ヘーベルハウス

2010年2月21日 (日)

3階ホール

久々の新居(?)紹介です。ようやく、3階に到達です。

今まで3階の写真は殆ど載せてませんでしたが、それには一応訳があります…。

P1000551
北側斜線カットの影響で狭すぎるので、うちにあるカメラではまともに室内が撮れないのです ちなみに上の写真は、北側のベランダドア方面を撮った図。

P1000548_2
反対方向。一時的に預かった実家の犬が暮らしてた南側の部屋も見えます。

照明は白熱灯色の蛍光灯ダウンライトなので、うちでは一番雰囲気のある場所なんですが…。

P1000549
現状は、ただの物置きですね 沢山あるダンボールは、本日嫁実家から搬入した雛人形。やたら数がありますが、どんなのが入ってるのかはやまぞうは知りません

P1000556
もう一度振り返って、北側方面。手前の両開きの建具の中は、階段上収納。その奥のロールスクリーンの中は、一般的な押入れです。

P1000554
やまぞう兄夫婦から譲り受けたベビーカーやチャイルドシートやらを、無理やり押し込んであります。階段上収納は下半分が使えないため、使い勝手や収納力に難ありです。なのに、何故か建具はフルサイズ。何でだろう!?

P1000555
奥の押入れにも、色々なものが押し込まれてます。

この押入れには何故か24時間換気の吸気口が設置されているのですが、引渡し直前に「収納の中に吸気口を設置するなんて、聞いてない。仕舞った物が湿気にやられたらどうするんだ」と嫁が設計Y内さんにブチ切れた曰く付きの場所でもあります(やまぞう的には吸気口を締めれば良いだけなので、どうでも良い)。今となっては、懐かしい思い出ですね~。

以上、久々の新居紹介でした。あー、広角レンズが欲しい…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月11日 (金)

脅威の温度差

Amedas_2

上のグラフは、昨日の近所のアメダス(所沢)の記録です。

昨日のランチ中、嫁から「3階はすごく暖かいよ~」なんてメールが届いたので、ふと気になって1階と3階の室温をそれぞれ聞いてみました。そしたら…。

  • 1階寝室: 14℃
  • 3階洋室: 24℃
    (どちらも14時頃の測定で、エアコンは朝から停止中)

なんということでしょう、温度差が10℃ もあります

日当たりが皆無で底冷えのする1階寝室は、室温と外気温がほぼ同じですね。一方、周囲に遮るものがなくカーテンを開ければ日差しが十分に入る3階は、対象的にポッカポカですよ。

うーん、ここまで温度差が大きいのであれば、産まれたばかりの赤ちゃんのことを考えたら寝室を3階に移した方が良いかもしれませんねー。ベッドの移動、大変そうだなぁ

なお、現在3階に間借りしている住民達は、今週末から来週中頃までに実家へ帰れる目処が立ちました。あー、良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月29日 (火)

ヘーベル研究所オフ会(9/26)

前記事の通り、9/26(土)にヘーベリアン主催のオフ会に参加してきました。

 
今回はただのヘーベリアン交流のためのオフ会ではなく、静岡県富士市にある、旭化成ホームズ住宅総合技術研究所の見学ツアー付きです。これは、非常に技術系ヲタ心を擽ります

#2006年以前の研究施設は、志村三丁目駅付近にあったんですね。知らなかった…。
#そっちだったら、かなり近かったのに(^_^;)


当初、身重の嫁は留守番させて単身日帰り参加しようと目論んでいたのですが、1人で遊びに行くのはずるい!!と猛反対され、沼津泊の1泊旅行を兼ねて夫婦で参加しました

#それで嫁にブログバレしないよう、気をつけなければならなくなった訳です

 
当日朝は東京都下の新居を朝7時に車で出発したのですが、既に発生していた環八の渋滞にハマった(首都高5号線も事故渋滞してたので迂回も出来ず)お陰で、富士市の現地までは休憩込みで3時間半も掛かりましたが、集合時刻の午前11時には余裕を持って到着することが出来ました。

