新居の点検・補修

2009年8月10日 (月)

含水率測定(8/10)

本日昼頃、5ヶ月ぶりに工事課Cさんに来て頂き、再び含水率を測定して頂きました。

#この件と嫁の定期健診があったので、今日は有休取っちゃいました。

雨上がりのお昼前で、3階の室温と外気温は共に約27℃、湿度80%という条件での測定です。測定箇所は前回(3/14)と同じで、結果は以下の通りでした。

  • 3階の天井(R階)  :  9~11% (前回19~21%) 
  • 1階の床ヘーベル版 : 18~20% (前回18%)

3階天井に関しては、良い感じで乾いてくれました。ここまで乾いていれば、仮に

天井裏(小屋裏)内の気温 と  or 外気温温度差

が大きくなったとしても、天井裏内で結露が発生する可能性は低くいだろうと考えます。

あとは、昨年頻発した 日中は35℃以上の猛暑日→午後はゲリラ豪雨で気温が急激に低下 という気象条件の日に、

  • 最上階の室温
  • 天井裏(小屋裏)内の気温
  • 屋根ヘーベル版の表面温度(室内側)
  • 屋根ヘーベル版の表面温度(屋外側)
    (または防水シート表面の気温)

をそれぞれ降雨前と降雨後に測定すれば何かが分かるんじゃないかとは思いますが、表面温度が測定できる温度計なんて持ってないので、自力ではちょっと無理です。0801仕様以前の陸屋根キュービックにお住まいで、かつ、測定機器をお持ちの方がいらっしゃいましたら、試しに測定して頂けると助かります。0807仕様(ファインヘーベル)以降にお住まいの方にも天井裏(小屋裏)内の気温を測定して頂けると、旧仕様と現仕様の比較が出来て更に良さそうですけどね(^_^;) 

#標準では小屋裏点検口が設置されないので、測定可能なお宅はかなり少なそうですが…。

それにしても、1階の結果は意外でした。住宅密集地でグランドレベルでは日当たりも風通しの悪い敷地なので、基礎の中の湿度が下がりにくく、ヘーベル版の乾きも悪いんでしょうね。とはいえ、20%程度の含水率であれば室内への悪影響はないと思います。

--------
 

という訳で、うちに関しては天井裏内での結露&カビの発生リスクは低そうです。今まで数々の情報提供をして下さいましたヘーベリアンブロガーの皆さん、及び、ヘーベル版の乾燥対策や含水率の測定にご協力頂いた旭化成ホームズ関係者の皆さん、本当にありがとうございました。

この記事を持ちまして、この件に関しては一先ず終了とさせて頂きますm(__)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月12日 (火)

トイレのセンサー付き照明

久々のおうちネタです
 

トイレの照明ですが、「(やまぞうが)照明のスイッチをしょっちゅう切り忘れる!」との 嫁の告発 が打合せ中あったため、1階のみセンサー付きになってました。

なお、やまぞうとしては来客が主に使うであろう2階トイレもセンサー付きにしたかったのですが、例によって「お金が勿体ない」の一言で却下されましたorz

それはさておき、とにかく1階トイレはセンサー付き照明になったので「自動オン・オフしてくれるんで楽だなぁ♪」と打合せ当時は思ってました。
 

…が、倹約志向の強いうちの嫁のことです、そうは問屋は卸しません。入居前から、

1階トイレの照明は、普段は手動でオン・オフしなさい!

との指令が出ました。よーするに、嫁にとってトイレ照明のセンサーは、あくまでも 消し忘れ時のバックアップ という認識だったのです(-_-;)

そーいうことなら従うしかないので、お達し通りに壁にあるスイッチで手動オン・オフしていたのですが、入居前には気づかなかった問題が1つ発覚しました。うちが選んだコイズミ製のセンサー付き照明は、手動でオンにした後に人の動きが30秒間検知出来ないと自動オフになる仕様 だったのです。この 30秒 という数値は、設定変更が出来ません。

無検知時の自動オフ時間を設定する為のツマミはちゃんとあるのですが、その設定はセンサーで自動点灯した場合のみ有効とのことでした。常にセンサーで自動オン・オフで使用することを想定した製品なのでそうなってるんでしょうし、うち以外ではそれで全く問題ないはずです。

人の動きがないと30秒後に自動オフになるトイレ照明」、使ってみるとかなり鬱陶しかったです(+_+) トイレに入って静止してから30秒なんて、意外とあっという間なんですよ…。で、トイレの最中に照明が自動オフになることが頻発しましたorz

