« ルネ退会 | トップページ | 柳瀬川の釣り人 »

2010年5月26日 (水)

新・通勤用バイク検討(その1)

前記事の通り、テニスは辞めちゃいました(渋々だけど)。スキーも、今後は年1回行ければ良い方でしょう。恐らく。

過去10年以上、好き放題にやっていた趣味が2つとも無くなってしまったので、このままでは(というか既に)ストレスが溜まってヤバイことになりそうです。という訳で、行き場の無い欲求不満の解消のため、高校~大学の頃に少しだけハマってた自転車に回帰することにしました。

自転車は、今はコレに乗ってます。客先の都合で急遽通勤用として抜擢はしましたが、元々は嫁用ママチャリ代わりに買ったものです。スーツを着てても問題なく乗れるので便利ですが、やまぞう用としては物足りません。

テニススクールも退会したことですし、その分の費用を回せばそこそこの物が買えるだろうと踏んで、新・通勤用バイクの検討を始めました。

今回の候補としてイメージしたのは、こんな感じ↓のものです。

Mf700cxca

1992年頃にやまぞう兄が購入した、ARAYAというメーカのドロップハンドルなクロスバイクです。今なら、シクロクロスにカテゴリーされる様ですね(当時シクロクロスなんて言葉は普及してなかった)。700Cというロードバイクと同じ径のタイヤながら、オフロードも走れるよう、太めのタイヤを履いてます。またドロップハンドルには、コマンドシフターなる、今は廃盤となってしまったシフトレバーが付いてました。やまぞう兄が数年乗って飽きたあとは譲り受けることも出来たのですが、コマンドシフターの変速が重過ぎて気に入らなかった(自分のMTBに後付したDEORE DXのラピットファイヤープラスの方が格段に操作性が良かった)のと、フレームサイズが480mmでやまぞうには若干大きく乗りづらかったので、結局貰い ませんでした。勿体無いことしたかも…。

現在の通勤ルートには500m弱ながらも未舗装路があるのと、産廃処分場が幾つかあるせいか舗装路であっても異物が多くてパンクが怖いので、タイヤが細いロードバイクは向いてません。ロードでも28C以上のタイヤを履かせて細心の注意を持って走れば何とかなりそうですが、自分で調べた限り、あまり28C以上が履けるモデルは無いようです。後述の予算に近い GIANT DEFY3 も、ブレーキのクリアランスが足りなくてギリギリ履けない様ですし。

また、TREK 7.3FXGIANT ESCAPE R3 の様なフラットバーのクロスバイクは長距離を走る際にポジションが選べないので、今回は候補から外しました。

あと、昔からデュアルコントロールレバーに憧れてたのも、ドロップハンドルを選択する理由の1つではあります。といっても、予算的に コレではなく パチもん臭いヤツになってしまいそうですが

長くなりましたので、その他も含めて必要条件を箇条書きにすると、、

  • ドロップハンドル+デュアルコントロールレバー
  • 700Cサイズ、かつ、幅28C以上の太めのタイヤ
  • 足が短くても乗れる様、フレームサイズは460mm以下
  • 室内保管が出来ないので、勿体無いので予算は8万円以下
  • 同上の理由で、出来ればアルミフレーム(クロモリはサビが不安)
    ※保管は、ベランダ軒下でカバーを掛けてとなる予定。

となります。これら条件を満たす自転車を、先週から探し始めました。

(続く)

|

« ルネ退会 | トップページ | 柳瀬川の釣り人 »

スポーツ(ロードバイク)」カテゴリの記事

ORBEA aqua TSR 2010」カテゴリの記事

コメント

ロード歴3年の僕より全然詳しいじゃないですか!
できれば105以上が欲しいですが、予算的な制約が
きついですね。

購入したら、shayaさんと3人でツールド調布でも
出ましょうか?

投稿: だっふんだ | 2010年5月27日 (木) 00時53分

>だっふんだ
いやー、昔は結構調べてたのよ。ただ、お金なくてパーツ買えなかったし、部活中心で自転車に割ける時間も少なかったと。就職後はテニスとスキー中心だったので、自転車までは手が回らなかった。つか、毎週スキーに行く様に仕向けたのは、だっふんだじゃないか!!!

レース出る訳じゃないから、105はいらんでしょ。TIAGRAでも贅沢な気がするし(欲しいけど)。ただ、それでも予算は設定厳しすぎだったので、見直し予定。

shaiaはフル105のカーボンロード、買ったは良いが全く乗ってないみたいだけど…。

投稿: やまぞう | 2010年5月27日 (木) 02時04分

> 毎週スキーに行く様に仕向けたのは、だっふんだじゃないか!!!

まあ、いいじゃないですか?あれはあれで、今となってはいい思い出です。(笑)

> それでも予算は設定厳しすぎだったので、見直し予定。

つぶやきのレスも兼ねますが、自転車本体以外にも色々お金かかりますしね。
ただ、半年くらいしてすぐ新しいの欲しくなっちゃったらもったいないって思っただけです。
shayaさんじゃないですけど、カーボン+105買っとけば、遅さを自転車のせいにはできないですから。(笑)
以前100万するバイク(うちカーボンホイールが40万)に試乗する機会があったのですが、
そのバイクにのっても今の自分のバイクよりタイムが良くなるとは思えませんでした。

投稿: だっふんだ | 2010年5月28日 (金) 01時32分

>だっふんだ
> あれはあれで、今となってはいい思い出です。(笑)

あの楽しみを知ってしまったからこそ、今の苦しみがある訳で

> 半年くらいしてすぐ新しいの欲しくなっちゃったらもったいないって
> 思っただけです。

手間かけずに室内保管が出来るのであればもっと高級なモデルも欲しいけど、そうじゃないからねぇ。うちで室内保管をする場合、タイヤ外して3階まで持っていかないといけないし。週末だけならまだしも、毎朝晩それをやるのは厳しい。そうなると、外に置いて痛んでも諦めが付く、そこそこの値段のモデルで手を打ちたくなる。

当分レースとかロングライドに手をだすこともないだろうから、室内保管が必須な高級車は将来必要になったら別途買いましょうってことで。

投稿: やまぞう | 2010年5月29日 (土) 01時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新・通勤用バイク検討(その1):

« ルネ退会 | トップページ | 柳瀬川の釣り人 »