« 月間走行距離(2012年01月) | トップページ | 月間走行距離(2012年02月) »

2012年2月21日 (火)

GP-mistral 2011-2012 #5 Category 3-B (2/12)

Gpm201205_00
撮影:KasukabeVisionFilmz さん

遅くなりましたが、2/12(日)に参加したシクロクロスのレースの報告です。
 
1/15(日)には同じ大会の「エンジョイライドの部」という順位が記録されないカテゴリーに参加しましたが、今回は 初級者向けの Category 3 とはいえ、人生初のガチレースです。

人生初のレースイベントはロードバイクでだと思ってましたが、どういう流れかこんなことになりました
 

1/15のエンジョイライドでは体力&心肺機能不足が露呈したので、それ以降はジテツウにも借り物シクロ(パナチタン)を投入し、柳瀬川の土手のダートを負荷を掛けて走ったり、土手の斜面を利用してコントロールの練習をしたりと、それなりの準備をして当日を迎えるつもりでした。

しかし、1/27(金)の夜に38℃台の熱が出てダウン。1/30(月)には出勤出来る程度には回復したものの完調とはならず、その後にジテツウ出来たのは4日間のみ。週末も1回しかシクロの練習ができない上に、熱出して寝込んでる最中に落ちた体力&筋力も回復せず、そんな状況で当日になってしまいました

えー、言い訳が長くなりました。

要するに、前回から何も進歩してない状況です(下手すりゃ後退)。これじゃレースに参加しても、まともな結果が残せる訳ないですね…。

テンション下がり気味ではありましたが、それでも出来る限りのことはしようと思い、当日は7時過ぎに会場の吉見総合運動公園に入りました。

それにしても、気温は低いわ北風が吹き荒れるわで、もう寒すぎでした。やまぞうは暑さ・寒さに極端に弱い生き物です。暑いとすぐに熱中症になりますが、寒い時は全力運動すると今度は喘息気味になり、呼吸困難に陥ります(更に風邪を罹りやすくなる)。

あ、また言い訳が入りました

まぁとにかく本気で寒かったので、周りの人より遥かに厚着をして、コースの試走をしました。

Gp_mistral05_

今回は前回とは異なり、沼渡り の区間があるんですよね…。おいおい

前回はカラッカラに乾燥しきってたコースですが、今回は雪や雨が降った後だったので、沼だけでなく用水路を通る区間も ドロドロ でした。まぁでも、800mもの砂浜があるよりはましですが

小さいジャンプ台で転倒をカマしつつも、8時までに2周、試走が出来ました。問題の沼は、この時点ではまだ固めだったので乗ったまま通過出来ましたが、脚力使うので相当疲れました。

また、コース図では「奥州くの一バンク」と名付けられていたスタート直後の用水路、ここは既にドロドロで乗れず、押すか担ぐかしないと無理でした。担いでも足元ぐちゃぐちゃで、まともに走れませんでしたけど。

その後、シクロを貸して下さったお客さんのK氏と合流。いつの間にか緩んでいたパナチタンのヘッド部を、締め直して頂きました。お陰でフロントブレーキの効きが安定したので、助かりましたm(__)m

先にK氏がエントリーしたカテゴリーの出走時間になったので、K氏の予備ホイールと工具類、予備車としてパナチタンをピットに置き、「奥州くの一バンク」でスタートを待ちました。

Gpm201205_02

Gpm201205_03
観戦に来られたお客さん(S氏)の前を、K氏が押しで通過中。

Gpm201205_04

やはりここは押すか担ぐかしないとダメってことが、よーく分かりました。

その後のK氏は、1周目のお墓セクションでチェーントラブル発生。残念ながらそこからピットまで担いで戻る事になり、ピットでパナチタンに乗り換えたものの、周回遅れでフィニッシュでした