オフ会は、午前中と午後の一部が研究施設の見学、見学後はヘーベリアン同士の交流会という流れでした。ただし、研究所施設内は撮影禁止な上に、見学した研究内容のネットへのアップも原則禁止という制限がありましたので、ここに書けることは余りありません。ただ、やまぞう的には非常に満足できたと報告させて頂きます。

なお、施設内の写真と概要が下記ページに紹介されてますので、興味のある方はご覧下さい。本館展示コーナーには、最初期のヘーベルハウス実物カットモデルもあって、面白かったですよ。「商品の歴史と模型」紹介では、メーターモジュールの商品もごく短期間だけ存在したとの記述があったりと初めて知る「ヘーベル進化の歴史」も紹介されていて、そこだけでもかなり楽しめました。

旭化成ホームズ住宅総合技術研究所 (旭化成設計株式会社:実例紹介)
 http://www.asahikasei-sekkei.co.jp/works/15_jyutakukenkyujyo.html

 
研究所見学後の交流会は、「屋外研究・開発実証ゾーン」の中にある ファインキュービック(トップハット?付き)のプロトタイプ で行われました。昨年発表され春日部プチオフ会のネタにもなったファインヘーベルハウスのCMや広告で、実際に使われていた建物です。この建物の中は撮影許可OKだったのですが、うちのデジカメではまともに写真が撮れてないので、1枚だけ載せておきます。

Sany0669
建物見学を一通りした後は、こちらの和室でマッタリと過させて頂きました。kieさんkimiさんといったオフ会幹事の方々はリビングで現在建築中の方の図面を囲んであれやこれやと意見交換をされていたそうなのですが、その部屋はリアルに熱気が凄くて、とても後から参加出来る状況では無かったのです

和室組は、ねこねこさんご夫妻、おなべさんうえこさんkomotoさんご夫妻と、途中からkieさん達も合流されました。おなべさんは、かつてやまぞうがドキッとさせられた名言を「@ccess hebelian Vol.2」というカタログ上で語られてた方です。実際にお会いして、おなべさんのお宅が非常に参考になった旨をお伝え出来て良かったです。

持参したうちの図面も話のネタにして頂きながら盛り上がっていたら、あっという間に時間が過ぎてしまいました。リビング組の方々と殆どお話出来なかったのが心残りでしたが、楽しい時間が過せて良かったです。ネットがらみのオフ会に初参加した嫁も、退屈することなく過せた様でした。

オフ会終了後は、嫁の疲労具合が気になったので、皆さんに挨拶することなくさっさと撤収させて頂きました。申し訳ありません…。

オフ会幹事の皆さんや、ご案内して下さった旭化成ホームズ社員の皆さん、本当にお世話になりましたm(__)m

その後の沼津観光+αについては、また別記事で…。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2009年9月28日 (月)

オフ会帰宅報告&御礼

嫁は知らない 知られちゃいけ~ない~♪
やまぞうブログの 存在を~~~♪

ヘーベリアンブロガー&mixiヘーベルコミュニティー共催のオフ会に、やまぞうブログの存在を何故か知らない妊娠6ヶ月の嫁 を無謀にも連れて行った やまぞうです

事情を知っている方には、色々とお気遣い頂いてしまいました。面倒な参加者で済みません&本当にありがとうございましたm(__)m>参加された方々

沼津に1泊した後、日曜の夜に無事自宅に帰宅しております。夫婦ともに日曜日に少し余計に観光したせいで疲れてはおりますが、一応元気です。

取り急ぎ、帰宅報告でした。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2009年8月10日 (月)

含水率測定(8/10)

本日昼頃、5ヶ月ぶりに工事課Cさんに来て頂き、再び含水率を測定して頂きました。

#この件と嫁の定期健診があったので、今日は有休取っちゃいました。

雨上がりのお昼前で、3階の室温と外気温は共に約27℃、湿度80%という条件での測定です。測定箇所は前回(3/14)と同じで、結果は以下の通りでした。

  • 3階の天井(R階)  :  9~11% (前回19~21%) 
  • 1階の床ヘーベル版 : 18~20% (前回18%)

3階天井に関しては、良い感じで乾いてくれました。ここまで乾いていれば、仮に

天井裏(小屋裏)内の気温 と  or 外気温温度差

が大きくなったとしても、天井裏内で結露が発生する可能性は低くいだろうと考えます。

あとは、昨年頻発した 日中は35℃以上の猛暑日→午後はゲリラ豪雨で気温が急激に低下 という気象条件の日に、

  • 最上階の室温
  • 天井裏(小屋裏)内の気温
  • 屋根ヘーベル版の表面温度(室内側)
  • 屋根ヘーベル版の表面温度(屋外側)
    (または防水シート表面の気温)

をそれぞれ降雨前と降雨後に測定すれば何かが分かるんじゃないかとは思いますが、表面温度が測定できる温度計なんて持ってないので、自力ではちょっと無理です。0801仕様以前の陸屋根キュービックにお住まいで、かつ、測定機器をお持ちの方がいらっしゃいましたら、試しに測定して頂けると助かります。0807仕様(ファインヘーベル)以降にお住まいの方にも天井裏(小屋裏)内の気温を測定して頂けると、旧仕様と現仕様の比較が出来て更に良さそうですけどね(^_^;) 

#標準では小屋裏点検口が設置されないので、測定可能なお宅はかなり少なそうですが…。

それにしても、1階の結果は意外でした。住宅密集地でグランドレベルでは日当たりも風通しの悪い敷地なので、基礎の中の湿度が下がりにくく、ヘーベル版の乾きも悪いんでしょうね。とはいえ、20%程度の含水率であれば室内への悪影響はないと思います。

--------
 

という訳で、うちに関しては天井裏内での結露&カビの発生リスクは低そうです。今まで数々の情報提供をして下さいましたヘーベリアンブロガーの皆さん、及び、ヘーベル版の乾燥対策や含水率の測定にご協力頂いた旭化成ホームズ関係者の皆さん、本当にありがとうございました。

この記事を持ちまして、この件に関しては一先ず終了とさせて頂きますm(__)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月 5日 (日)

土曜日の日記(7/04)

  • 8時半に起床。
     
  • このところ体調不良の続く嫁を連れて、9時半に家を出る。
     
  • 嫁を掛かりつけの(嫁実家の近所)で降ろす。
     
  • 10時半、高島平のディーラーに到着。代車のスイフトを返却。
     
  • 11時過ぎ、SX4を受け取り、次の目的地の三芳へ出発。
    途中、嫁から「14時にへ迎えに来て欲しい」との連絡入る。
    時間が結構あるので、運転しながら寄り道先を考え、決める
     
  • 11時半過ぎ、5月に建替オープンしたヘーベル志木展示場に到着。ここは何故か、新座・志木界隈では売れて無さそうな 重量鉄骨「FLEX」 の展示場。今話題の「長期優良住宅」対応でも、5月発表の「デュラ光」 塗装でも無い。なんでだろう!? そんな疑問を遠慮なくぶつける、見込み客でも何でもないやまぞうに対しても、若い営業Tさんは丁寧に応対して下さいました。ありがとうございましたm(__)m
    Fig825 Fig826

    やまぞうの新居は、軽量鉄骨「キュービック」シリーズです。重量鉄骨は軽量鉄骨より坪単価が高いので、あまり売れてなさげです(やまぞう主観)。
     
    現時点では「FLEX」は次世代省エネ仕様未対応のため、最近話題の「長期優良住宅」(200年住宅)の認定も取れない模様。でも、営業さんから「そろそろ…」みたいな話は聞けました。
      
