新居打合せ(空調設備)

2008年10月13日 (月)

木工事その1(10/10)

10/10(金)の午後、半休取って法務局に行く前に、少しだけ現場に寄りました。

玄関前には…。

Fig481
ユニットバスのバスタブが立掛けてありました。

Fig482

Fig483

Fig484
それぞれ、1階、2階、3階の様子です。各階とも大工さんが入られて、木枠の設置が行われてました。また1階は、並行してユニットバスの設置作業中でした。

2階・3階には既にセルフレベラーを流してありましたが、蒸し蒸しする様な湿気は感じませんでした。湿気対策、うちの場合は神経質になる必要なかったのかも…。あと、1階・2階の外周部の梁にはネオマが貼ってありますが、3階の梁には貼ってないのが分かりますでしょうか?(断熱工事の記事は修正しましたm(__)m)

10/07(火)~10/09(木)?の間に配線・配管工事が行われてますので、電気関係の配線や給排水管の設置、セントラル排気扇本体とダクトの設置、エアコンの隠蔽配管も完了してました。

Fig485 Fig486
3階天井に設置されたセントラル排気扇と、そのダクトの敷設状況です。

Fig488_2
ユニットバスの上の給排水管(サヤ管)とサヤ管ヘッダー。サヤ管とヘッダーは、まだ未接続でした。

Fig489 Fig490
3階に設置するエアコン用隠蔽配管の様子。3階床下(2階天井裏)に落としてから、3階ベランダまで持っていってます。うちが購入したエアコンは許容配管延長10mの機種(AN22JNS-W)だったのですが、敷設した隠蔽配管の延長は10m60cmになってしまったとのこと。地鎮祭の日(8/18)に、購入した機種をメールで連絡してあったのになぁ~。

3階南側用のエアコン、許容配管長10mの機種を買いました。隠蔽配管で室外機を北側ベランダに設置する場合、配管長10m以内で収まりますか?

と事細かにメールで書いて伝えなかった やまぞうが、きっと悪いんですよね…。当初は2段架台を利用して露出配管で2階南側のベランダに設置する予定だったのを、色々あって急遽隠蔽配管に変更したので、口頭でやり取りしちゃったんですよね(-_-;)

ま、60cmなら誤差みたいなもんなので、実害は無いとは思いますけど(-。-)y-゜゜゜

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年10月 2日 (木)

24時間換気システム

2003年7月1日以降、シックハウス症候群対策のため、住宅には24時間換気システムを設置することが義務付けられました。

ヘーベルの場合、建築時期によって24時間換気システムのタイプは異なる様ですが、うちの場合は ダクト式の第三種換気システム が付く予定です。

※第一種・第二種・第三種の違いは、こちらのページを参照してください。

Fig441
上の図の様に 最上階の天井 排気口 が付けられ、そこからダクトを通って集められた空気が最上階天井内に設置される セントラル排気扇 からまとめて排出されます。外気の給気については、各部屋の外壁に取り付けられた給気口 からの自然給気となります。

さて、そこで1つ疑問があります。上記の図の通り最上階にしかセントラル排気扇が設置されないので、下の階の空気は階段経由で吸い上げることを想定しているようです。2階建てならそれでも換気能力は問題なさ気ですが、うちの様な3階建ての場合はどうなるのでしょう? 1階の空気を、本当に3階天井裏にあるセントラル排気扇で吸い上げてくれるのでしょうか!?

実は間取りの打ち合わせ中に設計Y内さんにその点について質問したことがあるのですが、「どーなんでしょうね、よく分かりません。」と非常に頼り無い返答が返って来たことがありました。その時は笑いながら相槌打ってましたが、内心こう思ってました。

んな、無責任な(ーー゛)

恐らく設計Y内さんは家全体の容積を計算し、その容積に見合った排気量を持つセントラル換気扇を機械的に選択されたのでしょう。でも、空気の流れは家の形状に大きく左右されるので、給気口・排気口を適切に配置しなければ計画通りの換気は行えないと思われます。

各フロアにセントラル排気扇があれば、確実な換気も期待出来るし、ドアのアンダーカットも不要になるはずですが、そうするとコストが高くなるので、ヘーベルの標準仕様はセントラル換気扇は1個のみ設置することにしてるんでしょうね。

ただ、うちの場合は1階にトイレとお風呂があるので、そこには個別排気扇が標準で付きます。更に、こちらの希望で洗面所にも追加設置します。なので、仮に3階に設置されるセントラル排気扇では換気出来なかったとしても、トイレ・お風呂・洗面所の3つの個別排気扇をフル運転すれば1階の換気は何とかなるかもしれません(玄関はヤバ気)。

とりあえず、

1階は換気出来ず、2階はソコソコ、3階は空気の流れ速すぎ(><)

なんて事にならないことを祈ってます(-人-)

(補足)

