« 間取りの検討(その5) | トップページ | GWの日記 »

2008年4月29日 (火)

尾瀬・至仏山

今シーズンも、尾瀬の至仏山でシーズンを締めました。

昨年同様、今回も戸倉で前泊しました。4/26(土)の夜に宿に入りましたが、日付が変わる頃には雨が降り出しました…。なので、あまり翌日の天気には期待せず、1時過ぎに寝ました(-_-)zzz

翌、4/27(日)の朝。

Sany0252_2

何とか天気は回復してくれた様です(^O^)

7時過ぎに宿を出て鳩待峠に向かいましたが、道路沿いには既に

「鳩待峠駐車場:満車」

との看板が何枚も立ってます((((;゜Д゜)))

ダメ元で突撃しましたが、辛うじてラスト3台目位で駐車場に入れました(-o-) 次回からは、もうちょっと早めに鳩待峠に入ることにします(^_^;)

Sany0341 Sany0254_3

例によって40分くらいかけてのんびり準備をしたので、9時ちょい前に鳩待峠を出発しました。この時点での天気は薄曇で、気温は6℃ぐらい。日差しは偶に射しますが、至仏山山頂は雲に隠れたり出てきたりと忙しいです。

Sany0257_2 Sany0253_2

今回の参加者は め軍曹&カトーさん夫妻・だっふんだ・B・やまぞうの5人でした。だっふんだは、初のスノーシューでの登山です。

Sany0269_2 Sany0271_2

Sany0279_2 Sany0280_2

Sany0282_3

登山ルートは、鳩待峠→オヤマ沢田代→小至仏山と例年通りのルートです。

Sany0287_2 Sany0288_2

Sany0304_3

Sany0306_3 Sany0308_2

体力に自信が無い(本人談)カトーさんに合わせ、15~20分毎に休憩を取りながら、ゆっくりと登りました。

更に だっふんだが脈拍計を装備してたので、それもペース維持に活用して貰いました。脈拍120を超えるとアラームが鳴る様にセットしてあったので、それ以下を維持するペースで先導して貰いました。過去の至仏山では め軍曹が結構飛ばすのでついていくのが大変でしたが、今回は非常に楽でしたね(^_^)

Sany0315_3

Sany0318 Sany0319

出発から3時間後の12時に、小至仏山の手前にようやく到着です。お腹も空いたので、こちらで昼食休憩にしました。

Sany0326_a

20分程度の休憩後、難所の小至仏山の下をトラバースで抜けて、至仏山山頂の下まで到達しました。今回は、山頂下の2150m付近で登山終了です。そこから、ワル沢に向かって滑る予定でした。

斜面を覗き込みながら滑走コースの確認をしていたら、あらららら…。

Sany0331 Sany0333

急に雲がかかって、視界が無くなってしましました(><)

「さっさと滑り出せば良かった~!」と口々に言いますが、時すでに遅し。こうなったら、暫く待つしかありません。上空の雲の流れは速いので、楽観的に待ちました。

20分ぐらいで視界が回復しましたので、13:40頃、ようやく滑走開始です♪

Shibutsu01

Shibutsu02

Shibutsu03

Shibutsu05

Shibutsu06

 ↑め軍曹

Shibutsu11

Shibutsu12

Shibutsu14

Shibutsu16

Shibutsu17_2

 ↑やまぞう。何故か最後にコケてます(^_^;)

こんな感じで、1700m付近まで滑り下りました。昨年の方が雪は良かったのですが、オープンバーンをかっ飛ばせたので、雪質関係無しに非常に気持ちよかったです♪

Sany0335

15分弱の滑走で樹林線に到達。ここで事実上滑走は終了です。あとは斜度の無い林の中を抜けて、ワル沢とオヤマ沢の合流点まで下りるだけです。

Sany0343

14:40頃、無事鳩待峠まで戻りました(ちょっとB、はしゃぎ過ぎ(^_^;)。5回しか滑りに行けないシーズンでしたが、最後が楽しめたので良しとします。

下図は、め軍曹のGPSで記録した移動ログです。

Map080427b Map080427c

来シーズンは、恐らく新居竣工&引越しという大イベントと被るので、出撃回数はもっと減るんでしょうね…。

|

« 間取りの検討(その5) | トップページ | GWの日記 »

スポーツ(スキー)」カテゴリの記事

コメント

スキー、独身の頃は1シーズンに2回ぐらいは行ったんですけれど…
残難ながら寒さに弱いダンナなもので、結婚してからはさっぱりやらなくなってしまいました。

それにしても、雪、残っているものですね…

投稿: みど | 2008年4月29日 (火) 21時35分

>みどさん
Aさんとは異なり、まだまだスキーを諦めきれない やまぞうです。

あらら、うちの嫁さんも寒さに弱いので、一緒に滑りに行った事が
ないんです。結婚前は何度怒られても毎週滑りに行ってましたが、
今は財布を握られてるのでもう無理です(-_-;)

うちの場合、嫁も滑るのであれば、また違ったんでしょうけどね~。

ちなみに尾瀬は標高1500m以上ありますので、この時期もたっぷり
雪が残っており、GW直後まで山スキーでの入山が認められてます。
麓の片品村も、ちょうど桜が満開でしたよ。

投稿: やまぞう | 2008年4月30日 (水) 00時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 尾瀬・至仏山:

« 間取りの検討(その5) | トップページ | GWの日記 »