯田系建売がK駅近隣の埼玉県内では買えてしまう 位、高いんです…。

なので、ヘーベルとアキュラとの性能差(耐火性・耐震性) 以上に価格差が大きいのであれば、アキュラを選ぶ可能性もまだ捨てていませんでした。

#なお、次世代省エネ基準への対応は、アキュラの方が上です。ヘーベルは、この時点では次世代省エネ基準への対応についてかなり否定的でした。

そして、両社と打合せを続けた上で判明した価格差は、およそ600万程度 です。判断に迷う微妙な価格差 ですね(-_-;) ただ、耐火性・耐震性以外での差がアキュラとヘーベルにはあることも判明しました。それは、ビルトインカーポートの構造です。

ヘーベルでは、建物の一部に 最大1.8m幅のキャンティ(片持ち)構造 を設けることが出来ます。カーポート部にキャンティを用いれば 壁や柱が一部省ける ので、その分だけ敷地が有効活用出来ますし、車の出し入れも楽になります。間口の狭い嫁土地では、これが結構効いてきます。また、屋内も玄関や階段の位置も変わってくるため、より実用的な間取りをヘーベル案では実現していました。
Fig2_2

結局、その キャンティ構造 が契約の決め手となりました。

年末も近づいた12/22(土)の打合せで 押しの強さと弱さのバランスが微妙 (by みどさん) な所も時には見え隠れする営業Aさんが 年内の契約締結を強行に迫ってきた せいで若干のゴタゴタはありましたが、ヘーベル年内最終営業日の12/25(火)、ヘーベルと契約を結びました。バス見学会に参加してからたった16日目での、スピード契約です。

ただ、契約をしたのはいいですが、その時点でも 嫁土地が抱える問題 については解決の目処は立ってませんでした。それについては営業Aさんが上司と掛け合った上で、

  • 解決支援のため、提携している法律事務所の紹介

を提案してくれました。そして、法律事務所ともほぼ同時に契約し、問題の解決については全てお任せしました。

なお、契約時点では 嫁土地の問題の解決に半年程度掛かる と見込み、8月末に着工し、2008年中に引渡しを受けるという日程 が組まれました。

さて、果たしてどうなるか…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

住宅メーカー検討(その3)

そうこうしているうちに、12月になりました。

12/2(日)、アキュラホームの建売現場に見学に行き、そこの営業さんに嫁土地での間取り検討をお願いしました。建売現場で店番をしていた営業さんが、注文住宅の担当もしてくれました。

12/9(日)、ヘーベルの営業さん(川越営業所のAさん)からご案内頂いたバス見学会に参加しました。

このバス見学会では、建築中の基礎現場・躯体現場と、新築1年のお宅築20年のお宅の計4ヶ所を見学をしました。バス見学会と川越住宅公園の展示場でヘーベルの特徴について説明を受けましたが、

  • 躯体と基礎の耐震性能の高さ(耐震等級3)
  • 外壁のヘーベル版(ALC)の耐火性能の高さ(耐火等級4)

に魅せられ、住宅密集地で貰い火が怖い 嫁土地で建てるのであれば、ヘーベルが一番良いのではないかと、早くも思い始めていました…(←洗脳された?)。

軽量鉄骨でかつ耐火性能の高い外壁を使うものであれば 積水ハウスのダインコンクリートを使用するモデル も該当しますが、既に会社自体を候補から外してました(汗)。また、木造ラーメン系で外壁にALCを使うものはありません(特注なら出来るのか?)。なので、この時点でヘーベルを選ぶ可能性がかなり高くなっていました。。

なお、ヘーベルと同時期に資料請求した住林と大和ハウスからは、営業さんからのアプローチはありませんでした。こちらから更に連絡とるのも面倒だったので、アキュラとヘーベルに絞って、その後の検討を続けることにしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

住宅メーカー検討(その2)

続いて、工法の検討です。

大雑把に分けると、住宅には 木造系(在来・2×4)・鉄骨系(軽量鉄骨・重量鉄骨)・鉄筋コンクリート系 といった種類があります。これらの工法から幾つかを選んで、比較するつもりでした。

しかしその矢先、低コスト鉄筋コンクリート住宅「RC-Z工法」の元締めだった早川工務店が経営破綻しました…。他の鉄筋RC系はコスト的に恐らく無理と思われたので、木造系と鉄骨系の中から下記の通り工法とHMの候補を選びました。

こちらのサイトを読んで頂けると分かるかと思いますが、3階建ての住宅は構造計算をきっちりやって耐震性を確保しないと、将来予想される東京近郊での震災時に倒壊する恐れが出てきます。なので、耐震性を確保しつつも広い室内空間を確保でき、更に鉄骨造よりは安くなりそうな 木造ラーメン構法 を扱う2社が検討開始時点での本命でした。

とりあえず、アキュラはK駅近隣で建売をやっていたたのでそこに突撃、大手3社に対してはWebから資料請求をすることにしました。

なお、軽量鉄骨の候補としてヘーベルを挙げた理由 ですが、実は消去法でした(^_^;) 大和ハウスは木造ラーメンで選んでましたし、最大手の積水ハウスは とある悪評(真偽についての判断は避けます) のため候補から外したためです。積水ハウスは、一部県で営業停止もくらってましたしね…。

そうそう、今住んでいる賃貸は、大和ハウスの軽量鉄骨造です。上階のキッチンからの排水音がうちのリビングでもたまに響く以外は、特に問題は起きてません。住み心地は結構良いです( ̄ー ̄)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

住宅メーカー検討(その1)

こちらの記事 の続編です。

昨年11月中旬、建売の購入ではなく、嫁名義の土地に建つ家を建て替えることを一応決断しました。

とある問題 を抱えた土地なので、すぐに建て替えに着手できる訳ではないですが、とりあえずハウスメーカー(HM)を選定することにしました。

HMの選定の話の前に、簡単に嫁土地の敷地条件を説明します。

幸いにして用途地域が 第一種中高層 なので、3階建てが建てられます。ただし、第二種高度地区 の指定により、北側斜線制限 がかなり厳しく、下図のようにざっくりと3階部分が削られてしまいます。3階の室内は、天井の圧迫感が強そうです(-_-;)

Fig1

さて、東京23区内であれば、似たような広さの土地に建つ3階建ては幾らでもあります。その典型的な間取りは、

  • 1階: ビルトインのカーポート・玄関・寝室1部屋
  • 2階: LDK・風呂・洗面所
  • 3階: 子供部屋2部屋

といった感じです。うちも当初、この間取りで建てる予定でした。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »