新築工事06(躯体工事)

2008年9月30日 (火)

ネオマフォーム張替え(9/28)

雨の降る中行われた躯体工事の初日、2ヶ所だけ断熱材の「ネオマフォーム」が貼り付けられた鉄骨がありました。

Fig431
手前のビニールシートが邪魔で分かり辛いですが、玄関の両脇にある「03耐震要素」に、ピンク色のネオマフォームが既に貼ってあります。出荷段階で貼ってありましたので、この時は既に雨に濡れてました。

ネオマフォームは吸水性は低いので少々の水濡れは問題ないらしいのですが、切断面は水濡れにより変色したり脆くなる等の劣化が発生する場合があるとのことです。

Fig432
躯体工事の初日はこの状態で作業が終わったので、翌日まで雨ざらしになってしまいました。また、翌日も雨だったので、ネオマが乾く前に外壁ヘーベルが取り付けられてしまいました。

ネオマ自体の性能劣化と、ネオマと外壁の間に閉じ込められた湿気がカビの原因になるのでは?、という懸念を工事課Cさんにお伝えしたところ、結局ここのネオマについては交換して頂けることになりました。

交換は9/28(日)にやって頂けた様で、その時の様子が工事課Cさんよりメールで届きました。

Fig433 Fig434
(左)外壁が外され、(右)濡れたネオマが剥がされました。

Fig435
03耐震要素に、新しいネオマが貼り付けられました。真ん中の2本が剥がされた濡れたネオマだと思われますが、向かって左側のは全体的に変色してます。ネオマ表面は防水処理がなされてる様なのですが、それでもここまで変色するんですね…。

Fig437
外壁が再度取り付けられ、作業完了です。お疲れ様でしたm(__)m

  • 水濡れに対して、自分達が神経質になり過ぎてないか?
  • この手順で交換可能なのであれば、何故外壁取り付け直前にネオマを貼り付けなかったのか?
    (躯体屋さんだけでは、ネオマの貼り付けは出来ないのかな!?)

といった疑念疑問は残りますが、とりあえずは良しとしましょう。でも、この作業が行われた日の夜から、現場ではまた雨が続いています。悲しいなぁ(><)

仕事の都合で9/29・30の両日とも現場見学に行けなかったので、明日10/1(水)こそは様子を見に行きたいんですが、ちょっと厳しいかも(-_-;)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年9月24日 (水)

躯体工事その4(09/24)

久々の、昼休みの現場突撃です

今日は、2階・3階の目地埋め作業がなされていました。なお、今回の写真はデジカメを忘れたので、京ぽん改(WILLCOM WX300K)のしょぼいカメラで撮りました。お見苦しい点、ご了承をm(__)m

Fig401
3階は、既に目地埋め作業が完了してました。床のグレーの筋が、モルタルで埋めた所です。外壁が入りました。3階、この段階でも十分狭苦しさを感じるんですが、内装工事終わったらどうなるんだろう…。

Fig402 Fig403
2階は、丁度作業中でした。玄関先で練ったモルタルをバケツに入れ、仮設したウィンチで2階に引き上げてました。

明日は1階で給排水配管工事が行われる予定のため、1階の目地埋めは後日行われるとのことでした。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008年9月23日 (火)

躯体工事その3(9/20)

遅くなりました、9/20(土)の躯体工事の続きです。

Fig381
1階の内部を見学している間に、吹き降ろし屋根の屋根下地材の設置が進んでました。
なお、この部分へのコロニアルの設置は、また後日となるようです。

Fig382 Fig383
続いて、3階用のサッシが届き、また飛びました。

サッシの設置が終わった時点で、既に15時半前でした。職人さん達、ようやく午後の休憩です。上から降りてきた職人さん達に差し入れの飲み物を渡し、躯体屋さんの親方の許可を得て、2階・3階にも上がりました!

まず3階に上がりました。

Fig385 Fig384_2
まだ、外壁が入ってないので、見晴しが良いです♪

Fig386
天井には、ちゃんとTMDが収まってました。

Fig389
斜線カット対応の吹き降ろし屋根の室内側。トップハットと同じ角度です。

Fig388_2
波板ビュー、その1。 隣の作業所?か何かの屋根がちょっと煩いかも。

さて、3階はこれくらいにして、2階に下りましょう…。

Fig390
波板ビュー、その2…。リビングの24幅掃き出し窓の外は、一面波板でした(><)

この掃き出し窓、嫁が「絶対、カスミガラスにした方が良い!」と強く主張したのですが、「幅広の大きい窓を入れたのに、カスミにするなんて意味分からん(-_-#)」とやまぞうが反対して普通のガラスにしたのですが、こんな景色しか見えないのなら、カスミでも良かったかな(-_-;) すまぬ、俺が悪かったm(__)m>嫁

Fig391
リビング・ダイニングの床。床暖房を入れるので、段差が付いてます。

Fig392
2階のベランダでーす。まぁ、普通ですね。今の賃貸よりは出幅が少ないかも…。

こんな感じで、中の見学は終了。続いて、3階の外壁の取り付けです。

Fig393
再び、ヘーベル版が飛びました! 部材が飛ぶのは、これで最後です。

Fig394_2 Fig395

Fig396 Fig398
こんな感じで親方達とクレーンのオペさんが協力しながら作業し、ほぼ全ての外壁の取付けが終了しました!

Fig397
はい、出来上がり
この角度から見れば、そんなに変な形ではないですね(^_^;)

Fig3991 Fig3992
Fig3993_2 Fig3994_2

作業が終わったので、ラフタークレーンは撤収です。この日は、切り返し無しで一発で出て来ました。凄いです! 

躯体屋さん達はクレーン撤収後も内部で残作業をされてましたが、やまぞうも用事があったため撤収しました。皆さん、ありがとうございましたm(__)m


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年9月22日 (月)

躯体工事その2(9/20)

9/20(土)の午後から、再び躯体工事の現場を見学してきました。

Fig371_2
現場に到着した13時過ぎの時点では、ここまで出来上がってました。1階・2階の外壁やサッシの組み付けは終了し、3階も鉄骨は組み上がってました。

到着直後、鉄骨屋さんに呼ばれたので見に行ってみると…。
Fig372
さぁ、なんでしょう!?

Fig373_2
F1のタイヤと同じくブリヂストン製で、ゴムや金属バネの緩衝装置の様なものが見えますね~。

答えは、TMD と呼ばれる緩衝装置(建物の揺れ止め)です。チューンド・マス・ダンパーの略だそうです。

#マスダンパー、F1では2006シーズンに色々と話題になりました。

ヘーベルでは風の影響を受けやすい形状をした3階建ての場合に設置される、強風など外部要因による振動の影響を和らげるための装置です(地震にもある程度効果あり)。重量が620kgもあるのですが、うちの場合はこれを3階の天井部分に設置します。建物の重心が上がっちゃう気がしますが、それでもちゃんと効果があるようです。
(強風の日に見学した街かど川越藤間も、確かに3階で揺れは感じませんでした)

Fig374 Fig375
これも空高く飛んだ後…。

Fig376
無事、3階に到着しました。この後、固定作業が行われましたが、他の部材と較べて明らかに作業に時間が掛かってました。鉄骨屋さん曰く、「武蔵野や東京西のエリアでいつも仕事してるけど、これは滅多に出ないんだよ!」とのことで、躯体屋さんの方もあまり扱いに慣れてる訳ではないそうです(^_^;)

また、同じく鉄骨屋さん曰く、

これ、自動車1台と同じ値段 らしいんだけど、聞いてた!? 

いいえ、全く全然知らなかったんですが…(@_@;)
 

どおりでうちの躯体工事費、高かった訳だ…。

----

その後、屋根材の取り付けが始まったのですが、鉄骨屋さんに中の見学をしてきたらとお勧めされたので、レッカーのオペさんの無線で躯体屋さんの親方を呼び出して頂き、1階だけ見学しても良いとの許可を頂きました。

前回は中に入ってないので、初突入です!!!

Fig377
ただ、すごく暗くて狭いので、ご披露出来る様な写真は撮れておりません(-_-;)

Fig378
階段途中から見下ろした玄関です。玄関ドアが開いてれば、意外と明るいかも。玄関ドア枠の両側に見えるのが「03耐震要素」です。階段の目の前にあるハイパークロスの、幅狭バージョンですね。

玄関ドア枠と、その両脇の03耐震要素には既に断熱材「ネオマフォーム」がはまっているのですが、20日朝までの雨のお陰で既に濡れてしまってます。ネオマは断面からは水を吸ってしまうのですが、さてどうするのでしょうか!?

