« GP-mistral 2012-2013 #2 試走&観戦編 (9/30) | トップページ | 月間走行距離(2012年09月) »

2012年10月 3日 (水)

GP-mistral 2012-2013 #2 エンジョイライド (9/30)

この記事の続きです。
自分の出番の前に、また観戦記があります。ご了承をm(__)m

【10:20】

P1040379
本日のメインレース、C1 が始まりました。

ニワカなので、今日は 宇都宮ブリッツェンの選手 が居るな~とか、ようやく顔と名前を覚えた Cannondale 山本選手 AUTHOR 池本選手 がいつもの様に居るな~とか思いながら、暑さに耐えながらほけ~っと観戦してたのですが…。

P1040399
2位に 3UP(お客さんのKさんも所属する飯能のショップチーム) 合田選手 が居るのはいつも通りとして、トップを知らない人が引いてます。

よーく見ると、駐車場のお隣さんで、ちょっと年齢高めの方 じゃないですか。マスターズに出られるのかと思いきや、C1の有力選手だったとは

P1040450

なお、C1はレース時間が長いし、気温もC2の時よりも更に上がったので、給水が不可欠でした。

P1040453
主催者の大山さん、選手の要求に応じて水をぶっ掛けるの図。

P1040466
53分以上の長丁場のレースを制したのは、先程の駐車場のお隣さん
スワコレーシング 小坂正則選手 でした

後で調べたら、この方、経歴が物凄いんですけど おまけに、宇都宮ブリッツェンから出場した 小坂光選手 は息子さんだとか…。こんな凄い選手が至近距離にいらしたのだから、一言ぐらいご挨拶しとけば良かった。

開幕戦を観戦した時の駐車場のお隣さんは、マスターズで優勝されました。
#2度あることは3度あるかもしれないので、ゲン担ぎをされたい方は、次戦は
#SX4の隣に駐車して下さい

【11:40】

エンジョイライドの前レースのマスターズが始まったので、管理棟まで往復したり、公園端の直線路を走ったりして、軽くアップをしました。更に、マツキヨ限定のアミノバイタルゼリーデカパックを1本飲み干しました。

今回はダイエットをしつつも前々日の夜からカーボ・ローディングっぽいことをしてたのですが、効果はあったのかなぁ。寝起き時の体重は増えてなかったのですが、取り敢えずやらないよりはマシと思って、会場入ってからも胃の負担にならない程度にパンとかもぐもぐしてました。

【12:25】

Flickr03_trimming
撮影:KasukabeVisionFilmz さん ※トリミングしました。

招集掛かったので、スタートラインに並びました。
なんだか、いちごオ・レ カップ みたいな雰囲気 になってますが、楽しげなので気にしない つーか、応援沢山いるのが、非常に羨ましす…。

今回も事前エントリー者のあいうえお順→当日エントリー者の順で並ばされたので、前から2列目の一番端という、なかなかのスタート位置になりました。

Gpm20122course_2
さて、もう一度コース図を貼っておきます。

過去2回も前方からスタートしたのですが、2回とも分不相応にも速い選手についていってオーバペースで走り、2周目途中から早々に垂れるということをやってました。

スタートは我慢して飛び出さず、ペース抑えて走るべきか?
でも、土手上で詰まったら、恐らく挽回出来ないし…。

と暫し悩んでみましたが、取り敢えず普通にスタートして前に付いて行き、溝渡りを超えてから前の面子を見て考えることにしました。

【スタート】

特に緊張することなく、普通にクリートもハマりました。ダッシュはせず、大人5人中学生?1人の計6人の後ろの7番手。Wピットまでのコーナーで草の濡れ具合を確認しましたが、朝の試走時と違って濡れてません。グリップするので、ビビらず済みます。Wピットを過ぎたあたりで、1人か2人抜きました。

ストレートエンドの溝渡りの時点では、積極的に抜いた訳でもないのに4番手に上がってました。前方の面子は、いちごオ・レ(大)いちごオ・レ(中)大人の順。

いちごオ・レ(大)が後の2人を引き離しそうな雰囲気だったので、一瞬悩んだ末に、2番手まで上がることにしました。手足長いけど筋力がまだ弱そうないちごオ・レ(中)を土手登りまでに後ろに置けば、土手上シングルトラックで壁になってくれると判断したのです。

短い舗装区間で一人抜き、続くコーナーでいちごオ・レ(中)を抜き、いちごオ・レ(大)と一緒に、土手上に上がりました。上手く後ろにつけたので、そのまま前を引いて貰うことにしました。

舗装路のストレートと畑も、そのままの体制で進みます。試走でコケかけた3連バニホも、問題なくクリア(※)しました。

いちご撮影動画に、ちゃっかり映ってましたw (リンク先の3:30付近)

この時点ではいちごオ・レ(大)に合せてペース抑えて走ってたので、脚には余裕があります。

もしかして、オープニングラップ獲れちゃうんじゃないの!?