ちなみに、2階トイレはウォシュレット用コンセントの通電が来客時以外は切られているので、普段やまぞうは1階トイレを使ってます。一方、嫁は寝るとき以外は2階で生活してるので、1階トイレは殆ど使いません。なので、嫁の方は特にこの問題は気にしてませんでした。

嫁には問題なくても やまぞうにとっては鬱陶しくて堪らなかったので、結局工事課Cさんにお願いして、1階と2階のトイレ照明を入れ替えて頂くことにしました。消し忘れ時のバックアップ が無くなるので嫁は強く反対しましたが、今回は強気に押し切りました( ̄ー ̄)ニヤリ 

入れ替え作業は、工事課Cさんが手配された電気屋さんがやって下さいました。1階も2階もコイズミ製照明だったので天井への取り付け金具も同一で、作業自体は比較的簡単だった様です。これで、やまぞうは30秒で消えるトイレ照明から開放されました

#ただし、万一消し忘れた場合は、嫁からの強い叱責が飛んできます

Fig781
副次効果として、2階トイレは来客時はセンサーで照明の自動オン・オフ出来る様になりました(当たり前か)。2階トイレは照明スイッチが外から死角となる場所(来客用洗面台の右脇の壁)にあるので、お客さんが見つけられなくて困っているのを多々見かけてたのですが、それも解消です。

また、カバー形状の違いから、若干2階トイレ内が明るくなりました(フルカバータイプ→円筒形の底が開いているタイプに変わりました)。代わりに1階トイレが若干暗くなりましたが、来客用洗面台もある2階が明るくなった方が良いので、これでOKです

 

長々書きましたが、うち以外では参考にならなさそうな話でしたね。失礼致しました(^_^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月17日 (火)

含水率測定(3/14)

3/14(土)、工事課Cさんに来て頂き、ヘーベル版の含水率を測定して頂きました。

#初回点検の日に出来なかった作業の1つがコレです。

測定対象は、3階天井(R階)のヘーベル版です。

Fig760
3階天井に設置した点検口を開け、そこから含水率計をR階のヘーベル版に押し当てて測定して頂きました。なお、上写真から覗いてるホース状のものは、セントラル排気扇に接続されているダクトです(点検口と併せて特注で設置)。これで、天井裏内の空気をセントラル排気扇経由で排出してます。

直下に物入れの棚があるので、若干苦しそうな体勢で測定して頂きました で、その結果ですが、最大でも 21.5% という数字でした。とりあえず、今の時点では問題なさそうです。ただ、当日の気象条件(にわか雨が降りました)の影響もあったのか、天井裏の湿度は80%もありました。換気用のダクトを設置したので、外壁にある換気ガラリからの給気が促進され、積極的に湿った外気を吸っちゃってるのかもしれません…。

Fig761
ついでなので、1階トイレにある床下点検口を開けて、1階床ヘーベル版の含水率も測定して頂きましたが、こちらは18%前後でした。

Fig762
ちなみに床下の気温と湿度は、こんなもんでした。なお、外気温・室温とも12℃程度でした。

Fig763
試しに床下の写真を撮ってみたのですが、驚いたことに、ちゃんと緑色をした雑草が2本も生えてました(@_@;) 光なんてほぼ入らないのに、どうやって光合成してるんでしょう。びっくりです。

この雑草、さすがにこれ以上増えたりしないですよね ま、恐らく大丈夫だとは思いますが(^_^;)

--------

ところで、現在ヘーベルで建築中の方のブログを幾つか拝見したところ、床下点検口にはめ込んで設置する換気扇の写真が掲載されてるのを見つけました。防水工事が完了する頃に設置し、躯体内の空気を床下経由で排出することで躯体全体の換気を行い、ヘーベル版の乾燥を促進するそうです。

その換気扇、準備が間に合わなかったのでうちの現場には設置されなかったのですが(実は説明は受けてました)、現在はほぼ全ての現場で設置されているとのことです。

ヘーベル版の乾燥がより徹底される様になったようで、何よりですね(^_^)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年3月13日 (金)

初回点検(3/09)

3/09(月)の午後、入居後の初回点検がありました。

初回点検は、住まいの学習塾(初回塾)でお会いしたホームサービス課のMさんが担当されました。特に特記するようなこともなく、1時間程度であっさりと終わりました。内容は、建具やサッシ類の建て付けの確認、クロス剥がれの目視確認、等でした。

ついでに、以前から持ち越しとなっていた作業も行っていただきました。こちらは、旭化成住宅建設(AJ)のKさんが作業されました。

■ 1階トイレの取っ手交換

Fig684  Fig686
1階トイレ引戸の取っ手ですが、ようやく正しい部材(シルバー)が届き、交換されました(^_^;) 写真は、左が交換前、右が今回の交換後です。

■ 食器棚の転倒防止金具取り付け

Fig7572
食器棚をL字金具2つで固定して頂きました。固定先の壁に下地補強を入れるのをうっかり忘れていたので、軽鉄下地(スタッド)に固定することになりました。強度的にはちょっと不味いらしいのですが、大地震の際に食器棚前から逃げる時間稼ぎが出来れば良いので、これで良しとしました(^_^;)

本当はあと3件ほど、工事課Cさんにお願いしていたことがあったのですが、年度末で新築現場の方が忙しすぎてスケジュール調整がつかず、残念ながら延期です…。ま、本来は作業費を取られてもおかしくないことも幾つかサービスでやって頂いてますので、気長にお待ちします(^_^;)

 

通常は初回点検をもって、工事課さんからホームサービス課さんにメンテ担当が引き継がれるのですが、うちはもう少しばかり工事課さんにも面倒見ていただくことになりそうです。入居後も長々とお付き合い頂いて、申し訳ないですm(__)m > 工事課Cさん

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年2月24日 (火)

給気口のフィルタ掃除

昔むかーし書きましたが、うちの24時間換気は 第三種換気システム です。

先日みどさんが換気扇フィルター掃除についての記事 を書かれてましたが、うちのとは構造が違いました(みどさんのお宅は給排気の両方が機械式の第一種換気)。

ちなみにうちの給気口は、コレ↓です。
Fig721

電動ファンが内蔵されてないので、第一種のよりは薄型です。

Fig722
力を入れてガコっとカバーを外すと、こんな感じでフィルターが見えます。貼ってある日付シールによると昨年11月に設置されている様なので、ちょっと煤けてますかね?

折角カバーを外したのだから、ついでに掃除をしようかと思ったのですが、下からぱっと見ただけではフィルターの外し方が分からず、給気口のマニュアルと脚立を持ってきて大掛かりにやるのも面倒だったので、そのままカバーを付け直しちゃいました(^_^;)

で、2/14(土)に参加した住まいの学習塾でフィルターの外し方を質問してみたのですが、会場の田無展示場には第三種換気の実物が無く、「ご自宅でマニュアルをみて下さいね」とお茶を濁されてしまいました(ーー;)ぶーぶー

帰宅後、どこかのサイトで掃除方法を紹介してないかな~っと(マニュアル開くのは面倒だったので)グーグルさんに聞いてみたら…、なんてこったい、街かどヘーベル与野本町のページで懇切丁寧に紹介されてました。

Fig723
あら、そうでしたか 参考になりますm(__)m

ところで、街かどヘーベルハウス与野本町ですが、来月8日(日)で営業終了だそうです。となると、折角のこの記事も削除されちゃうんでしょうね。勿体無いなぁ(-。-)y-゜゜゜

入居時に貰ったリビングマニュアルには第三種換気でのメンテ方法は(確か)掲載されてなかったですし、こういう役に立つ記事は仕様毎にまとめてどこかに集積しておいてくれると助かるんですけどね~。

なお、フィルタ自体はまだ掃除してません。関東では毎年3月に物凄い強風と土ぼこりが吹き荒れる日があるので、その日が過ぎてから掃除をしようかなと(^_^;;;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月16日 (月)

住まいの学習塾(2/14)

Sany0119
2/14(土)、田無展示場で開催された 住まいの学習塾(初回塾) に参加しました。

#住まいの学習塾についてのリンク先は、東京東エリア向けHPです。
武蔵野エリア向けHPは、更新が止まってるみたいです(-_-;)

大まかな内容はリンク先の通りなのですが、補修の体験が出来たのは「クロスの剥がれ」だけでした。リビングのフローリングが既に傷入りまくりなので、フローリング補修の体験もしたかったのですが、そちらは補修用品の紹介だけでした。少々残念です

リンク先や他のヘーベリアンな方々のブログである程度の内容を既に知っていましたので、やまぞうにとっては特に目新しさは無かったです。でも、事前情報無しに参加した嫁はちゃんと「役に立った!」と喜んでました やまぞう的に一番の収穫は、今後うちを担当される予定のホームサービス課の方と顔合わせ出来たことですかね。工事課Cさんと同世代と思われる若い方だったので、話しやすかったです。

