パソコン・インターネット

2012年10月22日 (月)

15年振りのお受験

20121021_01

昨日(10/21)は朝から夕方まで、絶好のライド日和な物凄く良い天気でしたよね~。皆さん、彩湖練物見山ライドを楽しまれていた様です

しかし、私は北越谷にある某大学の教室で終日缶詰となってました

20121021_02

会社の所属事業部が急に「所属社員全員、もっと自己研鑚しなさい」と、珍しくまっとうな事を今年度から言い出したので、15年振りに情報処理技術者試験を受験してみた訳です。

#皆さんお忘れかもしれませんが、やまぞうの職業は「一応」SEです。
#TL監視員は、専業ではありませんwww

その結果は…。
 

午後Ⅰ・午後Ⅱの記述問題は業務内容に近い問題が選択可能だったので何とかなりましたが、午前Ⅰ・午前Ⅱの選択問題が、相当ヤバい出来でした

開発系・DB系業務は就職以来全く経験して無いのでそっちの分野は弱いし、旧第一種を取得した当時の知識もすっかり抜けてて計算問題の解き方もあやふやになってたので、かなり苦戦しました。

多分、午前ⅠかⅡのどっちかで、足切りになってると思われますです…。

ただ、午前Ⅰ・Ⅱの過去問をしっかりやれば受かるレベルの試験だと分かったので、今回の受験は一応収穫はありました。模試代としては、5,100円は高かったですが

また来春、頑張ります

#これでやっと自転車遊びに戻れます♪\(^o^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月25日 (月)

FTTHギガビット化

5/07(木)から @nifty ひかりone ホームタイプ ギガ得プランへのプラン変更受付 が開始されたので、うちも早速プラン変更をしました。

Gigahgw_35/07(木)に料金プラン変更と ひかりone用ルータ(KDDIレンタル品)交換の申請を行ったところ、5/10(日)に1Gbps対応の新ルータが届きました。

ONUは回線開通時から1Gbps対応のものが設置済みでしたので、届いたルータを旧ルータと入れ替えるだけでギガビット化は完了です

ルータ交換前の回線速度(BL170HV

===== Radish Network Speed Testing Ver.4.0.5β - Test Report =====
使用回線:au ひかりoneホーム
プロバイダ:@nifty
------------------------------------------------------------------
測定条件
 精度:高 データタイプ:圧縮効率低
下り回線
 速度: 93.73Mbps (11.72MByte/sec) 測定品質:99.8 接続数:3
上り回線
 速度: 61.15Mbps (7.644MByte/sec) 測定品質:92.5 接続数:12
測定時刻:2009/5/7(Thu) 22:41
------------------------------------------------------------------
測定サイト http://netspeed.studio-radish.com/
==================================================================

ルータ交換後の回線速度BL190HV

===== Radish Network Speed Testing Ver.4.0.5β - Test Report =====
使用回線:au ひかりoneホーム
プロバイダ:@nifty
------------------------------------------------------------------
測定条件
 精度:低 データタイプ:圧縮効率低
下り回線
 速度: 558.9Mbps (69.86MByte/sec) 測定品質:95.6 接続数:2
上り回線
 速度: 63.08Mbps (7.884MByte/sec) 測定品質:85.7 接続数:8
測定時刻:2009/5/11(Mon) 0:59
------------------------------------------------------------------
測定サイト http://netspeed.studio-radish.com/
==================================================================

0707仕様のヘーベルでは、屋内LAN配線はCat.5eでの敷設が標準です。また、ONUやルータ付属のLANケーブルもCat.5eでしたので、結果的にONU~ルータ~情報分電盤内のギガスイッチ~PC間のLANケーブルは全てCat.5eになりました。それでも、下りは十分過ぎる実効速度が出ています

#情報分電盤内のギガスイッチは、新築祝いで頂いたものですm(__)m

上りはルータ交換前と殆ど速度が変わってませんが、普段は重いファイルを何処かにアップロードすることもないので、問題なしってことにしときましょう。

2006年8月まで実家で契約していたADSLの実効速度は1Mbps弱だったのですが、それが今やこんなスピードですよ。普及期に入ったFTTHの速度向上と低価格化は、恐ろしいもんですね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 6日 (金)