春日部プチオフ にご参加頂いた みどさんとあるけんさんkomotoさん のお宅は、給気口・排気口の両方にファンが付いている 第一種換気 が設置されているとのことでした。ファンの騒音スイッチの入り切りの面倒さ(個々の給気口・排気口にスイッチが付いてるため)・トイレやお風呂が寒くなる(排気扇があるため)等のデメリットはあるそうですが、各階毎の換気の確実さについては第一種換気の方が優れてるのではないかと思います。

#ヘーベルの第一種換気については こちらのブログ で詳しく紹介されてます。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年9月 5日 (金)

エアコン(その2)

その1 からの続きです。

変更契約の数日後、変更契約書を確認していてふと気づきました…。

室外機を2段重ねで設置するには 専用の架台 が必要となりますが、変更契約の中にその架台の部材費が含まれてませんでした。

ヘーベルでの設置工事費は、家電量販店の倍近い額 になります(ただし配管カバー付き)。そんだけの額を取るなら、これら部材費も設置工事費に当然含まれてるのだろうと、その時は楽観的に考えました。

--------

そして地鎮祭の日、何とな~く気になったので営業Aさんに聞いてみました。

設置工事費の中に、2段架台や風向調整板の費用は含まれてますよね?

あー、どうなんでしょう。すぐに確認してみますね…。

むむむ、なんか嫌な気配 が(ーー;)


そして1週間後(すぐじゃないじゃん)、営業Aさんからメールが来ました。

2段架台と風向調整板の費用、別途42,600円(合計)かかります。

えぇっ~~~!(ーー#)

後出しで金額上乗せするの、

もう止めてよ~!!!!!!

正直、そう思いました。説明不足については謝って頂けましたが、金額はこっち持ちとのこと。そう言われても、そんなもんに6畳用エアコン1台相当(量販店価格)の金額、払えません。

ぶちぶち怒ってへーベルに費用負担して貰おうかとも思いましたが、こちらで別の設置案を考えて営業Aさんに伝え、検証して貰いました。それが下の案です。

  • 1階寝室新築時に設置:室外機は庭先に設置
  • 2階 LD新築時に設置:室外機は2階ベランダ(風向調整板無し
  • 3階南側新築時に設置:室外機は3階ベランダ(隠蔽配管
  • 3階北側当面は設置しない:室外機は3階ベランダを予定

露出配管と隠蔽配管の価格差は1万円程度と以前伺ってたので、上記の様にしました。実際の価格差は8,000円でしたので、2段架台と風向調整板を買うよりは安くなります。心配なのは、3階南側の部屋から北側にあるベランダまで配管が敷設可能かどうかです。

その点を営業Aさんからエアコン設置業者さんに確認して頂きましたが、問題ないとの回答があったそうです。スペース的にも、将来は室外機2台を横並びで3階ベランダに置けるとのこと。

という訳で、この案で決定ですね。8,000円アップなら、こちらで負担しますよ(-o-)フンダ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

エアコン(その1)

■ 変更契約前のエアコン計画

営業Aさんのセールストークに乗せられ(?)、本体・設置工事ともヘーベルにお願いする予定でした。設置工事費を抑えるため、配管は全て露出配管です。それを前提に、室外機の設置位置も決めました。

  • 1階寝室新築時に設置:室外機は庭先に設置
  • 2階 LD新築時に設置:室外機は2階ベランダ(風向調整板装着
  • 3階南側当面は設置しない:室外機は2階ベランダを予定(2段重ね
  • 3階北側当面は設置しない:室外機は3階ベランダを予定

2階ベランダに置く室外機の「2段重ね 」と「風向調整板」は、広くない2階ベランダに室外機を2台設置するための、営業Aさんのアイデアでした。なお、風向調整板は、下段室外機の排気方向を上向きに調整するためのものです。

といっても、当面3階は無人となりそうなので、3階のエアコンは必要になったら購入・設置するつもりでした。

■ 変更契約時点のエアコン計画

変更契約の直前に、設計Yさんから「3階南側の部屋は、足場がないと配管工事が出来ないですよ」との指摘が入りました。

#テニス仲間の電工屋さんにも図面を見せて助言を求めたら、設計Yさんと同意見でした。

ということは、将来設置する際はわざわざ足場を架けることになります。それなら、新築工事中に設置して頂いた方が割安になります。

なので、下記の様に設置計画を変更し、更に本体は施主支給に変更しました。
(割高なヘーベルのエアコンを3台も買う予算は、うちには無かったため)

  • 1階寝室新築時に設置する:室外機は庭先に設置
  • 2階 LD新築時に設置する:室外機は2階ベランダ(風向調整板装着
  • 3階南側新築時に設置する:室外機は2階ベランダ(2段重ね
  • 3階北側当面は設置しない:室外機は3階ベランダを予定

(長くなったので続く)

| | コメント (3) | トラックバック (0)