« SAF1 撤退 | トップページ | FTTH検討(その1) »

2008年5月 7日 (水)

ポスト検討(その2)

ポスト検討(その1)でも書きましたが、ポスト・インターフォン子機・表札は玄関ドア脇の外壁に直付けする予定でした

ちなみに玄関ドア脇の壁ですが、両側とも「03耐震要素」と呼ばれる筋交いの様なものが入っており、耐力壁となっています。間口が狭い家である上に、玄関の隣はキャンティ構造のカーポートで壁も柱が無いので、玄関ドア脇の強度確保はかなり重要なのです。

Fgi41_3 

ところが5/02(金)の打合せの際、Aさんから、

「設計に確認したら、玄関脇にはインターフォン子機が設置出来ないそうです…。」
「03耐震要素、隙間が無いのでインターフォン用の配管が抜けません。」

ということを告げられました。ありゃまぁ…。

03耐震要素、5/02(金)の打合せ場所となった「街かどふじみ野西」にもあるので躯体公開日に現物も見ましたが、確かに隙間が無いんですよねー。図面を見て03耐震要素の脇に配管を通せるのかなと甘い考えを持っていましたが、実際にはそんな余裕もないそうです。03耐震要素、幅狭部用なので構造が異なるためか値段も普通のハイパークロスよりも高いらしい(街かどふじみ野西に以前いらしたK谷さん談)ですし、意外と厄介な奴でした(+_+) その厄介者、うちには4本も入ります…。

#普通のハイパークロスと03耐震要素の写真は、Kidさんという方のBlogにありました。

という訳で、インターフォンのために何らかの門柱を建てなくてはなりません。そうなると、ポストや表札を別途設置するとゴチャゴチャしそうなので、ポスト・インターフォン子機・表札を纏められる機能門柱を建てた方が良さそうです。

しかし、玄関ポーチ前は50cm程ですぐ道路なので、

「玄関ポーチ内で収まるコンパクトな機能門柱で、しかも横出しポストが取付け可能なものってあるんですか?」

とその場でAさん&Yさんに質問してみたら、設計のYさん、ちょっと悩みながらも候補を挙げて下さいました。ヘーベルのデザインブック(外構)にも掲載されている、三協立山アルミの「機能ポール モデア」です。

Fgi42

寸法は幅20cm×奥行30cm×高さ160cmなので、確かに玄関ポーチにも設置出来そうです。

Fgi43

デザインもすっきりしている上に横出しタイプも設定されているので、条件は満たしてます。表札用にアルファベットシールセットも付いてきます。ただ、値段がラッセルポスト約3個分(ヘーベル価格の場合) なので嫁が渋い顔をするかと思いきや、意外にも嫁もOKを出しました。 

てな感じで、急転直下ポストは決まったようです(^_^;)

(おまけ)

Fgi44

翌日訪問した「街かどヘーベル武蔵野」に実物がありました。ポストは横出しタイプでは無かったのですが、早速現物を確認出来たので、ラッキーでした♪

ちょっと気になるのは、機能門柱の設置位置。こちらの場合、玄関アプローチのタイルを避けて設置してますが、うちの場合は玄関ポーチ内(タイル張りの予定)。タイル張りのポーチにも上手く設置出来るのかなぁ…。

|

« SAF1 撤退 | トップページ | FTTH検討(その1) »

ヘーベルハウス」カテゴリの記事

新居打合せ(外構関連)」カテゴリの記事

コメント

タイルを上手く割れば、設置可能w

投稿: まさみ | 2008年5月 9日 (金) 03時54分

>まさみ
上手く割って、綺麗に設置してくれれば良いんだけどねぇ(-_-;)

投稿: やまぞう | 2008年5月 9日 (金) 18時37分

ポスト、とにかく、きまってよかったですね。
実家が埼玉なので、K谷さんとも何度かお話ししたことあります~なぜか街角や展示場いくとお会いしちゃうんです。。。

投稿: とあるけん | 2008年5月10日 (土) 00時48分

>とあるけんさん
ありがとうございます。バトルが発生しなくて、ほっとしました(-o-)

K谷さん、ご存知でしたかっ! ひょっとして、ふじみ野西の
躯体現場か木工事現場の公開日にニアミスしてませんかね!? 

K谷さん、マニアックな話をして下さる、面白い方でしたねー。
でも残念な事に、4月からホームサービス課に異動されて
しまいました(-_-;)

投稿: やまぞう | 2008年5月10日 (土) 11時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ポスト検討(その2):

« SAF1 撤退 | トップページ | FTTH検討(その1) »