参加者はうちを入れて4世帯だったのですが、うちと同世代の方はいらっしゃらなかったです。それもちょっと残念でした。ご近所のヘーベリアン仲間をゲット出来るかなと若干期待してたんですけどね(^_^;)

 

(おまけ写真)
Sany0118
田無住宅公園の前には「田無タワー」が聳え立ってます。多目的電波塔らしいです。

Sany0120
この日はめちゃくちゃ暖かかった(暑かった)ので、帰宅後に近所の「森」に散歩に行きました。新居から徒歩数分のところに、こんな森がたくさんあります(^_^)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年2月13日 (金)

取っ手交換のはずが…。

こちらの話の続きです。

昨日、色が間違っていたトイレ引戸の取っ手 の交換が行われるはずでした。

 

が、しかし…。

 

やまぞうが立ち会う中、作業に来られた旭化成住宅建設(AJ)のKさんが新しい取っ手を包みから取り出したら、

 

ゴールドの取っ手が入ってましたorz

 

もー、なんと言っていいことやら(ーー゛)

 
後からうちに来られた工事課のCさんに確認したら、
「手配は設計のY内に任せていたのですが…」と言いつつも、恐縮しきり。

まー確かに、色違いで交換部品を手配するよう設計さんに依頼したのに、また間違った色で届くとはゆめゆめ思わなかっただろうなぁ~。

 
という訳で、工事課Cさんが改めて部品を手配し直して下さるそうです。頼んますよ(-o-)
 

その他には、寝室クローゼットのハンガーパイプの高さ調整とロールスクリーン移設痕の穴埋め、更にサービスでリビングの液晶テレビをTVボードにボルトで固定して頂きました。

色々とありがとうございました。

また次回もお待ち致しております(^-^)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年1月22日 (木)

トイレ引戸交換

1/16(金)に行われたもう1つの補修は、1階トイレの引戸交換でした。

Fig682 Fig681
交換前。

Fig683
交換後。

 

違い、分かりますか!?

 

 

正解は、 トイレ引戸の小窓の高さが違う でした。

 

何でこうなったかといいますと、かなり説明が長くなりますが…

  1. 間取り打合せの際、1階トイレは階段下に配置することが決まった。
  2. 寝室・洗面所・トイレの3つのドアが集中するので、やまぞう達はトイレのドアは引戸を希望した。
  3. 引戸にすると引込み部の高さが階段と干渉するため、引戸の高さは特注で1800mmにカットすることが提案され、それを採用した。
    ※洗面所入口の開き戸と較べると、高さが低いのが分かるかと思います。
  4. そして施主検査の日、嫁があることに気づきました。
    「トイレ引戸の小窓の位置が低過ぎる!」
    「これだけ低いと、外から中の気配が容易に分かってしまう」
    「なので、小窓の高さを洗面所ドアと同じに変更して欲しい」

    ※小窓は濃い曇りガラスなので、実際にはトイレ内部の様子は殆ど判別つきません。
    ※とにかく、「覗き込まれるかもしれない」という不安感が問題だったようです。
  5. やまぞう・営業Aさん・工事課Cさんがそれぞれ意見を出し合いましたが、事前に特注引戸の小窓高さについて説明を受けてなかったこともあり、最終的に嫁の希望に沿うようにすることにした。

といった流れで、小窓の高さを変更した引戸と交換することになりました。新しい引戸は年末には出来上がっていたのですが、作業スケジュールが合わなかったので、年が明けてからの交換となりました。

見ての通り、交換後の引戸は小窓の配置バランスが良くありません。でも、嫁の希望は高さ優先なので仕方ありません…。工事課Cさんの話によると、引戸メーカさんの方も「バランスが悪くなる!」ということで、かなり抵抗したそうです。そのお気持ち、やまぞうもよーく分かります(-_-;) 以前の賃貸のトイレドアには小さな○型の確認窓がついていたのですが、どうせ作り直すのであれば、そういった物にして頂けば良かったのかもしれませんね。

しかしまぁ、こんなクレームにも応じる旭化成ホームズ、凄いですね(^_^;)

 
 
 

ただ、この件、実はまだ終わってないことが一昨日判明しました…。

 Fig684_2 Fig685
左:1階トイレの引き手と洗面所のドアノブ ・ 右:2階トイレの引き手。

 

交換した1階トイレ引戸の引き手と鍵の色、 ゴールド 
なってますorz

実は、ここだけ以前から色が間違っていた(←木工事時点の写真にも写ってました)のですが、交換後の新しい引戸も ゴールド のまま製作されてしまった様です。ちなみに、他の建具の取っ手類は、全て シルバー です。また間違っていたことに誰も気づいてなかったのですが、1/20(火)になって嫁が気づきました。

