新居紹介

2010年2月21日 (日)

3階ホール

久々の新居(?)紹介です。ようやく、3階に到達です。

今まで3階の写真は殆ど載せてませんでしたが、それには一応訳があります…。

P1000551
北側斜線カットの影響で狭すぎるので、うちにあるカメラではまともに室内が撮れないのです ちなみに上の写真は、北側のベランダドア方面を撮った図。

P1000548_2
反対方向。一時的に預かった実家の犬が暮らしてた南側の部屋も見えます。

照明は白熱灯色の蛍光灯ダウンライトなので、うちでは一番雰囲気のある場所なんですが…。

P1000549
現状は、ただの物置きですね 沢山あるダンボールは、本日嫁実家から搬入した雛人形。やたら数がありますが、どんなのが入ってるのかはやまぞうは知りません

P1000556
もう一度振り返って、北側方面。手前の両開きの建具の中は、階段上収納。その奥のロールスクリーンの中は、一般的な押入れです。

P1000554
やまぞう兄夫婦から譲り受けたベビーカーやチャイルドシートやらを、無理やり押し込んであります。階段上収納は下半分が使えないため、使い勝手や収納力に難ありです。なのに、何故か建具はフルサイズ。何でだろう!?

P1000555
奥の押入れにも、色々なものが押し込まれてます。

この押入れには何故か24時間換気の吸気口が設置されているのですが、引渡し直前に「収納の中に吸気口を設置するなんて、聞いてない。仕舞った物が湿気にやられたらどうするんだ」と嫁が設計Y内さんにブチ切れた曰く付きの場所でもあります(やまぞう的には吸気口を締めれば良いだけなので、どうでも良い)。今となっては、懐かしい思い出ですね~。

以上、久々の新居紹介でした。あー、広角レンズが欲しい…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 1日 (水)

2階ベランダとベランダ屋根

Fig815
3階から見下ろした、うちの狭ーい2階ベランダです

見ての通りベランダ屋根や庇の類は設けておりませんが、嫁が洗濯物の雨よけの設置を希望したので、打合せ中は以下の3つの案を検討してました。

  • 案1: 躯体直結の付け庇を設置
  • 案2: 3階をキャンティにしてせり出させる
  • 案3: 社外品のベランダ屋根を入居後に設置する

案1は、うちの玄関先やこちらのお宅(←SDOのページです)に設置されてるものです。頑丈なのは間違い無いですが、この様に鉄骨まで入る庇はちょっと大仰かなと…。

案2は、せり出した分の3階の床面積を増やせるというメリットもあります。しかし、工事費アップもバカにならないので、営業Aさんにやんわりと反対されましたorz

また、案1・2とも、ベランダ全てを覆えるサイズ(出幅915mm)で設置すると「必要以上に日差しを遮り、2階リビングが暗くなってしまうのでないか?」という不安もありました。南側隣地の倉庫のお陰で、南面であっても日照条件があまり良くないのです。

#勿論2階なので、庭の花壇よりはマシな日当たりですけど。

なので、採光性を考慮された製品が多く、また、素人目には手軽に後付できそう 案3のベランダ屋根設置 が有力となっていました。嫁実家でもこの手のものを設置していたので、嫁の一押しでもありましたし。

 
…そして、新居着工後にトステムのショールームに行って相談してきたのですが、「ヘーベルさんのお宅には、うちの商品の取り付け施工は行っておりません。ヘーベルさんとご相談して下さい。」と、悲しい返答を頂きました。ヘーベル版(ALC)への取り付けは、強度や保証上の問題があるのだそうです

こうなると、もう面倒くさくなってしまい、ベランダ屋根の設置も諦めました
 

入居後の実情ですが、花粉シーズン(2月~4月末)や降水確率の高い日は、リビングに設置したホスクリーンを使って部屋干ししてます。ホスクリーンと物干し竿は、普段はリビングに設置しっぱなしです 
Fig816

それで今まで何とかなってるので、こんなにあーだこーだと悩む必要は無かったのかもしれませんね。ははは…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月23日 (火)

3階への階段(6/28写真追加)

