« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月30日 (月)

勿体ない(T_T)

  • 中本修平ニック・フライ体制下の第三期ホンダF1、大不振。
  • 07シーズン終了後、フェラーリの元テクニカルディレクターだったロス・ブラウンを獲得。
  • 08シーズンは最初から捨て、ロス・ブラウン指揮下、09シーズン用マシン開発にリソースを全力投入。
  • 08シーズン終了後、金融危機の影響でホンダがF1撤退を表明orz
  • すったもんだの末、09年3月6日にホンダ・レーシング・F1チームを引き継ぐ形で ブラウンGP が発足。ろくにテストもせずに09シーズン突入。
  • 09シーズン開幕戦オーストラリアGPで、ジェンソン・バトンが
    ポール・トゥ・ウィン!!

    終盤のゴタゴタでルーベンス・バリチェロも2位に入ったので、
    ブラウンGP参入初戦から1-2フィニッシュ!!!

こんなに素晴らしいマシンの開発に成功してたのに、何でF1撤退しちゃったんでしょう。ホンダからエンジン供給が受けられなくなったので、メルセデスからカスタマーエンジンを急遽供給して貰い、たった7日間テストしただけにも関わらずこの成績ですよ。08年中にホンダ&ロス・ブラウンが開発したマシンは、本当にとんでもない性能を持ってます。

ホンダが撤退してなければ、昨日は06年のハンガリーGP以来の君が代が聞けたはずなので、非常に残念です(-_-;)

中本さんも、今頃朝霞台の研究所で悔しがってるんでしょうね…。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年3月27日 (金)

外構フェンス工事

3/10~13に、隣地境界へのフェンス設置工事が行われました。工事は、東京ヘーベリアンセンター(都内各支店ホームサービス課共通のコールセンター)に発注しました。

入居から約3ヶ月後の工事となりましたが、そうなったのは色々と事情がありました…。まず、うちの隣地境界の状況について説明します。

古屋解体前の敷地境界は、

  • 東面: 隣地境界の内側に ブロック塀2段鉄製フェンス
         (隣地側は何も無し)
  • 南面: 隣地境界の内側に ブロック塀2段鉄製フェンス
         (隣地側は波板フェンス設置)
  • 西面: 隣地境界の真上に ブロック塀1段
         (フェンスは無し・途中にお隣さんが設置した門扉あり)

という状況だったのですが、既存の鉄製フェンスが錆びて朽ち果てていた為、解体時に全て撤去しました。また、お隣さんが敷地を跨いで設置した門扉も、工事に支障があったため一時撤去しました。

また、上記の通り西面には元々フェンスが無かったのですが、

  • 古屋が東面・西面とも境界ギリギリ(約15cm)まで建っていた。
  • 西隣のお宅も境界から約50cmしか離れていないが、境界と建物の間に自転車2台を縦列に駐輪していた。

という事情があったためです。それ故、お互いに境界のブロック上を南面に移動する時などの通路として共用していました。うちの敷地にあった古屋と西隣のお宅は約30年前にほぼ同時に建ったそうなのですが、その当時からの取り決めだった模様です。

うちとしては、新居は民法の隣地境界規定を満たす様に建て直した(東面は80cm、西面は50cm境界から離しました)ので、西面の共用状況はフェンスを設置することにより解消したいと思ってました。ただ、お隣さんがどの様に主張してくるか分からなかったので、入居してから1ヶ月程、様子を見ました…。

そしたら、案の定、西側のお宅のお子さん&そのお友達がうちの敷地を通りぬけて遊びまわる光景を、嫁が頻繁に目撃することになりました。こりゃ早めにフェンスを設置しなくてはダメだ と思い、年明け後すぐに東京ヘーベリアンセンターに電話して、フェンス設置工事の見積依頼をしました。

また、並行して西側のお隣さんとも話し合いをし、道路側から約3m(自転車2台分)より奥側に関しては費用折半でフェンス設置(&門扉取替え)をすることにあっさり合意して頂けました。特に揉めなかったのは、新築工事中に工事課Cさんからフェンスを建てる意思があることを伝えて頂いてたのと、うちの敷地へのお子さんの侵入に困っていることを 撤去した門扉とビニール紐で西側通路の一部を塞ぐこと で意思表示していたからですかね。撤去した門扉を勝手に一時拝借したのでお隣さん的にはご不満もあった様ですが、そんな事は気にしてられません(^_^;)