早速、その旨を工事課Cさんに伝えましたが、対応はメーカに確認するとのこと。場合によっては、引戸ごと再交換となるのでしょうか

という訳で、この話、まだ続くと思われます…。

 

p.s. トイレスイッチの正解は、次の記事で(^_^;)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年1月20日 (火)

トイレ手すり移動

1/16(金)に、補修作業が2件と、補修対象の状況確認が1件ありました。
補修作業の1つ目は、トイレ2ヶ所の手すり移動です。

Fig671
1階トイレの写真です。
手すり位置が何故問題なのか、分かる方いらっしゃいますか!?

 
 
 

正解は…。

 
 
 
 

手すりが近過ぎてトイレリモコンが外せません(><)

 
  
 

でした(-_-;)

どうしてこうなったかというと、施主検査の際に既に手すりとスイッチプレートが取り付けられた状態でペーパフォルダとリモコンの位置を決めたのですが、やまぞうと一緒に位置決めをした工事課Cさんが、トイレリモコンのメーカを勘違いしちゃったのです。TOTOのリモコンなら2cm程度のスライド量が確保できれば外せるそうなのですが、INAXの場合は5cm程度必要とのこと。そして、うちのトイレはINAXです。ははは…。

ペーパフォルダとリモコンフォルダは今の位置より更に下げると使いづらくなるので、手すりを上に移動することになりました。

Fig672
もろもの取り外し後。手すり取り外し前のネジ痕を隠すために、壁紙も部分的に貼り無しでした。

2階トイレも同様だったので、同じく移動です。

Fig673
移動前。

Fig674
移動後。

なお、2階の方はスイッチプレートも近過ぎるので、リモコンを外す際はスイッチプレートのカバーも外さないといけません。ま、滅多にリモコンを外すことはないので、それは我慢しますけど。

こんな感じで、無事にリモコンが外せるようになりました。めでたしめでたし。
もう1つの補修作業については、また後日…。

p.s.
トイレリモコンの近所にあるスイッチは、さて何でしょう!?
(照明スイッチではありません)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年1月 9日 (金)

L字カウンター再塗装

正月ボケからなかなか抜け出せない やまぞうです(@_@;)

今週は日・月・金だけ出勤、来週も火・水・木しか出勤しないので、まだまだ正月休みが続いてるかの感があります…。

Fig630_2
さて、そんな最中の1/08(木)、新年一発目の補修が朝からありました。

補修対象は、奥行きと色の濃さがこちらの指示と違っていて施主検査前に棚板の交換と塗装による色と調整が行われたL字カウンターの棚板です。

入居後に気づいたのですが、棚板の交換後も、色の濃さはやっぱり でした。蛍光灯シーリングライトの光の下で確認したら、他の板と較べると若干黄色っぽい塗装になっていました。

Fig631 Fig632
上写真が、再塗装前の棚板です(左:フラッシュ撮影・右:ノンフラッシュ)。

蛍光灯シーリングライトを点灯した状態で肉眼で見ると、右写真の様に若干黄色っぽく見えました。L字カウンターのもう1枚の棚板と対面キッチンカウンターの棚板は丁度左写真の色の濃さで、黄色っぽさはありません。

という訳で、左写真の色に近づくよう、黄色っぽい板を再塗装して頂いた訳です。室内の養生と再塗装で、朝9時から昼過ぎまでの作業でした。家はかなりシンナー臭くなりましたが、色の方は今度こそこちらの望む色になりました(-o-)

さて、棚板の交換の際、塗装業者さんが何故色調整に失敗したかというと…。

Fig633
直上にある白熱灯の光の下で、作業をされたためとのことでした。当時、蛍光灯シーリングは前の賃貸でまだ使用中で、設置されてませんでした。施主検査の際も白熱灯だけ点灯して確認したので、やまぞうも「これなら誤差の範疇かな」と思ってしまったのです(-_-;)

#でも、光源によって色味が変わることなんて、塗装屋さんなら分かってると思うんですけどね~。

今回の再塗装は上手くいったので、まぁ良かったです。ただ、家の中が盛大にシンナー臭くなってしまったので、午後は埼玉県東部にある某家具屋と某ショッピングモールに嫁と一緒に急遽避難しました。某モールの方は噂どおりに巨大過ぎて、全ては回れませんでした。そして、疲れましたorz そのうち、リベンジが必要そうです(^_^;)

| | コメント (5) | トラックバック (0)