« 都民の森リベンジ(5/12) | トップページ | 月間走行距離(2012年05月) »

2012年5月30日 (水)

CATEYE HL-EL540RC

Package
昨年夏の製品発表時に、
『あのCATEYEが、遂に改心した本気を出した!!!』
と自転車クラスタ(の一部?)を驚かせた CATEYE HL-EL540RC を、ジテツウ用メイン・フロントライトとして遂にAmazonでポチリました。

ジテツウ開始半年後から今まで使っていたHL-EL510 とは比較にならない程に明るく、使いやすいです。詳細は、リンク先のレビュー を読んで下さい。

 
…では芸がないので、一応自分でも書きます

P1100725
まず、添付品一覧。

HL-EL540RC には、充電用ACアダプタ 大容量ニッケル水素充電池×4本 が添付されます。これらが添付されない CATEYE HL-EL540 もありますので、エネループパナループ 等のニッケル水素充電池を既に所有されてる場合は、そっちを購入しても良いかもしれません。

ちなみに Amazonでの両者の価格は、こんな感じです(2012/05/30現在)。

P1100726

今回は、ACアダプタを挿すだけで充電出来る HL-EL540RC を購入しました。構造的に充電池を取り出すのに苦労するとのレビューをどこかで読んでいたのと、価格差も小さかったので、利便性を重視しました。

P1100724 P1100721
大きさの比較。まず、前方から。

P1100717 P1100720
続いて、後方から。

ハンドルバーに取り付けると、やはり若干うっとおしくなります。大き過ぎるので、TNiのカーボンメーターステー に EDGE 500 と同時取付けするのも不可能でした。かと言って、フロントハブ軸のマウンター に取り付けると照射範囲が狭くなるので、ハンドルバー取り付けで妥協です。

では、いよいよその性能です。

P1100710
まず、HL-EL510 のHiモード。

街灯のある道では一応十分な性能ですが、真っ暗な土手ではちと暗いです。その分、ランタイムは長めです。パナループ×4本の充電が必要となる使用時間を、未だ把握してない位です。

P1100711
続いて、HL-EL540 の Loモード。

既に、HL-EL510 を圧倒しています。更に、配光が良く考えられています。上端がカットされていて、対向する歩行者や車両を眩惑させにくい様に配慮されてます。

P1100712
最後に、HL-EL540 の Hiモード。

写真だとLoとの差が分かりにくいですが、圧倒的明るさ故に暗い土手道も非常に走りやすくなるので、一度使ってしまうと Hiモード一択 となります。なお、Hiモードだとランタイムは公称5時間なので、私の場合はジテツウ復路約10回分です。2週間に1回フル充電すれば、十分と思われます。

昨年以前は HL-EL610RC がCATEYEでの同クラスの製品でしたが、性能アップした上で実売価格は HL-EL540RC でも約半額です(ただし重さは2.8倍)。

CATEYE製品とは思えない程にコストパフォーマンスが良すぎる ので、大きさ・重さが気にならない方には非常にオススメです

#大きさ・重さが気になる方は、HL-EL620RC Nano Shot をどうぞ。殆ど空気ですけど。

---------------------------------------------------------------------------  

おまけ。

P1100729
Fiber Flare テールライト も、購入済みでした。GW最終日に CATEYE TL-LD130-R を壊してしまったので即必要となり、Y'sのレイクタウン店で購入。2,980円位でした。

Amazonならもう少し安く買えるみたいです(Amazon直販ではないですが)。

P1100713
スイッチの位置の関係で左シートステーに取り付けましたが、点灯するとかなり目立つので、右後方から接近する車にも十分アピール出来ます。

耐久性が不安とのレビューもありますけど、取り敢えず1年以上壊れないでくれることを期待します

 

|

« 都民の森リベンジ(5/12) | トップページ | 月間走行距離(2012年05月) »

スポーツ(ロードバイク)」カテゴリの記事

ORBEA aqua TSR 2010」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CATEYE HL-EL540RC:

« 都民の森リベンジ(5/12) | トップページ | 月間走行距離(2012年05月) »