« 多摩湖で散歩(12/11) | トップページ | 親バカ写真とフォトブックと年賀状 »

2011年12月16日 (金)

白石峠リベンジ失敗(12/10)

11/26(土)にほうほうの体で白石峠に登りましたが、体調や装備面の条件が宜しくなかったので、条件整えてから早めにリベンジに行きたいなーっと思ってました。

そんな矢先、嫁から

 「12/10の午後は娘連れてママ友サークルのクリスマス会に
  
行くから、その日は自転車で走ってきたら?」

と、ありがたーいご提案を頂きましたhappy02

ただし、「クリスマス会の会場への送迎を、往復共にすることrvcarという条件も付加されたので、門限は昼の12時半に設定。

自走でアプローチして白石峠登って帰ってくるのは、時間的に厳しいかなぁgawk
と思いつつも、

Twitter01

と、取り敢えずTwitterでつぶやいてみました…。

 

そして翌日、以前から白石峠を登りたいとTwitterで表明されてた ヒデヲさん の、以下のツイート発見sign03
Twitter02

早速ご同行を打診してみたところ、まだ一度もリアルではお会いしたことも無いのに、快くOKを頂きましたnote オマケに、ヒデヲさんにとっては遠回りになるにもかかわらず、待合せ場所もやまぞうの自宅からほど近い東所沢に設定して頂きました。

ヒデヲさん、良い人すぎですcoldsweats01
 

東所沢から白石峠の入口までは、ルートラボで確認したら片道44.4kmでした。往復共にAve.25km/h 出せれば、往復4時間弱+白石峠登り下り1時間で合計5時間。東所沢を7時に出発すれば、ギリギリですが門限を守れそうです。
 

往路はともかくとして、白石峠を登った後の復路でもそんなに飛ばせるのか少々不安は覚えましたが、荷物の軽量化&門限意識して必死で走れば何とかなるだろうと、甘い想定をしてみました。
 

荷物の軽量化と当日予想された寒さ対策のために、ウィンドブレークジャージ+ウィンドブレークビブタイツ+軽量ウィンドブレーカーも買い揃え、携行品も

と、今までになく絞り込んでみました。

これで、準備万端のつもりでした。そして、当日…。

---------------------------------------------------------------------
------ 

■06:48 (004.0km) ←距離は自宅から。
自宅から約15分で、東所沢駅付近のセブンイレブンに到着。

既に、ヒデヲさんは到着されてました。初対面ですが、自転車とウェアを見れば間違いようがありませんcoldsweats01 時間が気になっていたので、挨拶も早々に出発しました。

■07:50 (027.8km)
ローソン日高田波目店に到着。

ここまで30~32km/h巡航でもっぱら やまぞうが前を引きましたが、前を引くのは滅多に無いので結構疲れましたwobbly そんな余裕の無さを察してくださったのか、途中何度かヒデヲさんが前を変わって下さいました。そのタイミングがいつも絶妙だったので、内心すごーく感謝してましたhappy02

気温がずっと0℃台でシューズカバーしててもつま先が凍えたので、店内のテーブルに座って缶コーヒーを飲みながら温めました。特に腹は減ってなかったので缶コーヒー以外は何も補給せず、10分程度休憩してから再出発。

■08:37 (041.4km)
県道30号・172号の田中交差点を左折。ここまでも、なかなか良いペースでした。

■08:45 (044.4km)
県道172号の西平交差点のヤマザキショップ?(手作り家具屋さん併設)で小休止。

ヒデヲさんは浦和在住で やまぞうより15kmも長く走ってらしたので、少々お疲れ気味でした。白石峠が控えていたのにペースを抑えず急がせてしましい、申し訳なかったですm(__)m

20111210_084812s

ヒデヲさんのスマホで撮って頂きました。やまぞうのIS01とは、画質が違いすぎsign03

ヒデヲさんの愛車は SPECIALIZED ALLEZ COMP 2011 で、ORBEA aqua 2010 と同じくアルミバイクです。でも、コンポは10Sのフル105に、ホイールはULTEGRA WH-6700ですけどね。羨ましすgawk

ここで やまぞうはアミノバイタルゼリーを3分の1程度飲み、再出発です。

■09:08 (048.4km)
白石峠の入口に到着。この写真のとこです。

Garmin Edge 500の記録だとAve.24.8km/hだったので、ほぼ予定通りですね。荷物を背負ってないせいか楽に来れたので、気力・体力ともに問題無しでした。