その後、何故か見積りが提出されるまでに1ヶ月もかかり、発注してから工事着手までも更に1ヶ月、おまけに工事開始日の連絡ミスや1ヶ月点検とかち合って日程変更があったりと色々あり時間は掛かりましたが、無事工事は完了しました(-。-)y-゜゜゜

文字だけでは状況が分かりづらいと思いますので、工事後の写真載せておきます。

Fig771_2
西側境界の様子。道路側はフェンス無しで、以前と同じ共有状態が継続です。門扉は以前とほぼ同じ位置に新品を設置し直し、その奥からフェンスを設置しました。

Fig772
東側境界の様子。こちら側のお隣さんは、何故か道路側のみブロック塀を設置されてます。境界は、両者のブロックの間にあります。うちの自転車はここに置いて、普段は南面への通路を塞いでます。フェンスが無かった頃は、自転車を無理やり押しのけてお子様達は通行していたそうです(ーー;)

Fig773
南面その1。南側隣地側にも波板フェンスがありますが、うちのブロック塀との間に隙間があるため、お子様達はここも通過していました…。

Fig774
南面その2。古屋解体前は、写っている範囲一帯にアジサイとドクダミが茂り、蜂の巣もありました。このスペース、今後はどうしましょうかね!?

--------

という訳で、最後まで残っていたフェンス設置工事も終わりました。
うちの新築工事も、これにて全て完了です(^o^)/

ちなみに、フェンス設置の効果は一応あったようで、お子様の敷地の通り抜けは無くなった模様です。

#あとは 前記事に書いたことが再発しなければ一安心なんですが(^_^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月25日 (水)

侵入者!?

今朝8時過ぎ、玄関前が騒がしいなと思ったら、春休みに突入した近所の小学生がうちの前に集まってる様でした。

その後、出勤するために玄関ドアを開けて外に出たら、玄関ポーチが小学生集団に占拠され、その子らのおもちゃ類が広げられている光景が目に入りました(・_・;)

うちの西隣のお隣さんには小学生のお子さんが居て、その子が何人かの友達と一緒に私道や空き地で遊んでいるをよく見かけてましたが、今朝はさすがにびっくりしました…。

ここはきみんちの敷地じゃないんだから、入っちゃダメだよ。片付けてね。」と冷たく言い放ってから車で出勤しましたが、その後どうなったのかは知りません。
 
--------

こちらの写真の通り、うちはオープン外構なので、こういった事態は防ぎようが無いんですよね。嫁の証言によると、小学生らはカーポートのチェーンポールをいたずらしたり、敷地内に入り込んで防犯砂利をジャリジャリ踏み鳴らしながら走り回ってることもあるようです。

やまぞうも小学生の頃は同じ様なことをしてたのであまり怒れる立場でもないのですが、このまま見過ごして何か壊されても困りますし、どーしたものか(-。-)y-゜゜゜

#まっ、数年して彼らが中学生になれば、事態は収まるんでしょうけど。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年3月24日 (火)

出場資格獲得

本日、某市テニス協会の方から連絡を頂きました。

5月に大宮第二公園で行われる大会に、某市の代表として出させて頂けるそうです(男子シングルス)。

ここ数年、この大会の出場を目標に練習してきたのですが、遂に達成できそうです 感慨無量…と書きたいところですが、運に恵まれた棚ボタ的資格獲得なので、そういう心境でもないですね(^_^;)

大会まであと1ヶ月ちょっとあるので、練習頑張ります

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年3月23日 (月)

祝、完走!

雪山仲間のが、初マラソンにも関わらず、見事東京マラソンを完走しました。
あの片山右京よりも、早くゴールした様です。凄いです

 

本当におめでとう!!!!!
 

