« 住宅メーカー検討(その3) | トップページ | 街かどヘーベルハウス川越藤間 »

2008年3月 3日 (月)

住宅メーカー検討(その4)

本命はヘーベルと決めていましたが、アキュラとも打合せを続行しました。

理由はずばり、お金 です。なんといっても、ヘーベルは高いんです(-_-;) 
嫁土地に3階建てヘーベルを建てるお金で、30坪程度の飯田系建売がK駅近隣の埼玉県内では買えてしまう 位、高いんです…。

なので、ヘーベルとアキュラとの性能差(耐火性・耐震性) 以上に価格差が大きいのであれば、アキュラを選ぶ可能性もまだ捨てていませんでした。

#なお、次世代省エネ基準への対応は、アキュラの方が上です。ヘーベルは、この時点では次世代省エネ基準への対応についてかなり否定的でした。

そして、両社と打合せを続けた上で判明した価格差は、およそ600万程度 です。判断に迷う微妙な価格差 ですね(-_-;) ただ、耐火性・耐震性以外での差がアキュラとヘーベルにはあることも判明しました。それは、ビルトインカーポートの構造です。

ヘーベルでは、建物の一部に 最大1.8m幅のキャンティ(片持ち)構造 を設けることが出来ます。カーポート部にキャンティを用いれば 壁や柱が一部省ける ので、その分だけ敷地が有効活用出来ますし、車の出し入れも楽になります。間口の狭い嫁土地では、これが結構効いてきます。また、屋内も玄関や階段の位置も変わってくるため、より実用的な間取りをヘーベル案では実現していました。
Fig2_2

結局、その キャンティ構造 が契約の決め手となりました。

年末も近づいた12/22(土)の打合せで 押しの強さと弱さのバランスが微妙 (by みどさん) な所も時には見え隠れする営業Aさんが 年内の契約締結を強行に迫ってきた せいで若干のゴタゴタはありましたが、ヘーベル年内最終営業日の12/25(火)、ヘーベルと契約を結びました。バス見学会に参加してからたった16日目での、スピード契約です。

ただ、契約をしたのはいいですが、その時点でも 嫁土地が抱える問題 については解決の目処は立ってませんでした。それについては営業Aさんが上司と掛け合った上で、

  • 解決支援のため、提携している法律事務所の紹介

を提案してくれました。そして、法律事務所ともほぼ同時に契約し、問題の解決については全てお任せしました。

なお、契約時点では 嫁土地の問題の解決に半年程度掛かる と見込み、8月末に着工し、2008年中に引渡しを受けるという日程 が組まれました。

さて、果たしてどうなるか…。

|

« 住宅メーカー検討(その3) | トップページ | 街かどヘーベルハウス川越藤間 »

新居打合せ(住宅メーカ検討)」カテゴリの記事

ヘーベルハウス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 住宅メーカー検討(その4):

« 住宅メーカー検討(その3) | トップページ | 街かどヘーベルハウス川越藤間 »