Fig810_3
2階から3階を見上げてみました。

階段の最上段だけ踏み板が明るいですが、そこから先は床材を変えてるためです。3階はフレッシュバーチ(クリア)、3階への階段を含む1~2階はブラックチェリー(レディッシュブラウン)となってます。

Fig813
幅木の切り替えの様子。3階のフレッシュバーチ用の幅木が1段分だけ下りてますが、特に違和感ありません。当初はここだけブラックチェリー用幅木の取り付けをお願いしたのですが、かえって変だったので取り替えて頂きました

Fig814
見下ろした図。階段最上段の踏み板とフレッシュバーチのフローリング、ちょっと木目が違います。

3階の室内については、おいおいご紹介します(^_^;)

#部屋が狭過ぎて、うちのデジカメではまともな写真が撮れないんですよね…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月25日 (月)

FTTHギガビット化

5/07(木)から @nifty ひかりone ホームタイプ ギガ得プランへのプラン変更受付 が開始されたので、うちも早速プラン変更をしました。

Gigahgw_35/07(木)に料金プラン変更と ひかりone用ルータ(KDDIレンタル品)交換の申請を行ったところ、5/10(日)に1Gbps対応の新ルータが届きました。

ONUは回線開通時から1Gbps対応のものが設置済みでしたので、届いたルータを旧ルータと入れ替えるだけでギガビット化は完了です

ルータ交換前の回線速度(BL170HV

===== Radish Network Speed Testing Ver.4.0.5β - Test Report =====
使用回線:au ひかりoneホーム
プロバイダ:@nifty
------------------------------------------------------------------
測定条件
 精度:高 データタイプ:圧縮効率低
下り回線
 速度: 93.73Mbps (11.72MByte/sec) 測定品質:99.8 接続数:3
上り回線
 速度: 61.15Mbps (7.644MByte/sec) 測定品質:92.5 接続数:12
測定時刻:2009/5/7(Thu) 22:41
------------------------------------------------------------------
測定サイト http://netspeed.studio-radish.com/
==================================================================

ルータ交換後の回線速度BL190HV

===== Radish Network Speed Testing Ver.4.0.5β - Test Report =====
使用回線:au ひかりoneホーム
プロバイダ:@nifty
------------------------------------------------------------------
測定条件
 精度:低 データタイプ:圧縮効率低
下り回線
 速度: 558.9Mbps (69.86MByte/sec) 測定品質:95.6 接続数:2
上り回線
 速度: 63.08Mbps (7.884MByte/sec) 測定品質:85.7 接続数:8
測定時刻:2009/5/11(Mon) 0:59
------------------------------------------------------------------
測定サイト http://netspeed.studio-radish.com/
==================================================================

0707仕様のヘーベルでは、屋内LAN配線はCat.5eでの敷設が標準です。また、ONUやルータ付属のLANケーブルもCat.5eでしたので、結果的にONU~ルータ~情報分電盤内のギガスイッチ~PC間のLANケーブルは全てCat.5eになりました。それでも、下りは十分過ぎる実効速度が出ています

#情報分電盤内のギガスイッチは、新築祝いで頂いたものですm(__)m

上りはルータ交換前と殆ど速度が変わってませんが、普段は重いファイルを何処かにアップロードすることもないので、問題なしってことにしときましょう。

2006年8月まで実家で契約していたADSLの実効速度は1Mbps弱だったのですが、それが今やこんなスピードですよ。普及期に入ったFTTHの速度向上と低価格化は、恐ろしいもんですね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月27日 (金)

外構フェンス工事

3/10~13に、隣地境界へのフェンス設置工事が行われました。工事は、東京ヘーベリアンセンター(都内各支店ホームサービス課共通のコールセンター)に発注しました。

入居から約3ヶ月後の工事となりましたが、そうなったのは色々と事情がありました…。まず、うちの隣地境界の状況について説明します。

古屋解体前の敷地境界は、

  • 東面: 隣地境界の内側に ブロック塀2段鉄製フェンス
         (隣地側は何も無し)
  • 南面: 隣地境界の内側に ブロック塀2段鉄製フェンス
         (隣地側は波板フェンス設置)
  • 西面: 隣地境界の真上に ブロック塀1段
         (フェンスは無し・途中にお隣さんが設置した門扉あり)

