« ふじみ野市春季ダブルスA(上級) | トップページ | 最近の実家の猫事情 »

2009年7月30日 (木)

水曜日のレッスン(7/29)

昨晩(水曜日)のルネのレッスン中に、危うく怪我するとこでした

先週もやったダブルス形式練(平行陣対平行陣)の最中、相手のスマッシュを受けるためにサービスライン付近からベースラインに向けて慌ててバックステップした際に、左足のシューズがコートにグリップしすぎてつんのめりました。そのまま転倒したら、確実に後頭部から落ちます

これはマジやばいと思った瞬間、ラケットを放り投げながら体が勝手に後ろ受身を取ってました ラケットを放すので精一杯で腕が使えず、勢いを殺しきれなくて後転しながら後頭部を軽くコートにぶつけました(目撃者によるとゴツンと音が響いたそうです)が、何とか怪我はせずにすみました

通ってるスクールのコートはカーペットコートなのですが、靴底がツルツルのカーペットコート用シューズを履いていても、つんのめって靭帯やアキレス腱を怪我する人が実は結構多いです。
(仲間内では、店長やK端さんがカーペットコートの餌食に…)

体勢を立て直そうと下手に踏ん張ってから転んでたら、靭帯か何かを痛めて長期療養コースだったかもしれませんが、実はむかーし柔道を習った経験がある(中高一貫校で5年間強制的に習わされました)ので、踏ん張らずに流れに任せて受身が取れました。

当時は何のためにやらされてるのか良く分からなかった柔道ですが、大人になってからこんな形で身を助けるとは全く想像出来ませんでした。真面目に習っておいて、本当によかったです。過去のスキーやテニスでの転倒時も、殆ど怪我せずに済んでますし。

スキー帰りに温泉の露天風呂の縁でコケた時も、実は助かったのは受身のお陰でした。
#怪我をした例外は、ファンスキーでの骨折と、テニスで初優勝した試合中の捻挫だけかも。

 
以上、テニスの話題に見せかけて、

 柔道は意外と実生活(?)でも役に立つんだよ~!!!

という、話の流れがよく分からないお話でした

|

« ふじみ野市春季ダブルスA(上級) | トップページ | 最近の実家の猫事情 »

スポーツ(テニス)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水曜日のレッスン(7/29):

« ふじみ野市春季ダブルスA(上級) | トップページ | 最近の実家の猫事情 »