と欲が出てしまい、よせば良いのにシケイン前後でいちごオ・レ(大)に仕掛ける気になってしまいました

2連シケインへのアプローチは、例の 180°コーナー手前で下りて押しながら小回り作戦 を採ります。が、前を行くいちごオ・レ(大)も同じ作戦だったので、前後続いてシケインをクリア。

シケイン後の飛び乗りも、珍しくスムーズに成功。2人一緒に加速して、最終コーナー手前で無警戒なところを抜き、1位に上がりました

【2周目】

という訳で、
オープニングラップ、獲っちゃいましたよ\(^O^)/

(こんなの、人生で最初で最後だろうなぁ)

でも、最終コーナーからフィニッシュラインまで頑張って加速してしまったので、結構バテてしまいました。Wピット手前のコーナーで後ろを見ると、いちごオ・レ(大)ではない人 が10秒以内の位置に居ます。この人に背中を追われながら、ずっと逃げのレースをする気力・体力はありません。

追い付かれたらしょうがない程度の気分で土手上シングルトラックまで走りましたが、やはりそこで追い付かれてしまいました。P1過ぎての舗装路ストレートで無駄に争って体力消耗したくないので、抵抗せず、先に行って貰いました

Flickr01_small
撮影:KasukabeVisionFilmz さん

舗装路ストレート~畑~3連バニホまではペース抑えたつもりなのですが、暑さもあってか、心拍が 175bpm(ゾーン5) まで上がったまま、下がりません。P2では1番手とは、既に20秒強の差がありました。ふと後ろを見ると、いつの間にか女性に迫られてました。この時点で、前を追うのは諦めました。

抜かれたくないけど、先の長さを考えるとペースを上げられない。

どうしたもんかと悩んでたら、シケイン手前の短いグラベルストレートで荒れたライン側から抜かされ、3位転落。180°コーナーには先に入られちゃいましたが、乗車したまま大外を回り込んでました。

だったら、インから小回りすれば、順位守れるじゃん。

という訳でシケインで抜き返し、2番手に再浮上。そのまま逃げて、2周目を終えました。

【3周目】

そういえばエンジョイって20分レースだけど、4周目入っちゃうのかな?と疑問に思いつつ3周目に入りましたが、ファイナルラップの合図はありません。てなことで、4周目突入確定です

先頭が20分以内に3周完了してた場合は、4周目突入です。 
#なお、Edge500のスタートを押し忘れたので、自分のラップタイムを把握してませんでした…。 

めちゃくちゃ暑いし、シケインからの攻防もあってか心拍もゾーン5に上がりっぱなし。なので本気で給水したかったのですが、給水エリアには誰も居ません。止まって自分で給水するタイム的余裕は無いと思われたので、そのまま走り続けました。

で、Wピット付近でまた後ろを見ると、今度はさっきの女性ではない人(要するに男性)が迫ってきてました。うーん、残り距離を考えると、追い付かれたら多分戦えない…。

P1過ぎてからの舗装路ストレートでは初めてフロントをアウターに入れて頑張ってみましたが、畑区間に入ってから妙に加速しない。リアを下げてもクランクが重い。畑区間終了後に呆気無く抜かれ、2位を献上。ふと気がついたら、フロントがアウターに入りっぱなしでしたorz 消耗してくると、この手のミスが出てくるもんですね

そのせいでタイムロスしたので、またさっきの女性に迫られました。シケイン手前でぴったり後ろに着かれましたが、2周目の再現で順位を守りました。

【4周目】

合図があったので、ファイナルラップ確定。

4位の女性に抜かれないことだけを目標にし、新たなる敵が現れないことを祈りながら、ヒイヒイ苦しみながらペダルを回します。余裕無いので、当然ながら給水も無し。

Wピット付近でまたまた後ろ確認しましたが、どうやら新たなる敵は出現しなかった模様。コーナー区間は頑張らずに程々ペースで走り、ストレートだけは miyaさんやlumo隊長の鬼牽きを追う辛さ を思い出しながら必死に加速します。

4位の女性との差を広げようと苦しんでる最中、土手上シングルトラックで周回遅れの別の女性に引っかかってしまいました。ライン譲ってと叫ぶ気力もないし、そもそもエンジョイライドでそんなことして良いのかどうかも分からないので、そのまま後ろに詰まります。

P1手前でようやく前に出られたので、舗装路ストレートではまた必死にモガキました。

フラつきながら畑を抜けて、3連バニホもよろよろしながらもコケずにクリア。P2で関門員の方に「前とは20秒差で3位」と告げられましたが、問題は後ろ。やはり、4位の女性 の気配がする。

P2過ぎたら、残るは ストレート×2→シケイン→ストレート→最終コーナー。

ストレートは必死にモガく。シケインもミスしない様にクリア。飛び乗りも成功。加速も出来る範囲で頑張り、最終コーナー突入。

 

Flickr02_trimming_2
撮影:KasukabeVisionFilmz さん ※トリミングしました。

最終コーナー立ち上がりからフィニッシュラインまでもダンシングで頑張って加速して、3位を守ってゴール!!