Fig380 Fig379
1階南側の掃き出し窓から見た「」です。非常に狭いです(><) ただ、東側の隣地が開けてるので、午前中は意外と明るそうです。また、2階のベランダ(出幅915mm)が被さってるので、小雨程度までなら洗濯物が干せそうでした。2階ベランダ床をグレーチングに変えてれば、もうちょっと明るくなったのかなぁ~。

(長くなったので、その2-02 へ続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月21日 (日)

あれれ?

Fig363
あれれ、なんか微妙に立面図とは見た感じが違う様な…。
(躯体工事3日目の記事は、また後ほど書きますm(__)m)

(9/21・21時追記)

何に違和感を感じてたかといいますと、道路レベルから正面を眺めると立面図では見える吹き降ろし屋根が殆ど見えず、逆L字の変なデザインな建物に見えてしまう ことに対してです(^_^;) 天空率を意識して設計しているので、ある意味設計意図通りの見え方なんですけどね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年9月19日 (金)

躯体工事その1(9/18)

9/18(木)、雨の中でしたが躯体工事が始まりました!!!
現場見学は、午前・午後の2回に分けてしてきました。

まず午前。到着が11時頃だったので、1階の南側がおおよそ組み上がってました。

Fig341 Fig342
ラフタークレーン(TADANO CREVO 120)が、狭いビルトインガレージ予定地に乗り入れて、せっせと作業してました。

Fig343 Fig344
ブームの途中に間接がある「ピタゴラス」では無かったのですが、養生した電線にブームを軽く接触させながらも、電線の間隙を縫って梁やらバスケットやらを吊り上げてました。凄いなぁ~!!!

午前中は20分位の見学でさっさと撤収して、田無の法務局へ移動。用事を済ました後、13時半過ぎから見学を再開しました。

Fig345_2 Fig346
この時点では、1階の躯体が完成してました。

ちょうど、2階用の床ヘーベルがトラックで搬入されたので、これから定番のものが飛びますよ~。

Fig347
床ヘーベル、吊りました。

Fig348
電線の上、12m付近を飛び越えます!

Fig349
ブームが旋廻して、電線越えました~。

Fig350
無事、設置場所に届きました(^O^)

Fig351 Fig352 Fig353
Fig354 Fig355 Fig356
設置場所付近に置かれた床ヘーベルは、クレーンとトビさんが連携して敷き詰められました。

この後も、1階用のサッシ類や2階用の柱が飛びました。
Fig357 Fig358_2 Fig359_2
それぞれ、シャッターボックス付き引き違い窓、縦すべりの小窓、玄関ドアの枠です。

Fig360
制震フレーム「ハイパークロス」も空高く飛び…。

Fig361 Fig362
2階に据え付けられました。

この日の作業は、2階の柱が全て建ったところで概ね終了でした。ラフタークレーンも4WS(4輪操舵)を駆使して何度も切り返し、ブームを徐々に収納しながら撤退していきました。

その後、躯体屋さんの親方を捕まえて中を見学させて頂こうと思ったのですが、残作業(ボルト締めや防錆塗装の上塗り?)で忙しそうでとても声をかけられる状況ではなかったので、泣く泣く撤退しました(><)

仕事の都合で躯体工事2日目は見に行けなかったので、明日(9/20)3日目に再び見学に行く予定です。

心配していた台風13号は、加速して早朝に関東を抜けてくれそうなので、作業は恐らく行われるでしょう♪

| | コメント (5) | トラックバック (0)

遅くなりました…。

Fig331_2
今から、昨日の躯体工事初日の記事を書きますm(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月18日 (木)

台風13号接近…。

本日9/18(木)からの3日間の予定で、新居の躯体工事(鉄骨・外壁・サッシ等の組み立て)が行われる予定です。が…。

Typha
えーと、この進路予報によると、20日(土)未明以降に関東直撃ってことですかね!? うーん、正直勘弁して欲しいです(ーー゛)

21日も出かける予定あるのにな~。一体、どうなっちゃうんでしょうねぇ(-_-;)

#そして20日の朝、成田から旅行に出かける嫁の運命は…。

| | コメント (4) | トラックバック (0)