« 自覚なし | トップページ | 末期症状? »

2010年1月21日 (木)

六日町八海山

1/17(日):

■5:40頃
道に迷うことなく、すんなりとshaiaが到着。しかし、うちの狭い駐車場にラ・フェスタを停めるのに、shaiaが手間取る。

■5:50頃
SX4にshaiaの荷物を積み替えて、出発。

■6:10頃
途中コンビニに寄ってから、所沢ICから関越に乗る。早朝夜間割り狙いで6時前に通過する必要が無くなったのは、非常に楽だなぁ。

■7:00頃
前橋ICで、いつもの車線減少渋滞にハマる。通過に20分。

■8:30頃
途中休憩無しで、六日町IC到着。湯沢ICからの除雪車の先導が無ければ、もう少し早く着けたかも。料金は、所沢ICから1,650円。安い!!

■8:40頃
休憩がてら、コンビニに寄る。八海山のリフト1日券+食事1,000円券のパック(4,000円)を購入。八海山、安くて助かる。

■9:00頃
六日町八海山スキー場に到着。ここに来るのは、5~6年振りかも。
Sany0012_2

shaia、過去のことはすっかり忘れて、「1日券を使い切る」「ロープウェイには5回は乗らないとな」「先に車に戻って、休んでても良いぞ」と豪語し、やる気満々。
Sany0002

■9:30頃
ゲレンデへ。いきなりロープウェイに乗る度胸は無かったので、前倉コースに行く。お約束なのでコース脇の未圧雪帯(重くてパフパフではない)に突撃するも何度も埋もれ、2人して早速体力消耗。コース内も圧雪バーンの上にモサ雪が積もってて、軽く流して滑れる状況ではなし。楽しいけど、疲れた…。

■10:45頃
前倉コースを6~7本滑ったので、ロープウェイに移動。

■11:00頃
延長3,000mのダウンヒルコースに突入。上部は標高のお陰で雪質は良いしコブコブでも無かったので何とかなったが、あまりにもコースが長いので中腹(ひといき平)以降はバテバテ。麓に下りたら、休憩のためレストランに直行。

■11:30頃
混み始める前に、さくっとレストランの席確保。天地人魚沼ライスバーガーが結構美味しかった

■13:00頃
再度、ロープウェイ山頂へ。麓までは下りず、第3ロマンスリフトで3本回す。エキスパートコース(コブコブではなく深雪モサモサ)にも1回入ったら、shaiaは「柔らかければ何とかなるかと思ったが、こんなにボコボコじゃ、ボードじゃどーにもならん」と泣き言を吐く。しかし shaiaよ、前回来た時も同じこと言ったよね。学習能力の無いヤツじゃ

■13:45頃
エキスパートコースで体力を使い果たしたので、下山して前倉コースに戻る。

■14:15頃
前倉コースを4本滑ったらお腹一杯になったので、撤収。

Sany0011

今シーズン最初で最後になるかもしれないゲレンデスキー、存分に堪能しました(-人-)アリガタヤアリガタヤ

もう少し標高の高いとこに行けば良かったかなとも思いましたが、今回は嫁が産気づいて緊急帰還しなければならない可能性もあったので、撤収し易さ(越後湯沢から新幹線も利用可能)を考慮すると八海山という選択はベターだったのでしょう。

--------

■15:30頃
六日町ICから関越に乗る。shaiaは速攻でお休みモード。眠い時のshaiaの運転は非常に危険なので、そのまま寝てて貰う。関越トンネルを超え、下牧PAまでは順調。

■16:15頃
沼田IC手前~昭和ICまでの渋滞にハマる。通過に20分。

■17:15頃
高崎JCT付近で隣の車線のステップワゴンが突然急加速して追突事故を起こしそうになり、既に起きてたshaia共々ビビる ほぼ同時刻、VICSに鶴ヶ島JCT付近で事故発生との情報が上がる shaiaに事故現場がJCTの手前か先かを特定して貰い、JCT手前だと判明したので、圏央道川島ICへの迂回を決断。

■17:30頃
眠気覚ましのコーヒーを飲みすぎて我慢出来なくなり、先を急ぎたい状況ではあったが上里SAでトイレ休憩 鶴ヶ島JCTの事故渋滞は、既に通過に110分との表示。
P1000191

■18:00頃
嵐山小川ICで関越を降りる。料金は1,000円。事故渋滞の最後尾がどんどん伸びて迫っていたが、ギリギリセーフで脱出。下道で川島ICを目指す。

■18:40頃
R254の渋滞もなく、川島ICに到着。スカスカの圏央道から鶴ヶ島JCT経由で関越上り線に戻るが、事故現場で通行量が絞られてるため流れは順調。所沢ICまでの料金は800円なので150円損したものの、渋滞回避成功!!

■19:00頃
六日町ICから3時間半で、三芳PAに到着。運転疲れた
P1000209

夕食時なのに席はガラガラだったPasar三芳のフードコートで晩飯。shaiaはトルコライス、やまぞうはパスタでしたが、どっちもまぁまぁでした。
P1000204_2P1000202_2

■20:15頃
やまぞう自宅に到着。

嫁は特に変わった様子もなく、家で待っててくれました。1日放置して、スマンかった 

GWの至仏山までは、多分、きっと出撃しないと思うから、今回だけは許してね…。

|

« 自覚なし | トップページ | 末期症状? »

スポーツ(スキー)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 六日町八海山:

« 自覚なし | トップページ | 末期症状? »