 
#写真まだかな~~~♪
 

なお、やまぞうは最近は殆ど走っておらず、体重は1ヶ月で2キロも増えました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月17日 (火)

含水率測定(3/14)

3/14(土)、工事課Cさんに来て頂き、ヘーベル版の含水率を測定して頂きました。

#初回点検の日に出来なかった作業の1つがコレです。

測定対象は、3階天井(R階)のヘーベル版です。

Fig760
3階天井に設置した点検口を開け、そこから含水率計をR階のヘーベル版に押し当てて測定して頂きました。なお、上写真から覗いてるホース状のものは、セントラル排気扇に接続されているダクトです(点検口と併せて特注で設置)。これで、天井裏内の空気をセントラル排気扇経由で排出してます。

直下に物入れの棚があるので、若干苦しそうな体勢で測定して頂きました で、その結果ですが、最大でも 21.5% という数字でした。とりあえず、今の時点では問題なさそうです。ただ、当日の気象条件(にわか雨が降りました)の影響もあったのか、天井裏の湿度は80%もありました。換気用のダクトを設置したので、外壁にある換気ガラリからの給気が促進され、積極的に湿った外気を吸っちゃってるのかもしれません…。

Fig761
ついでなので、1階トイレにある床下点検口を開けて、1階床ヘーベル版の含水率も測定して頂きましたが、こちらは18%前後でした。

Fig762
ちなみに床下の気温と湿度は、こんなもんでした。なお、外気温・室温とも12℃程度でした。

Fig763
試しに床下の写真を撮ってみたのですが、驚いたことに、ちゃんと緑色をした雑草が2本も生えてました(@_@;) 光なんてほぼ入らないのに、どうやって光合成してるんでしょう。びっくりです。

この雑草、さすがにこれ以上増えたりしないですよね ま、恐らく大丈夫だとは思いますが(^_^;)

--------

ところで、現在ヘーベルで建築中の方のブログを幾つか拝見したところ、床下点検口にはめ込んで設置する換気扇の写真が掲載されてるのを見つけました。防水工事が完了する頃に設置し、躯体内の空気を床下経由で排出することで躯体全体の換気を行い、ヘーベル版の乾燥を促進するそうです。

その換気扇、準備が間に合わなかったのでうちの現場には設置されなかったのですが(実は説明は受けてました)、現在はほぼ全ての現場で設置されているとのことです。

ヘーベル版の乾燥がより徹底される様になったようで、何よりですね(^_^)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年3月13日 (金)

初回点検(3/09)

3/09(月)の午後、入居後の初回点検がありました。

初回点検は、住まいの学習塾(初回塾)でお会いしたホームサービス課のMさんが担当されました。特に特記するようなこともなく、1時間程度であっさりと終わりました。内容は、建具やサッシ類の建て付けの確認、クロス剥がれの目視確認、等でした。

ついでに、以前から持ち越しとなっていた作業も行っていただきました。こちらは、旭化成住宅建設(AJ)のKさんが作業されました。

■ 1階トイレの取っ手交換

Fig684  Fig686
1階トイレ引戸の取っ手ですが、ようやく正しい部材(シルバー)が届き、交換されました(^_^;) 写真は、左が交換前、右が今回の交換後です。

■ 食器棚の転倒防止金具取り付け

Fig7572
食器棚をL字金具2つで固定して頂きました。固定先の壁に下地補強を入れるのをうっかり忘れていたので、軽鉄下地(スタッド)に固定することになりました。強度的にはちょっと不味いらしいのですが、大地震の際に食器棚前から逃げる時間稼ぎが出来れば良いので、これで良しとしました(^_^;)

本当はあと3件ほど、工事課Cさんにお願いしていたことがあったのですが、年度末で新築現場の方が忙しすぎてスケジュール調整がつかず、残念ながら延期です…。ま、本来は作業費を取られてもおかしくないことも幾つかサービスでやって頂いてますので、気長にお待ちします(^_^;)

 

通常は初回点検をもって、工事課さんからホームサービス課さんにメンテ担当が引き継がれるのですが、うちはもう少しばかり工事課さんにも面倒見ていただくことになりそうです。入居後も長々とお付き合い頂いて、申し訳ないですm(__)m > 工事課Cさん

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年3月10日 (火)