…本当ですよ。
この先であんな目に遭うなんて、この時点ではこれっぽっちも思っていませんでした。

--------------------------------------------------------------------------- 

■09:13 (048.4km)

 

人生二度目の、白石峠へのチャレンジ開始です。

二度目となると、この先ずっと辛いこと、そして、それがどこで終わるのかも分かっているので、ある意味気楽です。

最初から インナー・ロー(34×25T) で、ゆっくり登ります。というか、ゆっくりしか登れません。ヒデヲさんのALLEZ COMPは 一番軽いギアが28T だそうなので羨ましかったのですが、やまぞうは 12-25Tと13-25Tのスプロケしか持ってない ので、仕方ありません。オマケに、やまぞうのホイールは「鉄下駄」と名高いWH-R500…。キツイところは前回同様、ダンシングで何とか登ります。

ヒデヲさんはかなりのローテンション(お通夜モード)で登られてましたが、やまぞうは前回同様カーボンフレームと軽いホイールが欲しい!!! だの何だのと色々喚き散らしたり、うっさい位に ヒデヲさんに声を掛けたりながらハイテンションを保ちました。

#テニスで調子こいてる時の、あのモードです(^_^;)

キツイのはキツイんですけど、体力的には全然余裕だと思ってました。装備軽くした上での2回目だと、こんなにも違いがあるんだと感じながら…。

しかし、登り始めて4~5km付近から、ダンシングをすると両膝少し上の内側の筋肉に痛みが走るようになりました。

もしかして、脚やばい? 門限守れなくなる!? と焦りながらも、シッティングなら大丈夫だったのでそのまま登ります。しかし、ロードバイク歴1年少々の素人がシッティングだけで登れる甘い峠ではありません。どうしても、要所要所でダンシングが必要となります…。
 

■09:52 (054.2km)
 
ついに破滅です。両膝同時に攣りました。

ヒデヲさんに「先に行ってて下さい!」と叫んだ後、路肩に残っていた前日の雪の上に倒れこみました。直ぐ先に残り400mのキロポストが見えてたのに、悔しい限りです…。

Photo

攣った痛みに苦しみながら雪の上でのたうちまわった後、思い出したかの様に塩飴を舐め、アミノバイタルゼリーも飲み切りましたが、後の祭りです。登り始める前にそうしておけば良かったと、物凄く後悔しました。

取り敢えずヒデヲさんと嫁に連絡をしなければと思ってIS01を取り出したものの、見事に圏外。PHSの方も、言うまでもなく…。となると、何とか白石峠まで辿りつかないといけません。

■09:57 (054.2km)
5分程度で、膝が曲がるまで回復しました。何とか起き上がってからバイクを押して少し歩き、そしてもう一度ペダルを漕ぎ始めました。

■10:01 (054.6km)
ラスト10mのところで再び両膝が攣り、ストップ。

ヒデヲさんに助けて貰いながら、最後は歩きました…。本当に、ありがとうございましたm(__)m なお、倒れていた時間を除くタイムは、00:42:56(6.40km) でしたthink

20111210_100419s

前日の雪が残る白石峠。路肩には3cm程度積雪があり、堂平天文台方面、奥武蔵GLの大野峠方面ともに、路面が凍結してました。

もう門限を守れないのは明確だったので、峠の東屋で後から登って来られたローディーとしばし歓談しながら休憩。その後、本気で寒さに凍えながら、ゆっくり下山しました。BBBのロンググローブGore Bike Wearのシューズカバー、ここではどちらも全く防寒性が足りませんでしたsad

■10:50 (062.6km)
うどん屋「やすらぎの家」
の前まで戻って来ました。

ようやくauが圏内になったので、嫁に状況を報告。クリスマス会終了後に必ず迎えに行くことを条件に、何とか門限に間に合わなくなった事を承諾して貰いましたsweat01

まさに怪我の功名で時間に余裕が出来たので、11時の開店を待って、やすらぎの家で温かいうどんを食べました。丁度良いところに店があって、良かったですsmile

■12:12 (070.9km)
シロクマパンの近所にある、とうふ屋「藤屋」に立ち寄りました。コロッケとシュークリームを食べましたが、どちらも美味しかったですnote