という状況だったのですが、既存の鉄製フェンスが錆びて朽ち果てていた為、解体時に全て撤去しました。また、お隣さんが敷地を跨いで設置した門扉も、工事に支障があったため一時撤去しました。

また、上記の通り西面には元々フェンスが無かったのですが、

  • 古屋が東面・西面とも境界ギリギリ(約15cm)まで建っていた。
  • 西隣のお宅も境界から約50cmしか離れていないが、境界と建物の間に自転車2台を縦列に駐輪していた。

という事情があったためです。それ故、お互いに境界のブロック上を南面に移動する時などの通路として共用していました。うちの敷地にあった古屋と西隣のお宅は約30年前にほぼ同時に建ったそうなのですが、その当時からの取り決めだった模様です。

うちとしては、新居は民法の隣地境界規定を満たす様に建て直した(東面は80cm、西面は50cm境界から離しました)ので、西面の共用状況はフェンスを設置することにより解消したいと思ってました。ただ、お隣さんがどの様に主張してくるか分からなかったので、入居してから1ヶ月程、様子を見ました…。

そしたら、案の定、西側のお宅のお子さん&そのお友達がうちの敷地を通りぬけて遊びまわる光景を、嫁が頻繁に目撃することになりました。こりゃ早めにフェンスを設置しなくてはダメだ と思い、年明け後すぐに東京ヘーベリアンセンターに電話して、フェンス設置工事の見積依頼をしました。

また、並行して西側のお隣さんとも話し合いをし、道路側から約3m(自転車2台分)より奥側に関しては費用折半でフェンス設置(&門扉取替え)をすることにあっさり合意して頂けました。特に揉めなかったのは、新築工事中に工事課Cさんからフェンスを建てる意思があることを伝えて頂いてたのと、うちの敷地へのお子さんの侵入に困っていることを 撤去した門扉とビニール紐で西側通路の一部を塞ぐこと で意思表示していたからですかね。撤去した門扉を勝手に一時拝借したのでお隣さん的にはご不満もあった様ですが、そんな事は気にしてられません(^_^;)

その後、何故か見積りが提出されるまでに1ヶ月もかかり、発注してから工事着手までも更に1ヶ月、おまけに工事開始日の連絡ミスや1ヶ月点検とかち合って日程変更があったりと色々あり時間は掛かりましたが、無事工事は完了しました(-。-)y-゜゜゜

文字だけでは状況が分かりづらいと思いますので、工事後の写真載せておきます。

Fig771_2
西側境界の様子。道路側はフェンス無しで、以前と同じ共有状態が継続です。門扉は以前とほぼ同じ位置に新品を設置し直し、その奥からフェンスを設置しました。

Fig772
東側境界の様子。こちら側のお隣さんは、何故か道路側のみブロック塀を設置されてます。境界は、両者のブロックの間にあります。うちの自転車はここに置いて、普段は南面への通路を塞いでます。フェンスが無かった頃は、自転車を無理やり押しのけてお子様達は通行していたそうです(ーー;)

Fig773
南面その1。南側隣地側にも波板フェンスがありますが、うちのブロック塀との間に隙間があるため、お子様達はここも通過していました…。

Fig774
南面その2。古屋解体前は、写っている範囲一帯にアジサイとドクダミが茂り、蜂の巣もありました。このスペース、今後はどうしましょうかね!?

--------

という訳で、最後まで残っていたフェンス設置工事も終わりました。
うちの新築工事も、これにて全て完了です(^o^)/

ちなみに、フェンス設置の効果は一応あったようで、お子様の敷地の通り抜けは無くなった模様です。

#あとは 前記事に書いたことが再発しなければ一安心なんですが(^_^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月10日 (火)

キッチン

Fig751_2
ヘーベリアンな奥さまがた、お待たせ致しました(!?)。キッチンの紹介です。

#こういうとこは、嫁にばれないようにこっそり写真を撮るのが大変なのですよ。

うちは パナソニック電工のGENEO (既に廃盤)を採用しました。面材の色や取っ手の種類、キッチン照明、天板やシンクの種類等、殆どが嫁のチョイスです。

Fig752_2 Fig753_2
うちで採用したGENEOシリーズの特徴は、この 双子スライド収納 ぐらいですかね 入居以降、やまぞうはほぼ料理をしていないので、システムキッチンの使い勝手の良し悪しについてはコメント出来ませんm(__)m