キッチン

Fig751_2
ヘーベリアンな奥さまがた、お待たせ致しました(!?)。キッチンの紹介です。

#こういうとこは、嫁にばれないようにこっそり写真を撮るのが大変なのですよ。

うちは パナソニック電工のGENEO (既に廃盤)を採用しました。面材の色や取っ手の種類、キッチン照明、天板やシンクの種類等、殆どが嫁のチョイスです。

Fig752_2 Fig753_2
うちで採用したGENEOシリーズの特徴は、この 双子スライド収納 ぐらいですかね 入居以降、やまぞうはほぼ料理をしていないので、システムキッチンの使い勝手の良し悪しについてはコメント出来ませんm(__)m

1枚目の写真で気づかれた方もいらっしゃるかもしれませんが、食洗機はありません。嫁・やまぞうの実家とも食洗機がただの鍋&フライパン入れとなっており、うちでもそうなるだろうと2人とも漠然と思ったので、設置しませんでした。そんな訳で、食器は普通に手で洗ってます。

Fig754_2
その代わりに設置したのが、この 電動昇降食器乾燥機 です。これがあれば、水切りラックが不要になるので、キッチン周りがすっきりします。というか、するはずでした…。

でも、何故か賃貸で使ってた水切りラックを、未だ継続利用しています(写真1枚目参照)。電動昇降食器乾燥機の方は、全く使われてません(-_-;)
 

Fig755
天板はホワイトの人工大理石、シンクはステンレス(スキマレス仕様)です。ヘーベルの0707仕様では "スキマ有り仕様" だったのですが、僅かな特注費でスキマレスに変更して頂けました。

Fig756
コンロは、掃除のし易さ のみを理由に IHにしました。オールメタル対応・3口IH・75cm幅のパナソニック(旧松下電器) 「KZ-TSW33E」です。ヘーベル標準品にはこの仕様が無かったので、施主支給しました。某「テニス仲間の電工屋さん」から安く販売して頂けたので、結果的にコストダウンにもなったので良かったです。

このIHの唯一の難点は、パナソニック電工のレンジフードと連動してくれないこと。同じパナソニック系列の製品なんだから、連動してくれたっていいのにorz

#パナソニック電工の製品で揃えると、IHの加熱開始時に自動でレンジフードの換気扇が起動します。
 

Fig757
色々あって資金的に力尽きたので、背面収納は購入せず、賃貸で使っていた食器棚を設置しました。奥のは無印のカップボード(恐らく廃盤)、手前のは実はリビングのTVボードと同シリーズのAVラックです(^_^;) 両者の色調が
微妙に違いますが、そこは仕方ないので我慢です(-o-)
 

Fig758
最後にゴミ箱です。ゴミ箱収納スペース付きの背面収納を設置しなかったので、キッチン入口脇の僅かなスペースに、ギリギリ収まってます。この角度でみれば、何の変哲の無い、普通の分別ゴミ箱なのですが…。
 

Fig759
蓋にはゴミの分別方法&ゴミ収集日の案内が ドーン と貼ってあります。

何も、ここに貼らなくても良かろうに(-_-;)
 
 

以上、あまり気乗りしないキッチン紹介でした。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年3月 6日 (金)

LAN配線図(家電関連のみ)

需要があるかどうか分かりませんが、一応載せておきます(^_^;)

Fig740

| | コメント (0) | トラックバック (0)

REGZAのデジタル放送録画出力

こちらの記事

録画用チューナはアナログでの外部出力も出来るので、デジタル放送用チューナ非搭載のため休眠(注)していた RDR-HX50 も、一応接続してあります。CPRM非対応のDVDプレーヤ(うちではPC・カーナビ・PS2等が該当)でも再生可能なDVDを焼く場合は、こちらで録画するつもりです(まだ未実験)。

と書きましたが、やりたかったことは

■ REGZA「37Z7000」の外部出力端子(デジタル放送録画出力)からの映像を「RDR-HX50」に入力して録画し、ほぼ全てのDVD機器で再生可能なDVD-Video形式のDVDを作成する。

ということです。そして、それが出来るかどうか実験をしました。

 

   ↓

   ↓

   ↓

   ↓

 
 結論としては、ダメでした_| ̄|○

 