K氏の次は、すぐに自分のレース(C3B)です。

今回もスタート順が五十音順の逆順だったので、困ったことに前から3列目に入ってしまいました なお、C3Bの出走者は44名だったようです(DNSは5名)。

Gpm201205_01
撮影:KasukabeVisionFilmz さん

こんなに前だと、ただひたすら抜かれて落ちていくだけなのが目に見えているので、非常に嫌でした。更に、前のカテゴリーのレースがなかなか完了しなかったため、スタート位置に並んでから相当長いこと北風に晒され、凍えてました。この時点で、もう 喘息フラグ立ったな~ と、諦め入ってました。

Gpm201205_05
撮影:KasukabeVisionFilmz さん

ようやくスタート。絶好の位置でのスタートなのに、さっさとアウト側に出て抜かれる気満々です。

Gpm201205_07

Gpm201205_08

1周目戻りのピット付近。まだ20番手辺りを走行していた様です。スタート直後の担ぎでは順位をさほど落とさなかったのですが、その担ぎで直ぐにバテてしまい、あとはズルズル。左利きで右手の腕力が無いので、担ぎは本当に辛いです。

Gpm201205_09

Gpm201205_10

2周目戻りのピット付近。ここでは集団走行していますが、この後の沼渡りでもたもたし、集団から脱落しましたorz

Gpm201205_11

3周目(最終ラップ)行きのピット付近。集団に置いて行かれたので、単独走行中。30位前後。

Gpm201205_12

Gpm201205_13

3周目戻りのピット付近。心拍限界、喉からヒューヒューと喘鳴を響かせながら、相変わらず単独走行中。

…でしたが、この後の沼をヘロヘロ押して歩いてたら、2周目終了時に30秒後方に居た人に追いつかれました

ゴール直前のバニーホップ付近でも抜きつ抜かれつをやってましたが、

Gpm201205_14
撮影:KasukabeVisionFilmz さん

残念ながら2秒差で及ばず、疲労と悔しさでこんな顔でゴールしました。決してドヤ顔ではありませんので、お間違えの無きよう。

なお、こんなヘロヘロの状態だったので、Wエントリーしていたエンジョイライドは、DNSを選択しました。前戦と同じスケジュール(エンジョイライド→C3A→C3B)なら良かったのですが、今回はC3A→C3B→エンジョイライドの順だったので…。

------------------------

この日は「ほぼドベだったんだろうなぁと、順位も確認しないまま凹んで帰ったのですが、今日(2/21)になってようやく暫定順位が発表されたので確認したところ、早い時間に行われたC3A(出走40名・DNS13名)の結果と合わせたC3総合順位では 84名中52位 と、落ち込む程には悪く有りませんでした。

#総合順位といっても勝手に集計しただけで、公式記録ではありません。
#C3A・C3Bそれぞれの順位だけが、公式のものです。

C3AのDNSの多さが気になりますが(お台場との連戦組が断念したのかも)、初参戦で中盤の順位なら、マシな結果だと思って良いですよね

Gpm201205_15

それもこれも、パナチタン(Panasonic FCXT3)+ボントレガーのカーボンディープホイール という素人には過ぎた機材を長期間貸して下さった K氏のお陰です。

本当に有難うございましたm(__)m

パナチタンをお借りするのはもう有り得ない(K氏の予備車として使って頂くべき)と思っているので、来シーズンもシクロクロスに参戦するのであれば、自前の機材を調達しなくてはなりません。厳しい家計、厳しい小遣い事情を考えるとかなり困難ですが、ちょっと策を練ってみようと思ってます。

厳しいですが楽しいシクロクロスのレース、来シーズンも何とか参戦出来ると良いなぁ(-o-)

|

« 月間走行距離(2012年01月) | トップページ | 月間走行距離(2012年02月) »

スポーツ(シクロクロス)」カテゴリの記事

GP-Mistral」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GP-mistral 2011-2012 #5 Category 3-B (2/12):

« 月間走行距離(2012年01月) | トップページ | 月間走行距離(2012年02月) »