    現時点ではデュラ光は明色系にしか対応していないとのこと。ここの外壁色は「志野」と「枯葉」の組合せなのですが、「枯葉」がまだデュラ光に対応していないので、デュラ光対応塗装が塗れなかった模様。
     
  • 12時過ぎ、見学完了。まだまだ14時まで時間があるので、実家に寄る。
     
  • いつもの様に実家のイヌ・ネコと暫し戯れた後、今度こそ三芳へ出発
     
  • 13時過ぎ、三芳町総合運動公園に到着。試合の申込みを済ませ、に向かう。途中、ローソンでLチキと竜田揚げ串を購入。どちらも揚げたてで美味しかった
     
  • 13時半過ぎ、病院駐車場(ただし敷地外)に到着。駐車場から嫁実家の4~5軒先でやってるヘーベル新築工事現場で稼動中のクレーンが見えたので、暫し眺める。こんなにブーム伸ばしてるのに、ヘーベル版は高いとこまでは飛びませんでした。残念。
    Fig827
     
  • 少し寄り道して工事現場の入口を通ったら、うちの現場にも来られた警備&誘導のオバチャンに再会。向こうも覚えててくれました
     
  • ようやく病院に到着。点滴が終わるまで少し待った後、嫁を連れて帰宅。
     
  • 外は晴れてきたのにテニスに誘われてる訳でもなく暇なので、家庭菜園いじり開始。2週間振りに追肥しました。キュウリはようやく雌花が咲き、ナスは第二果が成長中です。
    Fig828 Fig829
     
  • 夕方、近所にスーパーが開店したのを思い出し、偵察がてら買い物に出撃。オープン記念で商品はメチャクチャ安かったですが、駐車場待ちを警戒して原付で行ったので、果物等を少しだけ買って退散。
     
  • 帰宅後、相変わらず調子の悪い嫁のためにメロンと桃を切った後、自分の晩飯を作る(&指先若干損傷)。今宵はキムチチャーハン。まぁまぁの出来でした
    (チャーハン、最近はガッテン流で作ってます)
     
  • 食べた後は、嫁がREGZAに録り溜めてたアニメを少し見る。3週連続で同じ内容を「エンドレス」で繰り返してる某アニメを見て、思わず吹きました

その後、洗い物を済ませてからはPCの前でダラダラ過ごし、現在に至る…。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年7月 1日 (水)

2階ベランダとベランダ屋根

Fig815
3階から見下ろした、うちの狭ーい2階ベランダです

見ての通りベランダ屋根や庇の類は設けておりませんが、嫁が洗濯物の雨よけの設置を希望したので、打合せ中は以下の3つの案を検討してました。

  • 案1: 躯体直結の付け庇を設置
  • 案2: 3階をキャンティにしてせり出させる
  • 案3: 社外品のベランダ屋根を入居後に設置する

案1は、うちの玄関先やこちらのお宅(←SDOのページです)に設置されてるものです。頑丈なのは間違い無いですが、この様に鉄骨まで入る庇はちょっと大仰かなと…。

案2は、せり出した分の3階の床面積を増やせるというメリットもあります。しかし、工事費アップもバカにならないので、営業Aさんにやんわりと反対されましたorz

また、案1・2とも、ベランダ全てを覆えるサイズ(出幅915mm)で設置すると「必要以上に日差しを遮り、2階リビングが暗くなってしまうのでないか?」という不安もありました。南側隣地の倉庫のお陰で、南面であっても日照条件があまり良くないのです。

#勿論2階なので、庭の花壇よりはマシな日当たりですけど。

なので、採光性を考慮された製品が多く、また、素人目には手軽に後付できそう 案3のベランダ屋根設置 が有力となっていました。嫁実家でもこの手のものを設置していたので、嫁の一押しでもありましたし。