ここで、やまぞうと違って終日フリーなヒデヲさんとお別れしました。ヒデヲさんはその後、鎌北湖~入間川CR~荒サイ~彩湖と経由してから帰宅されたそうです。体力ありすぎですcoldsweats02

短い時間でしたが、ご一緒出来て楽しかったですhappy01 色々とご迷惑をお掛けしてしまいましたが、宜しければまたご一緒させて下さいsign03

---------------------------------------------------------------------------

 

 

■14:43 (104.1km)
道中ずっと膝が再び攣らない様にと願いつつ、何とか帰宅出来ました。

途中ローソン日高田波目店で長めの休憩した以外は、15時帰宅を目標にAve.20km/hのペースで黙々と走りました。無事に帰りつけて、本当に良かった…。

Photo_2

今回のリベンジ失敗の原因は、

  • 脚力に見合わない、無理な計画を立ててしまった。
  • 水分・ミネラル・カロリー補給を、ことごとく怠った。
    (いつもなら峠に登る前にかならず飲む粉のアミノバイタルも、今回は切らしてました)
  • 12-27T (9S) のスプロケを用意しなかった。
    (27Tがあれば恐らく防げただろうと、掛り付けの接骨院で言われました)

ってところですかね。反省しておりますm(__)m

早速12-27T (9S) のスプロケはWiggleでポチリましたので、再リベンジ時には投入出来ることでしょう。

Wiggle

雪が降らなければ、正月休み中にでもリベンジに行きたいです…。

|

« 多摩湖で散歩(12/11) | トップページ | 親バカ写真とフォトブックと年賀状 »

スポーツ(ロードバイク)」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした〜
写真を見ると真っ白!本当にこんな道を上ったんですか…
すご過ぎです。

脚攣りは一度おきてしまうと
ペースダウンして騙し騙し上っても
すぐにまた襲いかかってきますが、
両脚いっぺんに来てしまうと
もう停まらざるをえないですね〜

それでもまだまだリベンジする気マンマンですね!
新スプロケが来るのが楽しみですね〜

投稿: つっくん | 2011年12月18日 (日) 00時48分

>つっくんさん
いえ、実は真っ白だったのは峠付近とその上だけなんです(^_^;) 登った県道は
交通量がそこそこあるので、ラスト1km以外は路面には積雪なしで、ラスト1kmも
路肩以外は薄っすら積もってる程度なので、登るのは問題なしでした。ただし、
下りはヤバかったですけどねsweat01

テニスやってた頃はプレー中には攣らなかった(大抵睡眠中に攣りましたw)ので、
今回の両膝同時というのは本当に焦りました。どーにもならないもんですね…。

スプロケは、つっくんさんのヒルクライム練の記事を読んで25Tで頑張ってみよう
とずっと思ってたのですが、やはりそれはまだまだ早かった様ですsad そろそろ
イギリスから届くと思うので、花粉が飛散する前に再リベンジを果たしてきますsign03

投稿: やまぞう | 2011年12月18日 (日) 21時47分

お疲れ様でした。
お陰さまで、楽しく充実したライドができました。

西平のコンビニでの休憩時は、結構疲れていました。
自分にはまだまだハイペースだったようです・・・。

攣った時は本当に大変だったんですね。
全然気にせずに先に行ってしまい、申し訳ありませんでした。

またタイミングがあえばご一緒しましょう。
これからも宜しくお願いいたします。

投稿: ヒデヲ | 2011年12月19日 (月) 18時11分

>ヒデヲさん
実はですね、前を引く経験が殆どなかったので、ピッタリ追走するヒデヲさんの
影を見て&感じて「もしかして、ペース遅いのかな?」と焦ってしまい、信号が
無い所では若干オーバーペース気味に巡航してしまったんです…。

いつもお客さんの後ろを付いていくだけなので、そういったとこでも経験不足が
露呈してしまいましたm(__)m

今回攣った両膝は、場所的に他の方に伸ばして頂き様のない所でしたので、
先に行って頂きました。なので、気になさらないで下さいね(^_^;)

では、またGL方面か荒サイ方面でご一緒しましょう!!!

投稿: やまぞう | 2011年12月20日 (火) 00時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166080/53496821

この記事へのトラックバック一覧です: 白石峠リベンジ失敗(12/10):

« 多摩湖で散歩(12/11) | トップページ | 親バカ写真とフォトブックと年賀状 »