LAN配線図(家電関連のみ)

需要があるかどうか分かりませんが、一応載せておきます(^_^;)

Fig740

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月19日 (金)

FTTH開通その2(12/07)

こちらの記事の続きです。

光ケーブル通線工事が終わった後、屋内側では情報コンセントのパネル交換と、光コンセント(アウトレットタイプ)とONUの設置が行われてました。情報コンセントのパネルは、光コンセント用のジャックが設けられた、KDDIが用意したものに交換です。

Fig608
上写真が光コンセント対応パネルですが、三和電子工業の製品とのことです(製品PDFはこちら)。どうやら、光スプライスボックスも兼ねているようですね。一昔前は光ファイバーの屈曲半径が大きかったためスプライスボックスも巨大なのが多かったですが、今はこんなに小さくなっちゃったんですね~。

以前(少なくともうちが申込みした今年9月頃まで)は屋外から引込んだ光ケーブルをONUに直で接続していた様なのですが、今年10月頃から上写真の光コンセントで中継するようになったそうです。光コンセントとONUの間は、専用の光ケーブルで接続します。ONUに接続した光ケーブルが屋内で万が一破損したとしても、交換が容易になりました。が、しかし、長さが最短で3mの物しか選択できないのは少し不満です(ーー;)

Fig605
さてさて、情報分電盤や上記の光コンセント・ONU等は、2階(ロールスクリーンを設置した階段の向かい)にある、このウォールファニチャー(WF)に収納してあります。

Fig606
WFの扉を開くと、こんな感じです。情報分電盤にはカバーが付いてましたが、今は外してあります。情報分電盤内のハブは、手持ちの物(実はBフレッツ用に購入したルータ)をとりあえず設置しました。ヘーベル標準のギガハブは、若干割高だったので購入してません(^_^;) ギガ得にプラン変更してから、ギガハブをどこかで安く買ってこようかなと思ってます。 

なお、このWFには棚板も1枚添付されていたのですが、今は嫁に奪われ、別のWFで使用されてます ここに置くネットワーク機器が増えたら、奪還せねば

Fig607_2
で、左から、ひかりone用ONU、ひかりone用ルータ(HGW)、手持ちの無線APです。

ルータ裏にある情報コンセント(元はADSL・FTTH対応のJHタイプ)のパネルが、光コンセント付きのものに交換されました。この様に光コンセントの目の前にONUを置くつもりだったので、3mもの長い専用光ケーブルは不要だった訳です…。

ひかりone用ルータ(HGW)は、残念ながら100Mbps対応の従来品が届きました。「今の時期ならギガ得対応HGWが届くかも」という情報は、うちには当てはまらなかったようです(><)

--------

話は脱線しますが、ここに設置した無線APは、ちゃんと1~3階の全ての部屋に電波が届きました。工事課Cさんに「床ヘーベル版に鉄筋が入ってるので、上下階には電波が届きにくいですよ」と事前に言われてたので、ちょっと意外でした(^_^;) 階段経由で、上下階に電波が抜けてるのかもしれませんね。

ただ、ザウルス(PLANEXのGW-CF54G用非公式ドライバでWPA対応可にもうすぐなりそうですが)やニンテンドーDSといった機器用として暗号方式をWEPに設定しているため、セキュリティ上の問題があります。当然MACアドレス制限も掛けてますが、今時はWEPでは盗聴リスクが高いので…。そのうちWPAに移行するか、ルータで無線LANセグメントを分割しようかなと思ってます。

--------

回線工事屋さんが撤収された後、自分でルータのIPアドレスやDHCPの設定をちょこちょこと変えて、PCやザウルス等からインターネットが使える様になりました。スムーズに工事をしてくれたKDDIには、大感謝です 特に測定はしていませんが、Webブラウジングには十分な速度が出ています。良かったよかった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月17日 (水)

FTTH開通その1(12/07)

過去ネタで済みませんm(__)m
引越しをした12/07(日)に、KDDIのひかりone も無事開通しました。

開通工事は7日の14~15時頃から約1時間の予定です」と、前日夕方にKDDIの回線工事屋さんから連絡が来ていたのですが、それまでに引越し業者(センコーさん)のトラックが新居の前から撤収してるかどうかが非常に心配でした…。

そして心配した通りに冷蔵庫と大型家具の2階LDKへの搬入に手間取り、センコーさんは15時過ぎても作業をしていました…。

#庭が狭過ぎてセンコーさんご自慢のリフトは使えず、冷蔵庫等の大物は
5人がかり(上3人+下2人)で吊っての搬入となりました。見てて怖かった

やきもきしながらセンコーさんの作業を見守っていたら、回線工事屋さんから電話が入りました。

回線工事屋さん: 「前の現場が手間取り、15時半過ぎの到着となります…。」

やまぞう:      「いやいや、もっと遅くてもいいですよ♪

渡りに船とは、正にこのこと。遅刻むしろOK!!!って感じでした(^_^;)

結局、引越し作業を完了したセンコーさん達がトラックへ乗り込もうとしている時に、回線工事屋さんがバケット車(高所作業車)を伴って現れました。タイミングどんぴしゃ、空気読みすぎです

Fig601_2
という訳で、嫁と嫁母がダンボールの開梱をしている最中、やまぞう立会いの下、開通工事が始まりました。

Fig602_2
こんな感じで、家の前を塞ぐ形での作業となりました。なので、センコーさんのトラックがいつ撤収するのか気にしていたのです(^_^;)

Fig603
光ファイバー入線作業のアップ。うちは入線口の下に庇が出ているので、バケット車での作業をお願いしました。バケット車が手配出来ない場合は、ハシゴを掛けての作業となるそうです。

Fig604_2 ちなみに、外壁に取り付けられている防雨入線カバーやコンセントは、全てパナソニック電工のスマートデザインシリーズにしました。色も新色のシャンパンブロンズにしたので、外壁色の「枯葉」にもマッチしたと思います。って、上の写真では暗くて良く分からないと思いますが まだ採用事例は少ないらしく、回線工事屋さんも珍しがられてましたよ(^_^)
 

(前フリが長過ぎたので、その2に続く…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月14日 (火)

FTTH検討(その6)

その5 からの続きです。

引渡し予定日約3ヶ月前となった9/16(火)、@niftyの申込みページにて、ひかりoneの申込みを行いました。これにて、事前の手続きは終了です。

ただ、嫁から「固定電話は当面使わないから、IP電話の申込みは不要」とのお達しが出たため、IP電話には加入しませんでした…。

それは良いのですが、申込みから約1週間後の9/24(水)、KDDIがひかりoneの新しいサービスを発表しました。

ひかりoneホーム「ギガ得プラン」 というものなのですが、簡単に説明すると、

  • 回線速度: 1Gbps (ベストエフォート) ← 従来は 100Mbps
  • 月額基本料: 5,460円(ただし2年縛り) ←  従来は 6,615円

といった感じで、契約が2年縛りとなる代わりに、回線速度、月額基本料 という、にわかには信じられない改善 がなされてました!!!

うちはギガ得プランの発表前だったので、当然ながら従来の料金体系(月額6,615円)が適用されます。脊髄反射的に、一旦申込み解除をしてから再申込みをしようとも思ったのですが、色々調べてやめました。

  • 理由その1:
    @niftyのキャンペーン特典が渋くなっている。

    9月のキャンペーン10・11月のキャンペーン の差が…)
     
  • 理由その2:
    来年5月以降、手数料無しで「ギガ得プラン」に移行可能

    こちらのページ に、詳細が載ってました)
     
  • 理由その3:
    10月以降の開通なら、従来プラン利用者にも1Gbps対応ルータが届くらしい。

    残念ながら、うちには100Mbps対応ルータが届きましたorz

    (実際に1Gbps出るかどうかは不明。ま、100Mbpsで十分ですけど。)

いやー、@niftyのキャンペーンの差は、非常に大きかったです。言葉で説明すると面倒なので、表を貼っておきます。

Fig200_2
初期費用無料・無料期間5ヶ月(ただし開通月は、現在利用中のBフレッツの料金が発生)が、かなり効いてます。更に、来年5月以降にギガ得へ変更すれば手数料無しで月額基本料も下がるので、かなりお得です。26ヶ月累計で比較すると、10月以降の申込みより 3万円近く安くなりますv(^O^)v

ちなみに、8月中の申込みだとキャッシュバック1万円が無しでした。あぶないところでした…。

ほんと、良い時期に申込みが出来たようです。たまたまですけど(^_^;)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年8月24日 (日)

FTTH検討(その5)

前回記事の続きです。

8/22(金)の昼間、おまかせアドバイザーさんから電話がありました。

昨日、現場を見てきました。

その結果と図面を工事担当に伝えたところ、光ケーブルの敷設は全く問題ないとの回答を得ました。

なので、すぐに申し込んで頂いても結構ですよ。

工事日は敷設工事の図面が出来た後であれば調整出来ますから、今から申し込んで頂ければ、引渡し日直後に設定出来ます。

とのことでした。

という訳で、前日現場前に居た2人組みのうちの1人は、おまかせアドバイザーさんご本人 だった様です(^_^;) いや~、フットワーク軽くて びっくりです。どこぞのみかか とは違うなぁ(^O^)

おまかせアドバイザーさんにはお礼を言って電話を切り、その後@niftyの光回線申込みページにて早速手続きをしてみました。

が…。

「申し込み時点で設置先住所に未入居の場合」は「設置先住所入居予定日」を記入しなくてはならないのですが、「予定日の90日以内でないと申込み出来ない」とのエラーが出てしまいましたorz
Error

仮に引渡しが 12/10 だとすると、その90日前は 9/11。その頃、改めて申し込んでみます…。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2008年8月22日 (金)

FTTH検討(その4)

新居でのインターネット回線は、以前書いた通り KDDIの ひかりone を予定してます。

ひかりoneでは、導入ご検討から利用開始までを無料で相談できる おまかせアドバイザー なるサービスを行っているので、早速申し込んでみました。

目的は、

(その1) 新居が「間違いなく」エリア内かどうか。
(その2) 新居引渡し後、タイムラグ無しに工事が可能かどうか。

の2点を確認して貰うためです。

8/17(日)の夜にWebから申込みをしたところ、8/20(水)に おまかせアドバイザーさん から電話が入りました。

申込みフォームに質問事項を記入しておいたので、早速回答を頂きました。

新居の住所は、サービスエリア内には含まれています。

それはこっちも確認ずみよ(-_-)

ただし、現地調査を行わないと光ケーブルの敷設が可能か確認出来ないため、ご契約頂けるか現時点では確約出来ません。

それじゃ困るから、おまかせアドバイザーに申し込んだんだってば(-_-;)

ひかりoneをお申込み頂いた後に、現地調査と光ケーブル敷設工事の設計・手配を行います。通常は1ヶ月程度で工事準備が整うので、引渡しの約1ヶ月前にひかりoneの申込みをして下さい。

なお、現地調査の結果次第では NTTの電柱(※) を借りる手配が必要となり、申込みから工事まで2ヶ月以上掛かるケースもあります。ご了承下さい。

※ひかりoneは、通常は東電の電柱に光ケーブルを架設します。何らかの理由で東電の電柱が使えない場合は商売敵のNTTの電柱に架設しますが、借用の申請に時間が掛かるそうです。

ご了承出来んがな…。だったら、2ヶ月以上前に申込みすれば良いんでしょ!?(-_-#)

いえ、新築のお宅の場合、家がある程度建っていないと光ケーブルの引込み位置の確認が出来ないため、お引渡し1ヶ月以上前からのお申込みはお断りする場合があります。

…じゃぁ、引込み位置が分かる図面をメールで送るから、それを基に検討してくれればいいじゃん!!! それでOKだったら、直ちに申込みするから!

…検討しますので、とりあえず図面をお送り下さい。

あいよ~(-o-)

ここまで誘導するのに、10分ぐらいかかりました。そーいう結論になるなら、最初からそう提案すりゃいいのに(-_-;)

電話でのやり取りはこれで終了。その日中に、メールで図面を送付しておきました。

そして翌8/21(木)、昼休みの現場見学に行ったら、何やら現場周辺の電柱や電線を写真に撮りまくってる男性2人組が居ました。じろじろと様子を伺っても、動じることなく写真を撮ってました(^_^;) KDDIの下請け業者、もう現地調査に来てくれたのでしょうか!? 男性2人組は ジーっと視線を送っても無視してくれたので、質問は出来ずじまいでした。

そのうち、おまかせアドバイザーさんから連絡が入るでしょうから、その時真相は分かるでしょう。暫し待つとします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月 6日 (金)

FTTH検討(その3)

 Fig111

  • JB : 情報コンセント(電力×2・電話×1・LAN×1・TV×1)
  • JC : 情報コンセント(電力×2・電話×1)
  • JH : 情報コンセント(電力×2・電話×2・LAN×1・TV×1・FTTH×1)

前回の案 では特注となる配線がやや多くなるので、修正しました。 JH への配線を標準仕様に戻したので、(引かないとは思いますが) ADSLにも対応可能です。

これで、特注扱いで残るのは

  • JCJC 間で電話線を直結すること
  • FTTH用のCD管を、JH に直結すること

の2点のみです。少しシンプルな配線になりました(^_^)

電話台として使う WF のカウンター上に TV用コネクタが出るのは無駄な感じはしますが、情報コンセント関連は 情報複合ケーブル(LANケーブル×2と同軸ケーブル×1)を使っての配線 がヘーベル標準なので、仕方ないかな…。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年5月14日 (水)

FTTH検討(その2)

ひかりone」の導入を前提に、情報分電盤周りの結線を検討してみました~。

Fgi51_3

  • 黒枠 : カウンタータイプのウォールファニチャー(WF) ※奥行き300mm
  • 灰色 : WF背面の壁
  • 黒実線 : 光電話用電話線
  • 黒点線 : NTT回線用電話線
  • 青実線 : LANケーブル
  • JB : 情報コンセント(電力×2・電話×1・LAN×1・TV×1)
  • JC : 情報コンセント(電力×2・電話×1)
  • JH : 情報コンセント(電力×2・電話×2・LAN×1・TV×1・FTTH×1)

NTTの電話は契約しない予定ですが、将来どうなるか分からないので、一応屋内の配線工事はしておきます。また、光電話は分配(ブランチ接続)を公式にはサポートしていないので、ルータとFAX電話は直結させます。

カウンターの上には 電力×2 と 電話×2 を配置した情報コンセントがあれば十分ですが、へーベルではその様な配置のものはありません。なので、無駄を承知で JBJC を設置する予定です。本当は JH から余計なものを抜いたものを1つ設置すれば良いのですが、それをやると特注になり、かえって高くなるらしいので…(^_^;)

FTTH用配管ですが、へーベル標準では情報分電盤内を経由してから JH に繋がります(詳細はこちらを参照)。うちの場合、情報分電盤と JH が余りに近接していてバカらしいのと、光ケーブルは許容曲半径に制限があるので、直接 JH に引き込めないか設計さんに検討して頂いてます。

ところで、最近の家庭用FAX電話って、えらく小さくなってるんですねー。A4対応で奥行き180mmなんて製品もあるし。これなら奥行き300mmのWFの上にも、問題なく乗りそうです(^_^)

(おまけ)

ひかりone のHPに、屋内配線の事例も載ってました。一応、参考までに。

(追記)

街かど くまがや中央 B棟 のページに、カウンタータイプWFの写真がありました。

Fig52

うちが電話台(兼、情報分電盤収納用)として利用するのは、向かって左の開き戸タイプのもの(09幅)です。背面の壁にはインターホン親機や床暖房のコントローラ等を設置するので、吊戸棚は設けません。

写真でも電話台として利用されてますが、このFAX電話だと少しはみ出てますね(^_^;) 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