 
…そして、新居着工後にトステムのショールームに行って相談してきたのですが、「ヘーベルさんのお宅には、うちの商品の取り付け施工は行っておりません。ヘーベルさんとご相談して下さい。」と、悲しい返答を頂きました。ヘーベル版(ALC)への取り付けは、強度や保証上の問題があるのだそうです

こうなると、もう面倒くさくなってしまい、ベランダ屋根の設置も諦めました
 

入居後の実情ですが、花粉シーズン(2月~4月末)や降水確率の高い日は、リビングに設置したホスクリーンを使って部屋干ししてます。ホスクリーンと物干し竿は、普段はリビングに設置しっぱなしです 
Fig816

それで今まで何とかなってるので、こんなにあーだこーだと悩む必要は無かったのかもしれませんね。ははは…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月23日 (火)

3階への階段(6/28写真追加)

Fig810_3
2階から3階を見上げてみました。

階段の最上段だけ踏み板が明るいですが、そこから先は床材を変えてるためです。3階はフレッシュバーチ(クリア)、3階への階段を含む1~2階はブラックチェリー(レディッシュブラウン)となってます。

Fig813
幅木の切り替えの様子。3階のフレッシュバーチ用の幅木が1段分だけ下りてますが、特に違和感ありません。当初はここだけブラックチェリー用幅木の取り付けをお願いしたのですが、かえって変だったので取り替えて頂きました

Fig814
見下ろした図。階段最上段の踏み板とフレッシュバーチのフローリング、ちょっと木目が違います。

3階の室内については、おいおいご紹介します(^_^;)

#部屋が狭過ぎて、うちのデジカメではまともな写真が撮れないんですよね…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月25日 (月)

FTTHギガビット化

5/07(木)から @nifty ひかりone ホームタイプ ギガ得プランへのプラン変更受付 が開始されたので、うちも早速プラン変更をしました。

Gigahgw_35/07(木)に料金プラン変更と ひかりone用ルータ(KDDIレンタル品)交換の申請を行ったところ、5/10(日)に1Gbps対応の新ルータが届きました。

ONUは回線開通時から1Gbps対応のものが設置済みでしたので、届いたルータを旧ルータと入れ替えるだけでギガビット化は完了です

ルータ交換前の回線速度(BL170HV

===== Radish Network Speed Testing Ver.4.0.5β - Test Report =====
使用回線:au ひかりoneホーム
プロバイダ:@nifty
------------------------------------------------------------------
測定条件
 精度:高 データタイプ:圧縮効率低
下り回線
 速度: 93.73Mbps (11.72MByte/sec) 測定品質:99.8 接続数:3
上り回線
 速度: 61.15Mbps (7.644MByte/sec) 測定品質:92.5 接続数:12
測定時刻:2009/5/7(Thu) 22:41
------------------------------------------------------------------
測定サイト http://netspeed.studio-radish.com/
==================================================================

ルータ交換後の回線速度BL190HV

===== Radish Network Speed Testing Ver.4.0.5β - Test Report =====
使用回線:au ひかりoneホーム
プロバイダ:@nifty
------------------------------------------------------------------
測定条件
 精度:低 データタイプ:圧縮効率低
下り回線
 速度: 558.9Mbps (69.86MByte/sec) 測定品質:95.6 接続数:2
上り回線
 速度: 63.08Mbps (7.884MByte/sec) 測定品質:85.7 接続数:8
測定時刻:2009/5/11(Mon) 0:59
------------------------------------------------------------------
測定サイト http://netspeed.studio-radish.com/
==================================================================

0707仕様のヘーベルでは、屋内LAN配線はCat.5eでの敷設が標準です。また、ONUやルータ付属のLANケーブルもCat.5eでしたので、結果的にONU~ルータ~情報分電盤内のギガスイッチ~PC間のLANケーブルは全てCat.5eになりました。それでも、下りは十分過ぎる実効速度が出ています

