« 凹んだERATEHライド(1/27)&プライベートレッスン?ライド(2/02) | トップページ | シクロクロス東京2013観戦その1(2/09) »

2013年2月14日 (木)

ORBEA aqua TSR 2010 の10S化

Img_20130201_010608_2
急遽 SPECIALIZED CRUXSTIレバー(ST-5510)を供出し自走出来なくなっていたORBEA aqua TSR 2010 ですが、今度はそのCRUXリコール点検のため入院することになりジテツウ車が無くなってしまうので、急いでaquaを復活させる事になりました。

いや~、なんかだ妙に慌ただしい2月です

前々から完成車付属品のままだったクランクとBBを交換したかったのと、さっつんの友達さんから10S対応STIレバー(ST-4600)をそこそこの値段で購入出来たので、これを機に既に105(BR-5600)に換装済みだったブレーキ以外のコンポを全交換しました。

Img_20130131_193548
Kindle Fire HD と同様に、会社からのお小遣い(試験合格の報奨金)を投入して揃えたSTIレバー以外のコンポ一式。CRUXを組んだ時と同じく、Bicinet Sana で一気にポチリました

Img_20130203_191807
さっつんのお友達さんから購入した、中古のST-4600。重さは、ST-5510と大差無さそう。なお、ST-4600の特徴である触覚部分のアウターケーブルアジャスターとリーチアジャストブロックが欠品だったので、スモールパーツ扱いで別途手配しました。

当初はST-4600を使ってCRUXを10S化するつもりでしたが、色々有ってaqua用となりました。将来 CRUXを10S化する気になった場合は、もしかしたらコレ(Retroshift)を使うかもしれません。

Img_20130203_190540

ついでに、ステムも購入。一時的にTNi CNCステム(90mm)を付けてましたが、それも既にCRUXに転用してしまったので、今回改めて交換しました。Deda Zero 2 ステム(100mm)ですが、10mm長くしたのにTNiよりも更に軽く、値段も恐ろしく安かったです(3,360円)。カーボン率を上げる金銭的余裕は無いので、まぁ良しとしましょう

Img_20130203_225343

BBは、DURA-ACE SM-BB7900に交換。重さを測り忘れましたが、交換前のTIAGRA SM-FC4500よりは軽かったはず。回転も、きっとよりスムーズになるはず。既に型落ちとはいえ、ヅラなんだし…。

Img_20130203_230459Img_20130203_230350
クランク。交換前のSORA FC-3450(170mm)と、交換用の105 FC-5750(165mm)。一世代違うとはいえ、ただのツーピースクランクからHOLLOWTECH IIに変わると、かなり軽くなるんですね

Img_20130203_231640
クランク挿入は、今回もすこっとと入ってしまいました。ゴムハンマー、またもや出番無し。BB、クランク軸、フレーム、全ての加工精度が良いって事ですかね

Img_20130203_232634Img_20130203_232724
FD交換は、ちょっとチョンボしました…。交換前のSORA FD-3400バンド式だと思い込んでたのですが、よく見たら直付+バンドアダプターでした。交換用に購入したのは、FD-CX70(Down-Pull)バンド式

Img_20130203_234445
取り敢えずFD-CX70を取り付けてみたら、ボトルケージ用ダボと干渉して、FDの羽根をアウターチェーンリングから3~5mm以内に近づけられません

Img_20130204_224358
仕方ないので、バンド式のFD-CX70の使用は諦め、後日105 FD-5700(直付)を購入してきて、バンドアダプターを使いまわして取り付けました。SORA FD-3400(直付)より、12gの軽量化。なお、バンドアダプターを使っても、位置はギリギリでした

#バンド式のFD-CX70、必要な方がいらっしゃったらご連絡下さいm(__)m

Img_20130204_002750Img_20130204_002715
RDは、TIAGRA RD-4500-SSから、105 RD-5701-SSに交換。無理に変えなくても良かったのですが、最大30Tのスプロケに対応させたかったので、交換しました。

Img_20130204_235442
で、そのスプロケは、ULTEGRA CS-6700の12-23Tと12-30T をそれぞれ購入。チェーンの長さを12-30Tに合わせようと思って先に12-30T取り付けてみましたが、やはり30Tはデカかった

少し悩んだ上でチェーンの長さを110コマ+ミッシングリンクにしてみたのですが、それでもフロント・アウター(50T)×リア・ファイナルロー(30T)では短かめな感じ。

Img_20130205_031018
かといってフロント・インナー(34T)×リア・トップ(12T)ではこの写真の通りチェーン長すぎでRDのキャパ限界に見えたので、もう2コマ長くするのはやめました。12-30Tのスプロケ使う場合は、50×30Tの使用は厳禁と思っておいた方が良さげ。まぁ、実際使わないとは思いますけど。リア30Tが必要な状況では、とっととインナーに入れてるはずですしね。

#12-30Tを購入したのは、夏場の某ロングライドイベント(坂多め)への参加を想定したためです。

--------------------------------

ここまで組み上がった状態でスプロケを12-23Tに交換し、ジテツウに投入してみました。実走してみた結果、調整が難しいと言われる10Sでも変速はスムーズで問題無かったですし、クランク&BB交換の効果もあってか、ペダルが気持ち軽く回せる様になった気がしました

Orbea_aqua2013_03

遂にフレーム+フロントフォーク以外の全取っ替えが完了しましたが、SHIMANOがいう B互換な組合せが1箇所だけ残ってしまいました(ST-4600とBR-5600)。しかし、資金的に厳しいので、ブレーキ交換は当面止めておきます…。

#ブレーキシューをR55C2にしたせいもあってか、制動力不足の感が確かに有り。
#早めにR55C3に交換した方が、安心出来るかも。

コンポ交換後もZONDA+GP4000Sを履いたCRUX(8.2kg) よりは重たいはずですが、今後は平地練やロングライドではaquaを使おうと思ってます

|

« 凹んだERATEHライド(1/27)&プライベートレッスン?ライド(2/02) | トップページ | シクロクロス東京2013観戦その1(2/09) »

スポーツ(ロードバイク)」カテゴリの記事

ORBEA aqua TSR 2010」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ORBEA aqua TSR 2010 の10S化:

« 凹んだERATEHライド(1/27)&プライベートレッスン?ライド(2/02) | トップページ | シクロクロス東京2013観戦その1(2/09) »