1枚目の写真で気づかれた方もいらっしゃるかもしれませんが、食洗機はありません。嫁・やまぞうの実家とも食洗機がただの鍋&フライパン入れとなっており、うちでもそうなるだろうと2人とも漠然と思ったので、設置しませんでした。そんな訳で、食器は普通に手で洗ってます。

Fig754_2
その代わりに設置したのが、この 電動昇降食器乾燥機 です。これがあれば、水切りラックが不要になるので、キッチン周りがすっきりします。というか、するはずでした…。

でも、何故か賃貸で使ってた水切りラックを、未だ継続利用しています(写真1枚目参照)。電動昇降食器乾燥機の方は、全く使われてません(-_-;)
 

Fig755
天板はホワイトの人工大理石、シンクはステンレス(スキマレス仕様)です。ヘーベルの0707仕様では "スキマ有り仕様" だったのですが、僅かな特注費でスキマレスに変更して頂けました。

Fig756
コンロは、掃除のし易さ のみを理由に IHにしました。オールメタル対応・3口IH・75cm幅のパナソニック(旧松下電器) 「KZ-TSW33E」です。ヘーベル標準品にはこの仕様が無かったので、施主支給しました。某「テニス仲間の電工屋さん」から安く販売して頂けたので、結果的にコストダウンにもなったので良かったです。

このIHの唯一の難点は、パナソニック電工のレンジフードと連動してくれないこと。同じパナソニック系列の製品なんだから、連動してくれたっていいのにorz

#パナソニック電工の製品で揃えると、IHの加熱開始時に自動でレンジフードの換気扇が起動します。
 

Fig757
色々あって資金的に力尽きたので、背面収納は購入せず、賃貸で使っていた食器棚を設置しました。奥のは無印のカップボード(恐らく廃盤)、手前のは実はリビングのTVボードと同シリーズのAVラックです(^_^;) 両者の色調が
微妙に違いますが、そこは仕方ないので我慢です(-o-)
 

Fig758
最後にゴミ箱です。ゴミ箱収納スペース付きの背面収納を設置しなかったので、キッチン入口脇の僅かなスペースに、ギリギリ収まってます。この角度でみれば、何の変哲の無い、普通の分別ゴミ箱なのですが…。
 

Fig759
蓋にはゴミの分別方法&ゴミ収集日の案内が ドーン と貼ってあります。

何も、ここに貼らなくても良かろうに(-_-;)
 
 

以上、あまり気乗りしないキッチン紹介でした。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年3月 6日 (金)

LAN配線図(家電関連のみ)

需要があるかどうか分かりませんが、一応載せておきます(^_^;)

Fig740

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 2日 (月)

2階廊下の照明

前記事に続いて、今度は2階廊下の照明についてです。

Fig733
図面上には「廊下」と記載されてますが、リビングとは区切られてはいないので、廊下と呼んでいいのか良く分からない中途半端なスペースです。ちなみに、右手にちらっと見えてるのがキッチン、突き当たりが2階のトイレ、トイレの手前左手には洗濯機スペース(防水パン無し!)があります。

こちらは、当初は奥側のダウンライト(蛍光灯タイプ)だけ設置の予定だったのですが、1階廊下の増設をお願いした際に、同じく増設をお願いをしました。

なお、1階と異なり蛍光灯にしたのは、洗濯機スペースがあったり、右手のカウンターにFAX電話を置く予定もあったので、何か作業する際は点灯時間が長くなるかもと思ったからです。あと、周囲の照明の殆どが蛍光灯になったので、それにあわせるという意味もあります。
 

さて、ここの照明についての感想ですが、
 

ちょっと暗いなぁ~(-_-;)

 
でした。蛍光灯は 12W白熱灯60W相当)のが設置されてますが、地味に暗いです。配置も、手前も奥も明るくしたい場所(カウンターと洗濯機)からそれぞれズレているので、やっちまった感を増幅しています。カウンターと洗濯機の正面にダウンライトがあれば、少しはマシだったかもしれません。