#情報分電盤内のギガスイッチは、新築祝いで頂いたものですm(__)m

上りはルータ交換前と殆ど速度が変わってませんが、普段は重いファイルを何処かにアップロードすることもないので、問題なしってことにしときましょう。

2006年8月まで実家で契約していたADSLの実効速度は1Mbps弱だったのですが、それが今やこんなスピードですよ。普及期に入ったFTTHの速度向上と低価格化は、恐ろしいもんですね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月12日 (火)

トイレのセンサー付き照明

久々のおうちネタです
 

トイレの照明ですが、「(やまぞうが)照明のスイッチをしょっちゅう切り忘れる!」との 嫁の告発 が打合せ中あったため、1階のみセンサー付きになってました。

なお、やまぞうとしては来客が主に使うであろう2階トイレもセンサー付きにしたかったのですが、例によって「お金が勿体ない」の一言で却下されましたorz

それはさておき、とにかく1階トイレはセンサー付き照明になったので「自動オン・オフしてくれるんで楽だなぁ♪」と打合せ当時は思ってました。
 

…が、倹約志向の強いうちの嫁のことです、そうは問屋は卸しません。入居前から、

1階トイレの照明は、普段は手動でオン・オフしなさい!

との指令が出ました。よーするに、嫁にとってトイレ照明のセンサーは、あくまでも 消し忘れ時のバックアップ という認識だったのです(-_-;)

そーいうことなら従うしかないので、お達し通りに壁にあるスイッチで手動オン・オフしていたのですが、入居前には気づかなかった問題が1つ発覚しました。うちが選んだコイズミ製のセンサー付き照明は、手動でオンにした後に人の動きが30秒間検知出来ないと自動オフになる仕様 だったのです。この 30秒 という数値は、設定変更が出来ません。

無検知時の自動オフ時間を設定する為のツマミはちゃんとあるのですが、その設定はセンサーで自動点灯した場合のみ有効とのことでした。常にセンサーで自動オン・オフで使用することを想定した製品なのでそうなってるんでしょうし、うち以外ではそれで全く問題ないはずです。

人の動きがないと30秒後に自動オフになるトイレ照明」、使ってみるとかなり鬱陶しかったです(+_+) トイレに入って静止してから30秒なんて、意外とあっという間なんですよ…。で、トイレの最中に照明が自動オフになることが頻発しましたorz

ちなみに、2階トイレはウォシュレット用コンセントの通電が来客時以外は切られているので、普段やまぞうは1階トイレを使ってます。一方、嫁は寝るとき以外は2階で生活してるので、1階トイレは殆ど使いません。なので、嫁の方は特にこの問題は気にしてませんでした。

嫁には問題なくても やまぞうにとっては鬱陶しくて堪らなかったので、結局工事課Cさんにお願いして、1階と2階のトイレ照明を入れ替えて頂くことにしました。消し忘れ時のバックアップ が無くなるので嫁は強く反対しましたが、今回は強気に押し切りました( ̄ー ̄)ニヤリ 

入れ替え作業は、工事課Cさんが手配された電気屋さんがやって下さいました。1階も2階もコイズミ製照明だったので天井への取り付け金具も同一で、作業自体は比較的簡単だった様です。これで、やまぞうは30秒で消えるトイレ照明から開放されました

#ただし、万一消し忘れた場合は、嫁からの強い叱責が飛んできます

Fig781
副次効果として、2階トイレは来客時はセンサーで照明の自動オン・オフ出来る様になりました(当たり前か)。2階トイレは照明スイッチが外から死角となる場所(来客用洗面台の右脇の壁)にあるので、お客さんが見つけられなくて困っているのを多々見かけてたのですが、それも解消です。

また、カバー形状の違いから、若干2階トイレ内が明るくなりました(フルカバータイプ→円筒形の底が開いているタイプに変わりました)。代わりに1階トイレが若干暗くなりましたが、来客用洗面台もある2階が明るくなった方が良いので、これでOKです

 

長々書きましたが、うち以外では参考にならなさそうな話でしたね。失礼致しました(^_^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