理由1:
REGZAの外部出力端子からは、コピワン信号が乗っているCGMS-A形式のアナログ信号が出力される。
(デジタル放送対応機器では、ごく普通の仕様らしいです)

理由2:
RDR-HX50は、コピワン信号有りの映像はCPRM対応のDVD-RWメディア(DVD-RやDVD+R/RWメディアは不可)にVR形式でしか焼けない。

 

アナログチューナしか載せていないRDR-HX50なら、仮にコピワン信号(CGMS-A)が乗っていても無視するかなと思ったのですが、ちゃんと解釈してくれちゃう様です。厳しいなぁ(ーー゛)

そもそも、REGZAが外部出力端子(デジタル放送録画出力)から映像を出すときは、SD相当(480i)の画質にダウンコンバートしてからアナログ信号として出力してます。その結果、地上アナログ放送並みまで画質が劣化しているのに、わざわざコピワン信号乗せてダビング制限掛ける必要ってあるんですかね!? 意味が分かりません(-o-)ブーブー

価格.comの口コミ掲示板を検索したら、

ダビング10の計画発表初期は、アナログ出力はコピーフリーという話が有りましたが、開始されるまで、事情が変わり、放送を見ている時も、HDDなどに一旦録画した物の再生時も、CGMS-A(コピーワンス)がアナログ映像に乗ってます。

という書き込みもありました。事情が再び変わって「アナログ出力はコピーフリー」と成らない限り、うちではRDR-HX50は使い道が無さそうです。寝室に移設した液晶TVに繋いで再生専用機代わりに使うにも、RD-XD91でVR形式で焼いたCPRM対応DVD-Rメディアを再生出来ないので、やっぱり役立たずです(ーー;)

#RD-XD91で録画した番組は、値段が比較的安いCPRM対応DVD-Rメディアにムーブして保存してます。

しかしまぁ、地デジ普及前の2004年(もう5年前)に発売されたHDDレコーダがCGMS-AやCPRMに対応してるとは思ってもいませんでした。丁度対応するかしないかの端境期の製品だったようです。ガッカリ

では、最後に今回の結論。
 

現状は、デジタル放送の録画とDVDメディアへのダビング、ダビングしたDVDの再生に関して規格や制約が多く、用語も増え過ぎで訳が分からない\(@_@;)/

 
今回の記事の内容を既に全て把握しご理解されている方がいらっしゃったら、正直凄いと思います。とにかく、家電とは思えないこの状況を誰かどうにかしてください…。

 

なお、CGMS-A形式のコピワン信号は「画像安定装置」なる機械を買ってくれば簡単に除去出来るようですし、CPRMもPC上でフリーウェアを使えば解除出来ちゃうようではありますが、法的にはアウトなのでここではこれ以上触れません(-o-)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 4日 (水)

使い捨てレンジガード

みどさんのこちらの記事に釣られて、記事にしてみました。

Fig750
IHヒーターの後ろに、良くある使い捨てのレンジガードが置いてあります。引越し前に使ってたのが余ったので、勿体ないから置くことにしたのだそうです(by 嫁)。

キッチン周りの壁は汚れが付着しにくいキッチンパネルになっているので、個人的にはレンジガードは無くても良いと思うんですけどね。非常に格好悪いですし(ーー;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リビングの液晶テレビ

記事にするのがえらく遅くなりましたが、実は昨年末の12/3029に、液晶テレビを買い換えてました(^_^;)

Fig741
37インチの東芝製液晶テレビ REGZA 37Z7000 です。

狭いリビングなので37インチでも大きいかなと思いましたが、そうでも無かったですね 42インチにしても良かったかも…。

 
--------
 

さて、この REGZA Z7000シリーズ ですが、マニアックなHDDレコーダ「RDシリーズ」を世に送り出してきた東芝らしく、マニアックな機能がテンコ盛りです。

Fig742_2
そのうちの1つが、USB接続の外付けHDDへの録画機能 です。

うちの主力HDDレコーダ RD-XD91 はデジタル放送用チューナを1つしか搭載していないため、地デジやBSデジタル等の2番組同時録画が出来ません。HDDレコーダの優先使用 はとっくの昔に嫁に握られており、やまぞうが視たい番組を録画出来ないという悲しい出来事 が過去に何度か発生しているのですが、録画手段が増えたので今後はその様なことは無くなるでしょう。かなーり嬉しいです(感涙) ちなみに外付けHDDは、東芝の販促キャンペーンで 1TB のものがオマケで添付されてました。