将来、FAX電話をあれやこれやと操作したり何かメモを取ったりする際は、ちょっと目が疲れそうです。ダウンライトを2個設置してこの状況なので、当初案通りに1個だけ設置だったら、いったいどうなってたんでしょう(-_-;)

1階同様に60Wのクリプトン球のダウンライトだったら、現配置でも明るさは丁度良かったかもしれませんね~。1階とは別な方向に失敗しちゃったようです_| ̄|○

 

以上、「光源によってダウンライトの照度は相当変わるので、気をつけましょう!」というお話でした(^_^;)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年2月27日 (金)

1階廊下の照明

Fig731
寝室側から見た、1階の廊下です。廊下途中の左手には階段下収納(白い扉)、右手にはクローゼット(折り戸)があります。

そして上を見上げると…。

Fig732
廊下用のダウンライト(60Wのクリプトン球)が3つと、玄関灯(センサー付)が1つ、合計4つの照明があります。

-------- 

変更契約の時点では、インテリアアドバイザーS本さんの「この長さの廊下なら、ダウンライトは2つで十分明るくなりますよ」とのご意見に基づき、ダウンライトは2つだけの予定でした。

しかし、やまぞうは乱視のせいか薄暗いところが非常に苦手なので、暫く悩んだ上で「収納を使う時に薄暗いと嫌なので、ダウンライトを1つ増やしてください!」と、地鎮祭の日に変更をお願いしちゃいました。

 

…そして月日は流れ、引渡し日の夕方、初めて照明を点灯してみました。

#引渡し直前までコレがあったので、その時初めて3灯全てのダウンライトを点灯しました。

 

そして、真っ先に感じたのは、


この照明、明る過ぎだろ_| ̄|○


でした。 あ~、S本さんのご意見を信じるべきだった(-_-;)

クリプトン球って、小さくても強烈に明るいんですね。クリプトン球の照明が身近に存在しなかったので、ここまで明るいとは知りませんでした。あまりに明る過ぎるので、現在は一番玄関側のダウンライトの球を外してますが、それでも廊下は十分に明るいです

なお、白熱灯生産中止の声が聞こえてくるこのご時勢に蛍光灯ダウンライトにしなかった理由ですが、単純に「お金」の問題です。具体的数字は忘れましたが、ダウンライト本体の価格差は結構ありました。

#ただし、連続点灯時間が長くなりそうな場所については、蛍光灯ダウンライトも採用してます。

当面は1灯減灯で凌ぎ、そのうち球切れを起こしたら今よりもワット数が低い球に交換し、更に10年ぐらい後には蛍光灯orLEDダウンライトに照明本体ごと交換することになりますかね。

その頃には、蛍光灯orLEDダウンライトの価格も下がっていることでしょう(-。-)y-゜゜゜

(この話、一応続きます)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年2月 6日 (金)

フェンスドア

このところ嫁の評判が妙に高くて、微妙に妬ましいやまぞうです(-o-)
今回は、やまぞう発案で設置したアイテムをご紹介します。

Fig711
2階から1階に下りる階段の前に設置したフェンスドアです。
ヘーベル標準のFGタイプのドアをカットして作られてるそうです(by 設計Y内さん)。

Fig712
閉めた状態。ドアノブはないので、マグネットのドア受けが設置されてます。

Fig713
開いた状態。

Fig714
KAWAJUNのドアキャッチャー。うちで唯一のKAWAJUN製です(^_^;) どなたかのBlogで拝見して気に入ったので選定したのですが、今はそのBlogが見つかりません 読んで下さってるかどうか分かりませんが、今さながらお礼を申し上げますm(__)m

このフェンスドア、主に夏場の冷房効率アップの為に設置しました。エアコンの冷気が階下に下りるのを防ぐためです。元々はこれは3階に設置し、2階には引戸を設置する予定だったのですが、建築確認申請時に引戸が却下されたので、コールドドラフト対策のロールスクリーン(2~3階の階段前)とセットで2階に設置しました。

コレを提案したのは やまぞうですが、以前も書きました通り他社のパクリです(^_^;)

本当に冷房効率アップに役立つかどうかは夏まで分かりませんが、暖房運転時に閉めておくとリビングと階段室の間に温度差が生じてますので、どうやら暖房効率アップにも役立ってる様です
 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