給水エリアでようやく念願の水を貰ってから、倒れこみました。

Crux_2

レースを終えて、同じように倒れこんで来た選手が皆異口同音に、

 「これじゃエンジョイライドじゃないじゃん。
  みんな、ガチでペース上げすぎだよ!! 」

笑いながら話してます。

シクロクロスのコースでライドを楽しむカテゴリーじゃなくて、初心者なりにレース気分を楽しむカテゴリーなんだなと、改めて思いました。みんな、負けず嫌いでレース好きなんだろうなぁ。

そういう意味では、今回も存分にエンジョイさせて貰いました。
かなり辛かったけど

大会運営の皆さん、楽しい大会に参加させて頂き、本当に有難うございましたm(__)m

寝っ転がったまま、SURLYのPUGSLEYに乗ってた方と雑談しましたけど、物凄く楽しそうでした。砂地獄だったお台場のCX東京でPUGSLEY乗りが活躍した事にリスペクトしてPUGSLEYを購入→参戦したとのことでしたが、「これじゃ辛すぎた」と笑ってました。つか、あなた、普通のシクロ乗ってたら相当速いんじゃないの

更に4位の女性にも声を掛けて頂いたので、あれやこれやと情報交換。この方、関西ではMTBで活躍されてて、HCの女性MTB部門では優勝したこともあるそうです どおりで、やまぞうの脚では引き離せない訳だ…。

------------------------

と、こんな感じで程々の結果を残せたので、今回は満足して撤収しました

しかし、現実は厳しいです…。

今回は珍しくエンジョイライドのリザルトも発表された(昨シーズンと今シーズン開幕戦では未発表)ので自分のタイムが確認出来たのですが、C3に当てはめると半分よりは余裕で下でした(周回数は同じ4周)

次の第3戦(11/04)は C3 にエントリーするつもりですが、このままだと中団以降に埋もれることが確実でしょう。

Photo

今回の心拍(2周目途中~フィニッシュまで)。平均177bmp(5.0z)でした。

へタレの皆さんとの彩湖練のお陰で速さの面では成長はしてるとは思うのですが、落車以降は週末の早朝ライド以外のトレーニングをサボり気味なせいか、持久力や心肺能力が改善されてる訳ではありません。C3の30分レースをタレずに走り切るのはまだ無理なので、恐らく次回以降は苦戦することでしょう…。

でも、やはりレースは楽しいです。

また、いちごオ・レの人達や、同じ日にお揃いのヘタレジャージで赤城山HCに参加されてきた lumo隊長・musignyさん・Zeroさん・jimaoさん・yuuさん 達みたいに、仲間と一緒にレースイベントに参加するのも、物凄く楽しそうで憧れます。

ヘタレ関係者にもシクロ感染者(観戦者でも可)が少しでも増えることを期待しつつ、続くあと4戦、頑張って参戦しようと思います

|

« GP-mistral 2012-2013 #2 試走&観戦編 (9/30) | トップページ | 月間走行距離(2012年09月) »

スポーツ(シクロクロス)」カテゴリの記事

SPECIALIZED CRUX 2013」カテゴリの記事

GP-Mistral」カテゴリの記事

コメント

三位おめでとうございます!!!!
レースの経過もちゃんと戦略的で格好いいっすw
自分は余裕なかったからな~

シクロってどうも子供の頃の自転車遊びそのものな感じですね。
みんなで街中駆け抜けて原っぱ突っ走って時には山も突き進んで。
ロードとは全然違う純粋な楽しさが分かる気がします^^
さすがに手は出せませんがww

今度はロードのレースでご一緒出来れば、ですね!
まずはまだご一緒ライドよろしくお願いしまっす。

投稿: yuu | 2012年10月 4日 (木) 08時52分

>yuuさん
ありがとーございます\(^o^)/

私も終盤は全く余裕無かったんですが、事前の試走とコースチェックを初めて真面目にやったお陰もあって、戦略的にレースをする「気分」を楽しめました。初心者でもそういう面白さを体感出来るんですから、良いカテゴリーですよね>GPMのエンジョイライド。

シクロクロスの楽しさは、正に仰る通りです BMXなんかも近いのかもしれませんが、テクニカルよりもフィジカルな方にCXは振れてる感じがします。また、元々の由来もあって練習や機材の面でもロードバイクとの親和性が高いので、皆さんも楽しめると思うんですけどねぇ

ライドの前に、今宵は飲み会ですね。では、後ほど

投稿: やまぞう | 2012年10月 5日 (金) 12時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GP-mistral 2012-2013 #2 エンジョイライド (9/30):

« GP-mistral 2012-2013 #2 試走&観戦編 (9/30) | トップページ | 月間走行距離(2012年09月) »