その他にも、LAN経由でNASにも録画が出来たり録画済み番組をDTCP-IP対応DLNAサーバへのダビングが出来たり、DTCP-IP対応DLNAクライアントにもなったりと、調布方面のヲタ大関係者(FireBlastとか(笑))なら喜んで飛びつきそうな機能が満載です。

録画用チューナはアナログでの外部出力も出来るので、デジタル放送用チューナ非搭載のため休眠(注)していた RDR-HX50 も、一応接続してあります。CPRM非対応のDVDプレーヤ(うちではPC・カーナビ・PS2等が該当)でも再生可能なDVDを焼く場合は、こちらで録画するつもりです(→実験結果はこちら)。

(注)VHFアンテナを設置しなかったため、やまぞう家は地上アナログ放送を受信出来ません。

DTCP-IP対応DLNA機器との連携が優れているので、将来的にはDTCP-IP対応NAS(現状はBUFFALOのLS-XHLシリーズのみが一応存在)も購入して、デジタル放送対応のホームサーバを構築しようかなと 妄想 しております(^_^;)

 
--------
 

え~、機能面の話がだらだらの長くなりました(^_^;)

Fig743_2
コンセントはテレビボードの左側にあるので、電源ケーブル等はこんな感じで整理しました。テレビボードの買い替えは想定していなかったので、配線を隠してすっきりさせようという考えは捨ててました。

Fig744
転倒防止策として、「テレビの台座をテレビボードにネジ留め」を行いました(作業はAJさんのサービス)。テレビボードを転売することも無いでしょうから、多少傷ものになっても気にしません(^_^;)

そして、新居見学者に不評だった23インチの液晶テレビはというと…。

Fig745
寝室に移設しました。寝室なら、このサイズでも丁度良いですね。将来的には、台座を外して壁掛けにしたいです(これも妄想)。

 

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2009年3月 2日 (月)

2階廊下の照明

前記事に続いて、今度は2階廊下の照明についてです。

Fig733
図面上には「廊下」と記載されてますが、リビングとは区切られてはいないので、廊下と呼んでいいのか良く分からない中途半端なスペースです。ちなみに、右手にちらっと見えてるのがキッチン、突き当たりが2階のトイレ、トイレの手前左手には洗濯機スペース(防水パン無し!)があります。

こちらは、当初は奥側のダウンライト(蛍光灯タイプ)だけ設置の予定だったのですが、1階廊下の増設をお願いした際に、同じく増設をお願いをしました。

なお、1階と異なり蛍光灯にしたのは、洗濯機スペースがあったり、右手のカウンターにFAX電話を置く予定もあったので、何か作業する際は点灯時間が長くなるかもと思ったからです。あと、周囲の照明の殆どが蛍光灯になったので、それにあわせるという意味もあります。
 

さて、ここの照明についての感想ですが、
 

ちょっと暗いなぁ~(-_-;)

 
でした。蛍光灯は 12W白熱灯60W相当)のが設置されてますが、地味に暗いです。配置も、手前も奥も明るくしたい場所(カウンターと洗濯機)からそれぞれズレているので、やっちまった感を増幅しています。カウンターと洗濯機の正面にダウンライトがあれば、少しはマシだったかもしれません。

将来、FAX電話をあれやこれやと操作したり何かメモを取ったりする際は、ちょっと目が疲れそうです。ダウンライトを2個設置してこの状況なので、当初案通りに1個だけ設置だったら、いったいどうなってたんでしょう(-_-;)

1階同様に60Wのクリプトン球のダウンライトだったら、現配置でも明るさは丁度良かったかもしれませんね~。1階とは別な方向に失敗しちゃったようです_| ̄|○

 

以上、「光源によってダウンライトの照度は相当変わるので、気をつけましょう!」というお話でした(^_^;)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »