« 飯能駅往復(10/26) | トップページ | Bicycle Line FUSION (旧モデル?) »

2011年12月 9日 (金)

奥多摩周遊ロングライド(10/29)

■二度に渡る、直前のロングライド試走。

■体力切れ→電車でエスケープという事態に備えて…。

■距離の長い下りの寒さ対策も…。

■山奥過ぎて補給個所が少ないので、携行食も多めに用意。

といった万全??の準備を整えて、10/29(土)、お客さんとの接待ツーリング第三弾
『奥多摩周遊ロングライド』 に臨みました。

獲得標高 1760m 、かつ、 総走行距離 130km以上 という未知のコースだったので、ある意味念入りに準備し、装備も費用を掛けずに出来る範囲で充実させすぎてしまいました。

#山スキーもやってたせいか、装備は最小限ではなく、余裕を持たせちゃうタイプなんですよね。
#オマケに極端に寒がりですし。

なので、既に疲労が溜まっていた脚と、重すぎるザックと一緒に、自宅を出発してしまいました…。

7時30分に小手指駅でお客さんと待合せし、毎度ながら終始お客さんに前を引いて頂きながら青梅市内目指して走りましたが、青梅市内に付く頃にはまたも両足の腿裏が痛み出し、多摩川を渡り明星大学前の坂を登り出したら、早くもお客さんのペースについて行けなくなりました。

そこから先は、もうグダグダです。荷物を軽くするためにお客さんに輪行袋を持って頂いたりと助けて頂きながら坂道にひいひい喘ぎ、腿裏の痛みにも耐えながら、ただ黙々と走るだけ。せっかくの晴天なのに、景色を楽しむ余裕も無し

それでも都民の森~風張峠と登りきり、帰ってくることが出来ました。

Photo

紅葉にはまだ早かったのですが、天気は本当に良かったんですけどねぇ…。

余計な荷物(コンデジ)を折角持っていったのに写真も撮る余裕がなかったので、お見せ出来るのはこれ1枚です。

Photo_3

高度プロファイル、今見返しても凄いですねー。あの体調&重装備で、良く無事に自走で帰ってこれたもんだ こういうハードなロングライドの時は、体調管理と装備の軽量化は、物凄く重要だと思い知らされました。

コース自体はチャレンジングで達成感があるとこなので、また何時かリベンジしたいと思います。

|

« 飯能駅往復(10/26) | トップページ | Bicycle Line FUSION (旧モデル?) »

スポーツ(ロードバイク)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奥多摩周遊ロングライド(10/29):

« 飯能駅往復(10/26) | トップページ | Bicycle Line FUSION (旧モデル?) »